投稿者:オメガウェポン

■モニター環境・自己紹介
卓球歴(戦歴)17年(ブランクあり)
戦型:左シェークドライブ主戦型
使用ラケット:ティモボル・T5000
使用ラバー:HEXER+ 2.1mm(両面)
過去に使用経験のあるラバー:スレイバーシリーズ、ブライスシリーズ、タキネスCHOP、タキネスDRIVE、タキファイアC、カール、ラウンデルシリーズ、ロクソン500PRO等

■はじめに
WRMさんにてヘキサー+を購入した際に付いていたものです。これについては、別のラケットに使う予定ですが、今回はこの商品について書きたいと思います。

■感想
各社から発売されている保護シートと比べて粘着はないので、練習などでラケットを使用した場合はラケットケースに保管できます。また、あらかじめラケット形状に近い加工がされているので、はさみで切り取る必要がないのは嬉しい限りですね。さらに、他社のラバーフィルムのように使い捨てではなく、しっかり洗浄してよく乾燥してしまえば繰り返し使えるので、いちいちラバーフィルムを購入するためのお金と手間が省けて経済的だと思います。デザインについては賛否両論は出てくるとは思いますが、WRMさんが世界を代表する卓球ショップになってもらうためには、このデザインしかないと思います。

■まとめ
私が中学時代の頃に、タマスから発売されていた粘着なしのラバーフィルムに近い感じがしました。こちらは、ハサミで切り取る必要がありますが。長所としては、ハサミで切り取る必要がないことと繰り返し使用できることです。短所としては、ブレード形状が大きいラケットや角ペンなどではサイズが合わない可能性があることでしょうか。保護フィルムを貼るときに空気が入りやすいので、ラバークリーナーの缶などで綺麗に貼る必要があります。私としては、粘着ラバー用の保護フィルムとして使用してもらうのが望ましいかと思います。