ペンギン









 投稿者:無業遊民
 

■モニター環境・自己紹介
戦型:F−表ソフト・B−裏ソフト
年齢:18歳
使用ラケット:TIBHAR−POWER40
ブースターSA⇒ペンギン
 

■ラバーステータス
つや消しタイプ、しっとり系ではない。粒は中間的な大きさで、間隔も狭すぎず広すぎず。
やはりスピード系表ソフトですね^^
シートは以前の旧ドルフィンと比べて柔らかく、スポンジも軟らかい。
やや強めの布目で、触った感じ引っかかりは良さそうです。
以前多かった「スポンジとトップシートが剥がれてしまう」ということですが、
今回は全く剥がれません!
 

■第一印象
ブースターSAと比べると、やや直線的になりギリギリでオーバーというのが多かったです。
「スピード系」のわりに回転が非常にかけやすかった。音はそこそこ鳴りますね^^
 

■試打
攻撃技術全般
角度打ち:慣れないうちはオーバーミスが多くて焦りました^^;
少しだけ回転を持たせてあげる感じで打つとミスは徐々に減少。
スピードも乗り、一発で抜くのもそう難しくはないと感じました。
ドライブ:力を込めると伸びるドライブが打てます!
対下回転は裏ソフトを使っているかのような錯覚に陥るほどボールがギュゥンと伸びていきます。
これには本人が一番驚きましたが、つなぎのループを待っていた相手は一応返球できたものの
予想以上に回転量が多かったようで浮かせてくれました。もちろんおいしく頂きました^^
ちなみに、下がって引き合いができるくらい伸びます(もちろん裏ソフトには負けます)。
 

守備技術全般
ブロック:コントロール性能(扱い易さ)は悪くないので左右に揺さぶることも可能です。
ナックルですが、あまり出ない…?(というか浮く!)ような気がしました。
自分の腕がないだけかと思いますがなかなか難しかったです。
軟らかいため引きつれ+布目などが影響しているのでしょうか。もう少し練習してみます。

カウンター:つなぎのループに対して角度さえ合っていればなんでも入りました!
少し大げさに言い過ぎたかと思いますが、本当にズバン!と決まります。
直線的に飛びすぎてしまうのを相手の回転が上回転気味に?してくれているのではないでしょうか。
カウンターに惚れますよ^^笑
 

サーブ・レシーブ・台上技術など
サーブは意外と回転がかけにくく、また短く出そうとしてネットまで届かないことも何度かありました。
スピードロングもなにやらスピード不足な気が…。
ただレシーブで短くストップというのが非常にやりやすかったです。
短い横系サーブの返球で横にラケットをスライドさせた場合、
サイドをかなり短く抜けていくレシーブができました。
フリックは乗っけて掛けるイメージに慣れればできます
(ブースターSAから変えたので時間が掛かりました)。
 

■おすすめなプレーヤー
店長さんが以前おっしゃっていたのは、「Mizunoのラバーはちょっと…という方、
モリストSP・スペクトルユーザーにはかなりいい感じ」とのことでしたが、
自分はバッチリMizunoユーザーなので少々悩みます^^;
結構慣れるまで時間掛かりましたしね、いまだに完全に使いこなせてないですし…^^;
モリストSP・スペクトルユーザーの方々、一度使用してみてはいかがでしょうか?
 

■まとめ
「スピード系のような直線的な回転系表ラバー!」といった感じでしょうか。
結構新しい感触の表ソフトです。回転系から切り替えた自分は苦戦していますので、
スピード系表ユーザーさんが使ってみれば使用感は全く違うように感じると思います。
ぜひ一度ドルフィンと合わせて使ってみてください^^
 

ペンギン【海夫】のご購入・他の投稿者のレビューを見る