エクスプレスワン












投稿者:RYO

■モニター環境・自己紹介
卓球歴:5年、高校生
レベル:中学地区大会優勝、県大会出場レベル
戦型:異質攻撃+カット
使用ラケット:陳衛星(JOOLA)

■第一印象
非常にテカテカした光沢のあるトップシートです。粘着性の様な「ピカピカ」でもなく、エクステンド等の透き通ったような感じでもなく、まさにテカテカです。硬度はエクステンドと同じかちょっと硬いくらいです。ヨーロッパのスポンジなので表記が少々高くても十分柔らかいです。スポンジもオーソドックスなクリーム色のテンションスポンジといった感じです。これといった大きな特徴は見当たりませんが、6000円台ラバーということで期待を持ってレビューしたいと思います。

■試打
攻撃技術全般

まず驚くのはフォア打ちの際の「カキーン」という気持ちいい金属音です。エクステンドよりは少々低い音の様な気がしますが、十分響く心地よい響きです。打球のスピードはさすがエクスプレス(特急)といったところで非常に速いです。ドライブも問題なくかかりますが、打球は直線的になりやすい傾向があると思います。なので、ループよりはスピードドライブの方がラバーの特性を上手く生かせられると感じました。フリックは表面でややスリップする感じがあったので、多用せずにここぞというときに使うのがいいでしょう。

守備技術全般
攻撃性能がいいので、弾みすぎるのかなという印象を持っていましたが意外にもしっかりと抑えの利いたカットがしやすかったです。しっかりと体の沈み込みを意識すれば回転が乗った重いカットになると思います。また、カットからの反撃のしやすさは特に好印象でした。スポンジが柔らかすぎないので、コントロールしやすく、食い込みすぎると感じることはありませんでした。ただ、前陣でのカットはやはり弾み過ぎてしまう傾向があると思います。少なくとも中陣〜後陣でドライブとカットを混ぜるスタイルには支障はないと思います。ブロック、カウンターは非常に直線的な弾道になるのでコントロールに注意が必要と思いました。

サーブ
回転量はテンション系の中では十分合格点だと思います。食い込ませるサーブ、表面で薄く擦るサーブ双方ともに出しやすいので、様々なサーブに対応してくれると思います。傾向としてはやはりショートサーブを出そうと力むとボールがやや長めになってしまうことぐらいです。カットマンの様にロングサーブからの展開を望むプレイヤーなら、特に問題はないと思います。

■まとめ
従来のテンション系(エクステンド等)をそのままシンプルにレベルアップさせたような感じのラバーです。打球感には少々癖があるので慣れが必要だと思いました。それでも中陣からのドライブマンや後陣からのカットマンなど、幅広い戦型に対応してくれるオールマイティなラバーだと思います。値段は少々高いと思いますが、攻撃力(特に打球のスピード)を重視している選手にオススメです。