投稿者:チョッパー


紅双喜 C7・C8・Cloud&Fog3 比較レビュー

■モニター環境■
粒高使用歴 5年
ラケット  松下プロモデル
いつも使用しているラバー TSP カールP1Rソフト(極薄)
戦型 攻撃多用型カットマン


■使用前感想■
C7とC8のパッケージに記されている日本語の説明が意味不明すぎて笑えます(笑)

C7(1.0mm)
カット前の重量:33g
粒と粒の間隔は広く太くて短いです。摩擦力はそこそこにあります。粒高といえるギリギリの大きさの粒でしょう。縦目のなのが特徴です。

C8(1.0mm)
カット前の重量:36g
C7と比べると明らかに細長いです。カールP1Rの粒形状よりやや太いようです。また、粒と粒の間隔はカールP1Rより広めです。摩擦力はC7と変わりません。

Cloud&Fog3(1.0mm)
カット前の重量:36g
紅双喜の粒高3枚の中で最も細長く変化がつけやすそうです。しかし、カールP1Rの方が細長いです。粒がとても軟らかいです。3枚ともカールP1Rより摩擦力が少なかったです。

☆粒の細長い順に並べると、
カールP−1R>Cloud&Fog3>C8>C7でした。


■試打■
▼ブロック

C7
粒が低く太いため安定します。軌道も真っ直ぐではなく少し弧を描くので使いやすいです。変化はあまりつきません。

C8
やや硬めでコシがあるため打球感が伝わりやすくていいです。安定感はそれほどではないですが、変化は十分です。

Cloud&Fog3
粒が軟らかいためスピードの吸収がしやすいです。細長いためコントロールしにくいですが、変化がつきやすいです。

☆3枚とも比較的ブロックが容易でした。
変化は
Cloud&Fog3>C8>C7で、

安定感は
C7>Cloud&Fog3>C8でした。


▼ツッツキ、プッシュ
 ツッツキはどれも同様にかけにくく浮きやすいです。以下はプッシュの感想です。

C7
スピードがよく出てスマッシュに近いスピードで相手コートに突入していきます。

C8
ブロックと同様打球感が伝わりやすいです。粒の先端で打っているような感じで、回転の影響を受けずに打てました。

Cloud&Fog3
軟らかいので球がスポンジに食い込んでから放たれるという感じでした。そのためコースを調整しやすいです。スピードが出やすいです。

☆安定感はCloud&Fog3>C8>C7でした。

▼ショート
C7

粒が低く太いため表ソフトのように軽快に振れます。スピードもなかなか速いです。

C8
やや硬めなので安定感は余りありませんが変化がつきやすいです。C7よりラケットをやや立て気味にしたほうが入りやすいです。

Cloud&Fog3
打球感があまり伝わりませんでした。軟らかいのでスピードがでにくく、弾いて打つのは難しいですがナックルにしやすいです。

☆安定感はC7>C8>Cloud&Fog3でした。

▼カット
C7

ショートの時にはスピードの出しやすいラバーだと思っていましたが、カットの時は吸収しやすかったです。変化はP1Rに比べると物足りないかもしれません。

C8
コシがある粒なので変化がしっかりと出てくれますし切れ味も十分でした。しかし、軌道が直線的で低い球に対しては少し返しづらいです。

Cloud&Fog3
軟らかいので速いスイングをしなくても安定した変化と軌道が持続できます。どんな高さの球でもカットしやすかったです。

☆安定感はCloud&Fog3>C7>C8で、変化はC8>Cloud&Fog3>C7でした。


■おすすめなプレーヤー■
C7

攻撃時の安定感を重視し、チャンスボールも粒で強打するような前陣攻守型。また、カットにはあまり切れ味を求めないが安定感を重視するカットマン。表ソフトから粒高に変えようとしている、または、粒高初心者にも安心して使っていただけると思います。

C8
粒には安定感をあまり求めず、変化で相手を惑わせることを武器とする前陣攻守型。カットの切れ味と変化で相手のミスを誘うカットマン。

Cloud&Fog3
スピードをあまり求めず変化で勝負する前陣攻守型。カットのしやすさと変化を重視するカットマン。


■まとめ
 3枚ともスポンジがどれも1mmと厚めなのでスポンジに粒が食い込みやすくなり安定し攻撃力が高い反面、粒高効果は少ないと思いました。それぞれのラバーを使用した印象を挙げますと、C7→「安定感」「スピード」、C8→「変化」「カットの切れがいい」、Cloud&Fog3→「変化」「軟らかい」といった感じです。C7は初心者から上級者まで幅広いレベルの選手に合うと思いましたが、C8は中上級者向けという印象を受けました。C7は表ソフトのように打てるのですが、何気なく変化がつくという意外性があります。C8は使いこなせるようになったら相手を戸惑わせることができるようになるでしょう。Cloud&Fog3は軟らかい粒高が好きな人にはうってつけです。


Cloud&Fog3【紅双喜】のご購入・他のレビューを読む