藍鯨










 

投稿者:Tkr

■モニター環境・自己紹介
卓球歴(戦歴)三年半
使用ラケット コルベルスピード
比較ラバー 天極3ブルースポンジ
過去に使用経験のあるラバー 粘着ラバー、高弾性ラバー全般、テンションラバーも少々

■第一印象
シートは微粘着でしっとりしています。今回は硬度37度を使用したのですが、思った以上に柔らかく食い込みが期待できます。軽打では比較的球離れが早くよく弾みました。天極などの従来の粘着ラバーとは全く違った打球感です。

■試打
攻撃技術全般

ドライブを打ってみたところやはりかなりのスピードが出ました。特に印象がよかったのは中陣からのドライブですね。食い込みやすいので球持ちがよく安定して相手コートにスピードのある球を入れることが出来ました。これほど中陣から威力が出せる粘着ラバーは初めてだったのでかなり衝撃を受けました。また弾道が弧を描くのでとても安定しますね。逆にループドライブなどの薄く捉えるドライブは天極などと比べると少しやりずらく感じましたが、擦る・当てるの使い分けがしやすく球種にバリエーションが出ました。しかし球の回転や重さは落ちてるようです。全体的に回転はかかるのですが、薄く捕らえたループ系ドライブよりも強くインパクトした時の回転やスピードが好感触でした。スマッシュは粘着ラバーとは思えないスピードです。テンション系と比べても遜色ないと思います。ただフルスイングしないと安定しませんでした。

守備技術全般
弾むのでツッツキやストップが難しいと思ったのですが、全くそんなことはありません。天極などと比べると相手の回転の影響を受けにくいのでかなり余裕をもってレシーブすることができました。伸ばす、止めるなど自在性が高いです。しかし球のキレでは天極には劣っているように感じました。ブロックは特に癖もなく安定して入れることができましたが、粘着ラバー特有の止めるブロックやナックルブロックが出しにくく感じました。

サーブ・レシーブ・台上技術など
サーブは擦ると飛ばないので簡単に短くて切れたサーブが出せました。また天極ではスポンジに食い込ましてロングサーブを出そうとするとあまりスピードが出なかったのですが、藍鯨はスポンジに食い込まして打っても回転とスピードの両立した良いサーブが出せました。台上ではフリックが好印象でした。とてもメリハリがつけやすいです。擦るフリックは弧を描いてとても安定し、弾くフリックは一発で抜ける威力が出ました。状況によって打ち分けられると相手を惑わせることが出来ると思います。

■おすすめなプレーヤー
すべてのドライブ主戦型におすすめしたいです。粘着ラバーユーザーはもちろん、これまで粘着ラバーを敬遠していた人にも使って欲しいです。スピードと回転を両立したい人にもおすすめです。

■まとめ
非常にバランスが取れていて扱いやすい印象を受けました。自分はこれまで新極3を愛用していたのですが乗り換えてしまいました^^;それほどこのラバーのスピード性能には魅力があると思います。ただ自分としてはもう少し引っかかりがよければ完璧でした。粘着テンションでも藍鯨2よりも粘着ラバーらしいと言われているbeijingシリーズも使ってみようと思います。