Beijing3











 

投稿者:C・U・T

■モニター環境・自己紹介
現役時 東北大会出場
再開後 オープン大会優勝等
普段使用用具
ラケット 7P-2A.DF
F側 PRYDE(特厚)
B側 カールP1-R(中) 
戦型
カットマン。フォアはドライブ多用。
過去使用経験のあるラバー、比較ラバー
中国製粘着。日本製粘着・高弾性。粘着テンション多数。テンション系。

■第一印象
シートはしっかりとした微粘着。Beijing2と同様に、藍鯨2よりは強めの粘着があります。なんといっても目を引くのが濃い紫色のスポンジ。藍鯨3は使ったことがないのですが、ひょっとすると同じような物なのでしょうか?今回は硬度が分からないのですが、藍鯨2世界卓球仕様(37度)よりは結構硬いかな〜というくらいです。個人的にBeijing2は藍鯨シリーズに負けず劣らずの良作ラバーだったので、いやがおうにも期待が高まります。

■試打
攻撃技術全般

フォア打ちによる軽打ではやはりというか、粘着らしからぬスピードがでますね。触った感じでは少し硬めに感じましたが、打球感はそれほど硬くなく、あまりクセが強いわけではありません。ショートやハーフボレーは粘着ラバーらしく止めやすく、また、伸ばして返してやったりの自在性が高いです。非常にメリハリをつけやすく感じました。しっかりとインパクトしてやればそれなりにスピードも出ますし、止めたい時には短く止まってくれます。ドライブは藍鯨2より中国ラバーらしい軌道です。豊富な回転量でしっかりと孤を描いてくれるので、安定感は抜群。スピードは粘着が有る分、藍鯨2世界卓球仕様には若干及ばなく感じましたが、Beijing3も粘着テンションとしてはかなり高いレベルのスピードです。嬉しいのが、擦る・当てるの使い分けがしやすい。球種にバリエーションがでます。スマッシュは硬目の粘着ラバーなので中途半端に打つと相手の回転の影響を受けやすいです。丁寧にいくなら擦り気味に打っていったほうが良いです。フラットに打つと速くナックル性の球になるので、威力は有りますが。

守備技術全般
ツッツキやストップ等はさすがに粘着ラバーです。回転をかけやすく、長短のコントロールもしやすい。カットはかなりブチ切れます。抑えも効きますし、中国系ラバーを使われてて硬目の感触が好きなカットマンには非常に良いと思います。攻撃とのバランスも良いです。また、やはり粘着ラバーは回転量に差を持たせやすい。ナックル性のカットも切ったカットもあまり変わらない軌道で飛びますし、非常に自在性が高いです。

サーブ、台上技術等
サーブは短く出すのも、長く出すのも良しです。インパクトによってメリハリをつけるのが本当なしやすいラバーです。粘着ラバーですので切れ味は申し分ありません。フリックもわりとしやすいです。回転をかけてやるつもりで打つと安定します。

■まとめ、オススメのプレーヤー
粘着テンションでも粘着らしさがしっかりあります。粘着ユーザーで藍鯨なんかが合わない方にはマッチするかもしれません。

Beijing3【TUTTLE】のご購入・他の投稿者のレビューを見る