投稿者:チキータ


■モニター環境

使用ラケット バタフライ特注(ミッドファースト)
現在使用ラバー スレイバー特注・super supecial
比較 ヒデンドラゴン


■第一印象
ヒデンドラゴンとスポンジ硬度は数値上では同じようですが触ってみるとCJ8000のが軟らかく、スポンジの気泡が粗めでした。シートはヒデンドラゴンよりも若干粘着力がありますがかなり微粘着です。グルー効果はヒデンドラゴンより高めですね。


■使用感

 打球感は粘着ラバーにしては軟らかいです。またドライブの軌道は放物線を描きます。ヒデンドラゴンはかなり飛びますがCJ8000はあまり飛ばず粘着性ラバーっぽいです。それに対してヒデンドラゴンはテンションっぽい飛び方をしますね。

ドライブ
 ヒデンドラゴンに比べ回転量は多いですね。特にラバーの食い込みがよく安定感があります。自分は粘着ラバーでも多少食い込ませて打つことが多いためやりやすく感じました。その分スピードは出にくいですね(ヒデンに比べて)。カーブ・シュートドライブは粘着性にしては曲がりにくい気がします。下がって引き合いはキツイです。

ブロック
 ホントに止めやすいですね。慣れないうちはポワンと浮かしてしまいますが慣れてくると弾みにくいためブロックにバリエーションが出しやすいです。ヒデンドラゴンだと伸びていく感じで抑えにくかったですが・・・(ただしヒデンドラゴンのブロックは伸びるため慣れてくると武器になります)

ツッツキ
 切ったり切らなかったりがやりやすいです。ストップは粘着性にしては少し浮きます。サーブについてもしっかり切れますね。

裏面ドライブ
 ヒデンドラゴンのがいいボールが打てました。CJ8000ではスピードが出にくくまた高弾性ほど軟らかくないので中途半端に感じました。カットは安定してしかもしっかり切って返せました。ただ少し浮き気味だった気がします。
フリックは先手を取ったつもりが予想よりも遅く浮き気味になってしまい逆に攻められることが多くなりました。

カウンター
 やりやすいです。回転量も十分ですね。安定感があり非常にコントロールしやすいです。


■感想
 ヒデンドラゴンに似ているかと予想と違って全然違うラバーですね。テンションがかかっているような感じはしなかったですが独特な飛び方、打球感でした。スピードは正直あまり感じなかったのですが狙ったコースに打ちやすいラバーだと思います。シェークで前のほうで戦う人でカウンターを良く使う人や安定感が欲しい人、厳しいコース取りで攻める人やバックに表や異質ラバーを貼っている人にいいと思います。カットマンでも使えますが朱世赫選手のように後ろから攻めるカットマンには向いていないと思います。