アミークラシック












投稿者:ぬりかべ


■モニター環境・自己紹介
卓球暦25年(粒高暦22年、アンチ暦1年)
戦型は粒+粘着のブロック中心の中国式ペン(時々反転ペン)。
選手として目立った戦績はなし。指導暦14年。
使用ラケット:指導用の コルベルCO(F:Bombard黒・極薄、B:アミークラシック)

外観・重量:
パッと見は、アンチラバーというよりは高弾性ラバーに近い感じです。
スポンジは黄色でやわらかく、そのぶんラバーは軽めの30g。
対戦相手にラケットを見せても、JOOLAにアンチラバーがあることを知らなければ、
普通の裏ソフトと勘違いするかもしれません。


■試打
守備技術全般
アミーコントロールも弾むラバーでしたが、これはそれ以上です。
ドライブを止めると、直線的に速いボールが返っていくので、
見た目は裏ソフトのブロックにそっくりです。
スピン反転能力はアミーコントロールほどではないのですが、
それなりにバックスピンがかかるため、「見た目と実際の球質の差」でかなりミスを誘えました。
ただし、ブロックのコントロールは難しく、「下向きにするとシートの影響でボールが落ちる」
「上向きにするとスポンジの反発でオーバーする」という感じで、
角度調節はアミーコントロール以上にシビアでした。
守備技術での長所は、何と言っても変化の大きさでしょう。
アミークラシックと同様に、強い回転のボールに対してラケットを横にスライドさせるように打つと、
揺れながら曲がるなどの不規則な変化が出ました。


攻撃技術全般
(ペン持ちでやってみましたが)プッシュはかなりスピードが出ますが、
表面が滑るためややコントロールに難がありました。
好印象だったのが、バック強打とハーフボレー。
表面が滑ることには変わりないのですが、スポンジに食い込ませるイメージで打つと安定しました。
速くて、マークが見えるほどのナックルボールになるので、かなり得点率の高い攻撃になりました。
フォアのスマッシュもいいボールが出ますが、バックと比べると打点が遅れるぶん、
ネットミスが多く出ました。バックもですが、
速いボールを出すには頂点かその少し前を打たないと厳しいです。
 

■まとめ
アミーコントロールと比べると、かなりスピードが出るラバーです(普通のアンチと比べても)。
アミークラシックのところでも書きましたが、攻撃のしやすいアンチだと思います。
変化度も大きいのですが、コントロールの難しさがネックです。
使いこなせれば素晴らしい武器になると思うのですが。


■おすすめなプレーヤー
アンチや粒を使う選手のうち、変化を出しつつ攻撃力も求めたい選手。
特に、コントロールに自信のある選手にはいいでしょう。
安定性に欠けるので、守備重視の選手には向かないと思います。