電












投稿者:WMパパ

■モニター環境・自己紹介
卓球歴:中学・高校で6年 ブランク20年 現在2年半
使用ラケット:XIOM ストラディバリウス ST(85g) F面 雷(THOR`S)黒 特厚(48g) B面 電(BLIT‘Z)赤 特厚(47g) 接着剤 ファインジップ 最近(2カ月内)使用したラバー:テナジー05・05FX・アクーダS1・スレイバーG3FX・MOPHA・UFO・ニアモア・ヘキサーパワースポンジ・JOOLA フェニックス・藍鯨2・X1 GOLD・COPPAX2など

■第一印象
パッケージ込み重量92g カット前重量68g→カット後47g
パッケージにはPALIOの商品ですがMade in Germany ・ TENSOR BIOSと記入あり中国メーカーラバーにも関わらずドイツ製となっています。
シートは透き通った美しいシートで(見た目はVEGA ELITEに似ています)、粒はやや細目、高さは高くも、低くもなく標準的な高さです。シートの硬度は指押しの感じですが、柔らかめで、しっとり感と張りを感じます。スポンジは、クリーム色で、今流行りのざらつき感のあり、スカスカしている感じがしますがずっしり重みを感じます。ざらつき感のイメージは、色が違いますがファスタークG−1に似ています。

■試打
攻撃技術全般
ドライブ:フォアで喰い込ませたドライブは、心地よい金属音と共に直線的で回転量豊富なスピードのあるボールが出ます。スピード感では先日レビューしたCOPPAX2より速くBF社のスピード表示ですと最速の14位に感じます。擦り気味のドライブも回転の質が粘着系やテナジーのようなグリップ感のある回転とは異なりますが、回転量は05>BLIT‘Z>64程度の満足出来る回転力があります。コントロール性は若干レスポンスが良い為弾きが強く長短のコントロールが難しいです。その他のマイナス点を言うと、スイートスポットが狭く、芯を喰えば強烈なボールが出ますが、はずせばミスが出やすいのでファジーな感じでは打てません。
スマッシュ:一般的なテンションラバーよりスピードがあります、回転はナックル気味ではなく、素直な純回転(ドライブ)ですので、癖球にはなりません。弾きが良いのでドライブ同様に心地よい打球音で安定感も高い為、上手くなったように感じになり好感触です。
カウンター: 球離れが速いのでカウンタースマッシュはレスポンスの良さがあるため、速いボールで打ちぬくことが可能です。ドライブは球持ちが悪いのでオーバーミスになり易いようです。
表示には硬度47.5度ありますが、BF社の硬度表示で例えると36〜38位に感じます。

守備技術全般
ツッツキ:浮くことが無く、低く回転量の多い攻撃的なボールがでます。入れば粘着系ラバー同様に得点につながるようなツッツキが可能です。しかし、相手の回転の影響を大きく受けるため、ネットミスも出やすいです。長短のコントロールについても若干難しく感じます。
ブロック: レスポンス良く弾き返すため、当てただけでも角度が合えばスピードのある直線的な速いボールがでます。ただ、若干スイートスポットはシビアで多少の角度違いが芯を外すとネットミスやオーバーミスにつながってしまいます。

サーブ・レシーブ・台上技術など
サービス:一言で伝えると、特に文句のつけようがありません。回転量は粘着や05等とほぼ変わらず、弾きが良い為スピードロング系も威力十分です。
レシーブ:相手の回転の影響をかなり受ける為、ボールタッチでレシーブする際は、かなり慎重に対応しないとミスが連発します。フリック等についても擦り気味にするとミスが出やすい為、多少、強引に弾いた方が入ります。
*試合で重要な要素になるサービス・レシーブは長・短所がハッキリ出てしまいサービスからの攻撃はかなり優位に進みますが、レシーブ時はかなり慎重に対応しないと打ちこまれ易いでしょう。

■おすすめなプレイヤー
重量も重めで、ボールタッチが重要になることを考えると、入門者やレディース・ジュニアでは使い切るのが難しいでしょう。中学生の県大会上位以上のレベルで、現在使用のテンション系ラバーから、更にスピード・回転量をもっと増やしパワーアップを考えている方などにお奨めです。粘着系ユーザーの方には質が違いすぎるためお奨めできません。

■まとめ
使い切る技術があれば、回転量・スピードともにトップクラスの性能があるように感じました。私自身のレベルでは、コントロール・タッチが慎重にならないと使いこなせない為、正直、使用感としては疲れました。上級者の方ならかなり満足出来る性能をもっている驚異的なラバーだと思います。

電[BLIT'Z]【PALIO】のご購入・他の投稿者のレビューを見る