WP1030













投稿者:S.H



■モニター環境

ラケット     レーザーカーボン(KOKUTAKU)
フォアラバー EX-8(andro廃盤)赤,厚
バックラバー WP1013 黒,1.5mm
比較ラバー  ミリタル競愁侫函TSP)
         Half Long(HALLMARK)
ノングルーで使用

今まで使った表ソフトラバー
スペクトルシリーズ、ミリタルシリーズ、コバルトα、XTEND POなど、多数

※数時間の練習後、10試合ほど使用


■第一印象
 いや〜、硬いですね。Half Longに負けず劣らずの硬さがあります。バタフライの硬度表示で表すとすれば、70〜75くらいでしょうかね。でも打ってみたらビックリ。思いのほかボールを「掴む」感触があって非常に扱いやすかったです。粒の密度は高めで、まあ普通の粒形状です。スペクトルに近い感じですかね。スペクトルの粒が、垂直になった感じだと思います。ゴム質が非常によく、触ってみると弾力性があり好印象です。個人的に好きな質感です。スポンジは前述通り非常に硬いです。自分の勝手な考えですが、テンキョクのスポンジに感じが似ているのではないか?と思いました。


■試打
攻撃技術
 いや〜、なかなかいいですよ。トップシートの「ボールを掴む」感触が硬さによって使いにくくなるのを抑えているのでしょうか。非常に安定します。Half Longより少し「ボールを掴む」時間ができた、感じですかね。ある程度高い粒のおかげでナックルもある程度でますし、ある程度回転もかかります。よく言えばバランスが取れている、悪く言えば凡庸です。
ミリタルより変化が少ないですね。スピードもHalf Longほどあるわけではありません。やっぱり中途半端です。相手に受けてもらったところ、やはり返しやすいようです。これを補うためには、できるだけ前陣に構えて早い打球点を捉えるプッシュを主体にする必要があるかと思います。生ぬるい攻撃だと逆に戦局が覆されてしまうことが多くあるので注意してください。

守備技術
 なかなかいいです。とても安定して返球することができます。これも「ボールを掴む感触」が手助けしているのでしょうか。ボールがラケットに当たった後の作業が非常にやりやすく感じました。
カウンターブロックしたときのスピードは魅力的です。普通の半粒では体感できないスピードです。ただ、自分が求めている「いやらしさ」は少ないような気がしました。これも、打球点を速く捕らえた「攻めるブロック」じゃないと展開が苦しくなるのではないか?と思いました。


■個別技術
台上
 これも比較的安定しますね。でも特別安定するわけでもないし、ロデオになるわけでもない・・・。まあ普通です。普通すぎてコメントに困ってしまいます。斬る斬らないの調節も容易ですし、パチンとはたくフリックも容易。ストップや津ツッツキなどの長短の調節も楽です。ナックルストップも出しやすいです。強いて言えば、弾道を低く返さないと強打の餌食となってしまいますのでご注意ください。

サーブ
 自分初のサーブについてのコメントです。表らしく、意表をついたナックル性ロングサービスが非常に有効だと感じました。ただ、サーブについても凡庸で多用なサーブが容易にこなせます。ナックル性ロングを織り交ぜながら、多用なサーブを使って試合を組み立てることが効果的だと思います。


■総評
 半粒らしいといえば半粒らしいラバーです。凡庸という特性が色濃く出ています。Half Longを少し使いやすくしてみたら変化も落ちちゃった、みたいなラバーですかね。自分は使いやすいけど、相手もある程度受けやすいラバーです。
 友人は「表もしくは半粒の入門用だな」と言っていましたが、それもありだと思います。半粒初心者に是非とも使っていただきたいラバーです。半粒のスペシャリストで購入を検討されている方は、自分が速い打球点を捕らえて確実に押すプレーが確立できているか、など半粒の潜在能力を最大限まで出せるようなプレーを心がけているか検討してみてください。使用者の技術が、素直に反映されるラバーだと思います。


WP1013【Palio】のご購入・他のレビューを読む