藍鯨











投稿者:ぐっちぃ

■モニター環境・自己紹介
卓球歴:10年
戦績:09年全日本社会人出場、09年全国予選シングルス一位通過 、国体予選2位
使用ラケット:特注(材質はアドレッセン系統)
使用ラバー:キョウヒョウ3、ハモンド
比較ラバー:キョウヒョウ、テンキョク、藍鯨2など中国製ラバーとの比較です。特に新藍鯨2の未打底と比較してます。
グルー:未使用
過去に使用経験のあるラバー:粘着系メジャーなのはたくさん使用しました。

■第一印象
重さ・ラバーの感触など
今回、己打底の硬度40度の新藍鯨2を使用しました。己打底なので接着層があり、未打底よりも結構重く感じます。40度なのでスポンジも硬めです。未打底の39度と同じくらいの硬さですね。表面の粘着は微粘着で、テンションがかかってる感じのハリのあるシートです。ラケットに貼って球つきをしてみるとバック面のハモンドと同等の跳ね方をしてました。粘着があるのにこの跳ね具合は期待大です。

■試打
攻撃技術全般

藍鯨2独特のバチバチなる打球音は変わりません。ですが、己打底になってラバーが食い込むようなってドライブが格段に打ちやすくなりました。そして藍鯨2のグッと伸びつつも中国ラバーの沈むドライブがさらに威力が増したように思えます。特に回転量が増えたと思います。中国ラバーでスピードは藍鯨2、回転はキョウヒョウという感じですが、新藍鯨2の己打底はドライブの回転量はキョウヒョウに負けていないと思います。スマッシュは逆に食い込むようなった分若干やりにくくなりましたが、キョウヒョウに比べたら弾むのでやりやすいです。ドライブの威力と安定感が向上したのでラリー戦に強くなってます。

守備技術全般
藍鯨2は回転の影響に敏感なので、ブロックは難しく感じました。角度が少し違うと全然違うミスをするとこは同じです。カウンタードライブは自分から速い球を出しやすくなってるので、小ぶりのカウンターでも十分な威力が出ます。守備で一番よかったのが伸ばすブロックです。少し回転かけて返すと、かなりの伸びで相手をつまらせやすかったです。

サーブ・レシーブ・台上技術など
サーブの回転量は未打底より弾む分少し落ちる感じがしましたが、相手に言わすと未打底よりかかってると言われました。ツッツキや台上技術は未打底の方が弾まない分やりやすかったです。中国ラバーにしては台上技術がちょっと難しい感じがしました。

■おすすめなプレーヤー
中国ラバーを使い続けてて普通のラバーは使えないけど、威力が欲しい方。打ち合いが好きだけど、中国ラバー使ってる方。そのほか、ドライブ主戦型なら一度は使ってみる価値あると思います。トータルバランスがかなり高く多くの人に受け入れられると思います。