C7

 

 

 

 

 

 

投稿者:くらさん

■モニター環境・自己紹介
使用ラケット:TUBEディフェンシブST
使用ラバー:フォア面:紅双喜G666:2.2ミリ
使用ラバー:バック面:スーパースピンピップスチョップスポンジ1.5ミリ
卓球歴13年(16歳〜28歳までブランク有り)
戦績::中体連、県大会個人優勝2回、団体1回、3位以内入賞3回
戦型:裏・表カット主戦型(攻撃・フォアドライブ多用)
グルー:ノングルー (フォアのみグルー有り)
比較ラバー:表ソフト多数、粒高フェイントロング供↓掘ΕールP1Rなど

■第一印象
打球感:アタック8や563−1のような半粒ですね。粒はカールP3より低く太い形状をしています。粒を潰すように当てて打つとバチーンと大きな打球音がします。ボールの軌道は低く、直線的で表っぽいのですが、ボールがゆらゆら揺れながら飛んで行きます。表っぽいのでシート表面で擦ってみたら滅茶苦茶スリップしました。アンチ系粒を彷彿させるくらいの滑り感があります。

球持ち:粒を潰すことが必須条件ですが粒が倒れると若干ボールが持てる感覚があります。ただ、相手の強ドライブをカットする場合です・・・・相手の軽打やツッツキをカットで返すにはどうしても球離れが速くなるので速くて低いナックル返球がメインになってしまいます。

弾み:弾みます。相手の打ってくるボールの条件にもよりますが、粒を倒せない限り表ソフト(スペクトル)の感覚を持った方が良いですね。低い軌道でとても安定感があります。当てているだけで低くて速いナックルカットが入ります。

軌道:軌道はかなり直線的で低い返球になります。

対湿気:全く気にならないラバーですね。

■試打
攻撃技術全般

ドライブ:全く打てません。フェイントは少し擦って打てることもできるラバーですが、このラバーはカール系に近く擦ることは不可能です。
スマッシュ:逆にフラットに当てる打法は相当向いています。スピンピップスチョップスポンジより速いスマッシュが可能です。安定感もこちらの方が上ですね。

守備技術全般
カット:粒を潰すようにフラットに当ててから切り落とせばそこそこ切れますね。切れると言っても・・粒高のブツ切りにはなりません。表カットのブチ切りに近いですね。表より切りやすいという感じです。当てたまま返せばナックルカットになり非常に打ちやすく安定感があります。低いし、速い。軌道もほぼ同じ判りづらい変化カットです。この2種類のカットが出せれば相手は嫌だと思います。回転のギャップを大きくしやすいラバーです。

サーブ、レシーブ、台上技術など
サーブ:速いナックルサーブでガンバって下さい。切ろうとしてもスリップしますので・・・
レシーブ:パチパチと打っていける粒高??表ソフトのようです。さらに表にない特徴が・・・・軌道は直線なのに落ちにくいのでナックルロングサーブにプッシュでもハーフボレーでも対応できます。しかも鋭い返球のおまけ付きです。粒高にすると一番厄介なナックルロングサーブが絶好球になります。短いショートサーブにはプッシュやフリックでロングサーブにはボレーで対応できます。右足前で構えるカットマンらしいレシーブ姿勢は不要になり、より攻撃的なバック寄りに打てる態勢で対応できて受身にならなくて良いです。

■おすすめなプレーヤー
.丱奪ハンドの強打が得意、バックハンドの攻撃パターンが豊富なカットマンの方。
▲丱奪カットが浮いてしまう方。切れ味よりも粘りで勝負するカットマンの方。