ペンギン








 

投稿者:アキラ・T

■モニター環境・自己紹介
・卓球歴(戦歴)
県マスターズ30代2連覇、北信越マスターズ30代ダブルス優勝、シングル3位、新体連全国団体ベスト8、中野区30代優勝
使用ラケット
・ラケット:ティモボルスピリット 
・ラバー:F面(黒)モリストSP B面(赤)Boost TS
・過去に使用経験のあるラバー
オフェンスアルティマ・モリストSP・563・スペクトル
・比較ラバー モリストSP

■第一印象
モリストSPと比べるとツブは気持ち高めで小さく間隔は広めです。表面の布目はそこまでしっかりしていません。ツブ以外のところには光沢がありますがツブはソリッドでグリップ力がありそうです。スポンジはオレンジ色でかなり弾力があり、しっかりつまった感じがありますが思った程重くなく、操作性が落ちることもなさそうです。

■試打
攻撃技術全般

ドライブ
まずフォア打ち、モリストSPと比べると格段に初速が速く、かつスピードがあります。それでいてしっかり掴む感覚はあるので、ラバー自体のリアクションスピードが速いのでしょう。ドライブはモリストSPと比べるとループに関しては回転量が落ちるものの、高い打点で前に振るドライブではかなり速いドライブが打て、カット打ちもやりやすいです。
スマッシュ
かなり良い感じです。昔オフェンスアルティマにグルー塗って打ってた時のような表のスマッシュ!って感じがあります。相手コートに突き刺さった後も失速することなく、ロビング打ちも打ち切れます。またかなりナックルで飛んで行くらしく試打の相手をしてくれた全国入賞経験者の中陣ドライブマンでもかなり処理しずらかったみたいです。

守備技術全般
ツッツキ
初速が速いのでかなり飛び出してくと思いましたが以外にそうでもなくコントロールがしやすいです。ただし表面でガッツリ切ろうと思うとすべってしまうので少し面を立て気味にしてスイングスピードの調整をすることをおすすめします。
ブロック
スポンジがしっかりしているせいか相手の球威に押されることなく、かなり気持ちよくブロックできます。浅い深いの長短もつけやすく中国ラバーにありがちな訳のわからない突発的なコントロール不能状態に陥ることもありません。球質は僕の打ち方(止め方)では弱いナックルになります。なので球質で得点するというよりコントロールのしやすさでコースをついてチャンスボールを作っています。

サーブ・レシーブ・台上技術など
サーブはモリストSPほど切れません。ただしアップダウンの飛び方が縮まったのである意味良かったかも。レシーブはストップ・フリックともやりやすいですがあまりに薄く当てると滑るのである程度のタッチの技量は必要かと思います。

■おすすめなプレーヤー
フォア・バック両方に使えると思います。やはりスピード系なのでアグレッシブに攻撃をしかけていくタイプに向いていると思います。グルーを塗っていた頃のような力強いスマッシュが打てると思います。今までスピード系のテンションラバーを待っていた方には特におすすめです。

ペンギン【海夫】のご購入・他の投稿者のレビューを見る