投稿者:やまりん


■自己紹介・モニター環境

卓球歴     3年
ラケット    馬琳カーボン中国式
ラバー    バック面で赤・厚を使用
比較ラバー ブライスFX 赤・厚
グルー(ブースター)ベビーオイル2回+ウォーター・チャック


■ブースター
ベビーオイルでラバーを柔らかくし、ウォーター・チャックで接着
※中ペン、裏面サイズでカット後39g


■第一印象
 ブライスFXより硬さが硬く感じた。適度な硬さなので、コントロールがしやすく狙ったコースを狙いやすい。また、日本製シート・スポンジだけに、弾みは十分に得られた。スピード+コントロール重視のラバーのイメージがある。

●比較
硬さ
 ノディアス>ブライスFX

弾み
 ブライスFX>ノディアス

コントロール
 ノディアス>ブライスFX


■技術的感想
サービス
 ブライスFXのようなテンション系ではないのでノディアスは、コントロールがよくサービスを放つことができた。特に回転の強弱・長短など自分のある程度思い通りのサーブに魅力を感じる。

ツッツキ(レシーブ)
 思い通りのコースを狙えるため、多種のツッツキ・レシーブがでるバックハンドレシシーブの右回転で流すボールが、引っ掛かりが良いのでよくできた。

ドライブ
 高弾性なので食い込ませるドライブが良いと思ったが、硬いので表面で擦るドライブだと良いドライブが打てる。コントロール性能が良いラバーなので少しスピードが失われている気がした。

スマッシュ
 そこまで柔らかくないので、球離れが速く、スピードのあるスマッシュができる

ブロック
 日本製シート・スポンジが程よく食い込み、ブロックがしやすい

カウンター
 コントロールが良いラバーなのでオーバーミスすることなくカウンターできることが嬉しい。


■最終的感想
 ブライスFXのようなスピードがあるボールは出しずらいですが、本当にノディアスはコントロールが良いラバーだった。全体を見ると特に悪いところはなかった。あえていうなら、テンション系のようなスピードが出ないので、EEやグルーなどでスピードを補ったほうが良い。また、粘着ラバーとまでは行かないが、高弾性の方では硬いので擦るドライブで打たないといけない点だ。


■こんな人におすすめ
 フォアハンドには、スピードが物足りないと思うのでバックハンドの使用にオススメ。戦型は、前・中陣ドライブ攻撃型と言った所。バックハンドで狙った場所にレシーブ・ドライブをしたいと思っている人には、このラバーがいいかもしれない。