カオス












投稿者:SUNSIN

■モニター環境・自己紹介
卓球歴(戦歴)
6年 戦型ペン粒前陣攻守型
高校時代
地区レベルの大会ダブルス優勝 シングルベスト4
3種目近畿大会出場経験あり
一般市民大会シングルベスト4
使用ラケット
オフェンシブリフレックスシステム
過去に使用経験のあるラバー
アカディL2 TALENT カール系 フェイントロング系 Punto 1615 ツイスター  Grass D.TecS CK531A
など

■第一印象
重さ・ラバーの感触など
粒は柔らかめで細く、高さは低めといった感じです
手元にある粒高を不等号で表すと
太さ
太い CK531A<Grass D.TecS<カールP1<アカディL2<カオス<フェイントロング2<Punto 細い
高さ
低い フェイントロング2<カオス≦Punto<CK531A<アカディL1<カールP1≦Grass D.TecS

メーカーでは粒が高めで円柱型とのことですが粒の根元が台形型で広がっているため低く見えます
また、カオスのシートは他の粒と比べ厚いためそう感じるかもしれません シートは厚いながらやや透ける感じがあるのでロゴのところは木目がうっすら見えます
粒は柔らかくGrass D.TecSと同じような材質です 付属の接着シートもGrass D.TecSと同じくオレンジ色のフィルムに貼られていました

■試打
攻撃技術全般
スピードがでて攻撃がしやすいです。変化もあるため軽打でも相手に嫌がれつつ攻撃できます ちょっと粒が柔らかすぎて粒を倒す技術をつかうのはやややりづらいと感じます スマッシュやカウンターのときは厚めのシートのおかげでかなり速いが打てました プッシュは入るとかなり速い球が出ます しかしここでも粒が弱い感じがして下回転をよく落とす印象がありました 

守備技術全般
割と普通に返しただけでもかなり変化します Grass D.TecSは変化が意味が分からなくてコントロールしづらいですが、カオスは使いやすいながら変化をだせるといった感じです カット性ショートはよく切れます Grass D.TecSのほうがやや切れますが安定して切るならこっちのほうがやりやすく感じます ブロックは弾むのに止まるといった感じです 速い球を止めるときに、シートが厚いためか芯で当たるような打球感がして止まってくれます ただループなどの回転量が多めの球は粒が倒れるのが速くて前にぶっ飛んでいくので処理しづらいかなといった感じですね

■オススメの戦型
カットマン 変化攻撃でカット性ショート多用の人

■まとめ
変化、攻撃ともに高いレベルだと感じました 回転量のある球の処理が上手くできればかなり良いラバーだと思います 値段は高いですがぜひ買ってみてください