プレシアス












投稿者:あくえり

■モニター環境・自己紹介
使用ラケット:プレシアス中国式
使用ラバー:フォア面:テナジー05(厚)
使用ラバー:バック面:CK531A(OX)
戦型:反転多用ブロック主戦型
卓球歴:五年
戦績:特になし
過去の使用ラケット:ブロックマン、アウォード オールラウンド中国式など
比較ラケット:ブロックマン

■第一印象
グリップが角ばっている印象があります。両面の弾みですが、B面の方が打球感が柔らかい気がします。ただ劇的に弾みに差がある気はしませんでした。パズビーもそうでしたが、コクタクのラケットは打球面が小さいです。

■攻撃技術全般
ドライブ・・・裏ソフトのドライブはブロックマンよりかなりスピードがでます。またやや細長い形状なので振りぬきやすいと感じました。普通のオールラウンドラケットに匹敵する弾みがあるとおもいます。そのわりにドライブの回転もしっかりかかり威力のあるドライブが打てました。
スマッシュ・・・スマッシュもドライブと同じく速い球がでました。
プッシュ・・・裏ソフトのプッシュはブロックマンに比べすこしいまいちだったと思いました。弾むんですが、若干球を持ってしまうのでやや押しこみずらい感じです。また細長い形状なのでプッシュ系の技はやややりずらい気がしました。粒高のプッシュは普通にできました。粒を貼ったB面は打球感がA面よりも柔らかいので、ブロックマンよりスピードをだしやすかったわりにコントロールしやすかったです。
        
■守備技術全般

ブロック・・・裏ソフトのブロックはやややりずらかったように感じましたが慣れの範囲だと思います。粒高のブロックは思いのほか止まり驚きました。CK531Aの影響かもしれませんがブロックは止まります。弾むラケットだと落としブロックの際に、切る前にボールが飛んでいくかんじがあるんですが、B面は打球感が柔らかいので球を持ちやすいです。以前カールP1Rを貼ったときはこんなに止まるイメージは無かったんですが・・ またブロックマンよりは弾むので、回転がかかる前に飛んでいくことは増えたんですが、切れたときの落としブロックはブロックマンより切れることもあったので慣れれば武器になると思います。ただやはり細長い形状が影響して切り返しはやりずらいです。この辺は慣れででしょうか・・

■サーブ、レシーブ、台上技術など
サーブ・・・やや切りずらいです。弾むラケットの宿命ですが慣れれば切れそうです。
レシーブ・・・粒高に関してはは弾む割にコントロールしやすいです。ここでも打球感の柔らかさがでてる感じです。特にプッシュレシーブはスピードが出ていいですね。粒のストップレシーブもやりやすいです。裏ソフトのツッツキはやや切りずらいです。サーブと同じ理由です。
反転・・・柄がやや角ばっていて、細長い形状なのでやや反転はしずらかったです。

■まとめ
粒と裏ソフトのドライブを両立させたい人向けです。特にガシアンオールラウドエボリューションなどがややブレードが大きすぎて使いずらいという人にお勧めです。CK531Aと組み合わせると、粒のショートが止まる割に裏ソフトの攻撃力がでるので良いと思います。逆にブロック・ショートを優先させたい人には向きません。やはり細長い形状がネックになり切り返しがしずらいと思います。