投稿者:ピンキチ7

■モニター環境・自己紹介
戦型 右シェーク攻撃型
使用ラケット アコースティック
使用ラバー  赤  (2.1mm)Baisha2イエロースポンジ
      ラバー重量:カット後 46g
過去に使用経験のあるラバー 攻撃用ラバー多数(高弾性、粘着性、テンション系)

■第一印象
シートは非粘着性でありツヤもあまりない。どちらかというとしっとり感がある。スポンジは、黄色で柔らかく非常に弾力性がある。硬度は35°程度かな。

■指触
シートは、テンション系特有の弾力がありスポンジとも十分な食い込み(スポンジの弾性が効いている感じ)もある。スイングスピードが不足していても飛びは十分期待出来る。

■試打
フォアハンドによる軽打では非粘着であることから球筋も低いが回転もほどよくかかる。シートの引っかかり及び玉持ちも十分ある。

■スピード・回転量・コントロール
スピードは、台上から初速は十分期待出来る。また、台から下ってもスピードも出て安定感抜群である。ただし、球質は軽く相手にとっても返しやすいと感じた。次に回転だが粘着とは違うためシート表面を強く擦る水平スイングでは、ボールがネットに引っ掛かる傾向がある。下回転に対するループドライブよりはスピードドライブ重視に変えたほうが無難である。コントロール性能は、すぐれており問題ない。打球音は、柔らかいテンション系らしく期待出来る。

■ツッツキ・ストップ・ブロック
ツッツキは、まっすぐ飛んでいく傾向があり、かつ、ストップもボヨンボヨンとなるため扱いずらい。ブロックは、当てるだけでも食い込みが良く、打球感もよく安定性が抜群である。

■まとめ
Baisha2イエロースポンジは、非粘着性のテンション系ラバーでドイツ製と似ており違和感なく使用が出来る。耐久性は、分からないが良ければ現在、ドイツ製のテンションラバーからの切り替えも検討できる。最後に向いている選手は、プレー領域は、オールラウンド型。特に、ラリーが得意で台上からロビングまでを無難にこなすタイプで、バックハンド側での使用が良いと思う。

Baisha2イエロースポンジ【海夫】のご購入・他の投稿者のレビューを見る