7P2A










投稿者:チキータ

■モニター環境・自己紹介
使用ラケット・木材5枚合板反転式
使用ラバー・粘着性裏ソフトラバー、カールP1OX

■はじめに
今回はダーカーの名作の一つ、7P2Aのレビューをさせていただきます。5枚合板から7枚合板へ、ラケットの主流が移りつつあるなか、檜7枚合板はどのような性能を発揮してくれるのでしょうか?

■使用して
まずフォア打ちを開始すると非常に球持ちが良いことに気がつきます。そこらへんの5枚合板ラケットよりずっと球持ちが良く打っていてミスする気がしません。弾みはSK7などのように勢いよく弾む感じではなく、そこそこ…5枚合板と比べれば多少弾む感じです。回転はそこそこかけやすいのですが、思ったよりかかりにくいと言うのが正直なところ。コルベルなどに比べ多少球が軽くなった感じがしました。 最近流行りのテナジーやテンションラバーとは相性が良いのですが、粘着ラバーはいまいちでした。 また粒高を貼った場合、球持ちが良すぎて攻撃技術がイマイチなのと粒高のカットショートがあまり切れない感じがします。相性は良くない気がします。

■最後に
ダーカーの檜7枚合板ラケット…球持ちがよく5枚合板より多少弾むラケットが欲しい人にオススメです。総合的に見て非常に高いレベルで完成されたラケットだと言えます。打っていてとにかくミスする気がしないラケット。オススメです。