ハマー












投稿者:ろっくさん


■モニター環境・自己紹介
モニターラバー:HAMMERゴクウス(BOMB)
卓球歴:14年
プレースタイル:カット+攻撃型(中学3年間はバック面に表ソフトを使用)
使用したラケット:バタフライ特注シェークラケット(インナーフォース・ALCがベース)
<F>ジーニアス+オプティマム・2.0弌TIBHAR)
<B>HAMMERゴクウス(BOMB)
比較ラバー:今回は以前に使用していたカット用表ソフトの定番
「スーパースピンピップスCHOP」(TSP)と比較していこうと思います。

■第一印象
パッケージに馬!なんともパワフルな印象を受けます。でも、なぜ馬なのでしょう…。
ラバーの特徴としては、いかにも中国製表ソフトといった感じで、
スーパースピンピップスCHOPと同じくらいの大きさの粒が狭い間隔でギッシリ詰まっています。
目は横目で、ツブの形状は根元が太い台形をしています。
また、ツブの表面には格子状の溝があり引っかかりは良さそうです。
特に印象的だったのが、「本当にテンション系?!」と衝撃を受けるほどの硬いスポンジです。
スーパースピンピップスCHOPも硬いですが、
私としてはHAMMERゴクウスの方が硬い気がしました。
しかし、ボールをついてみるとそこまで硬さは気にならず、乾いた心地よい打球感でした。
ラケットのおかげでしょうか。飛びすぎる感じもなく、期待が持てそうです。

■試打
※各技術についての評価を5段階で評価し、★で表しています。

攻撃技術全般
≪ドライブ≫評価:★★☆☆☆
バックハンドでのドライブは非常に難しいです。引っかかりが良いので瞬間的に
擦って持ち上げるようなドライブはできますが、
スポンジが硬すぎて安定したドライブを打ち続けることは困難であるといえます。
でもスーパースピンピップスCHOPよりはドライブらしい弾道になるので星2つ。
 

≪スマッシュ≫評価:★★★★★
スマッシュはとてもやりやすいです。特に相手が浮かせたストップを
飛びついて打つスマッシュは爽快でした。
弾くように打てば嫌らしくて決定力のあるナックル性の弾道になりますし、
軽く擦り気味に弾けば緩く弧線を描いて飛ぶので安心して攻撃をしかけられます。
スーパースピンピップスCHOPは擦るとネットに突き刺さる感じがありますが、
HAMMERゴクウスはテンションのおかげか若干自在性があるように思います。
球速に関してもカットマンが一発で仕留めるには十分だと思います。
カットと攻撃のバランスが良いラバーであるといえます。

守備技術全般
≪カット≫評価:★★★★☆
表ソフトでこれほど切れるラバーは初めてです。
私はバックに裏ソフトを長い間使っていましたが、そん色なく使いこなせました。
やはりマックスの回転量は裏ソフトに劣りますが、
変化のつけやすさや弾道の安定感は非常に好感触です。
特に印象的だったのがカットの球速です。
球離れが速く、直線的な弾道になりやすいので、
相手の手元に到達するスピードが圧倒的に速いです。
そのため、カットの変化が読まれにくく、攻撃にも転じやすくなると思います。
ただし、強打の処理については慣れが必要です。
硬質なゴクウスラバーということで弾みは抑えられていますが、
やはりテンションと引っかかりの影響があるようで強打に対しては薄く当てるように心がけないと
オーバーミスになることが多かったです。
こうしたカットの安定感の面ではスーパースピンピップスCHOPの方が優れているように思います。
攻めるカットはHAMMERゴクウス、
守るカットはスーパースピンピップスCHOPといったところでしょうか。


≪ブロック≫評価:★★★☆☆
スポンジが硬く、球離れが速いためコントロールに不安が残りますが、
緩急がつけやすく、相手にとっては打ちづらいブロックが可能です。
シートの引っかかりが良いので若干回転が残ってしまい、
スーパースピンピップスCHOPのようなナックルはでにくいです。
でも、反発が抑えられているぶん、カット性ショートやサイドスピンを入れたブロックがやりやすく、
ラケットの出し方を工夫すれば多彩なブロックができると思います。


サービス・レシーブ・台上技術など
≪サービス≫評価:★★★★☆
サービスがよく切れます。スーパースピンピップスCHOPよりは間違いなく切れると思います。
相手としては表ソフトからよく切れたサービスが来るとは予想していないので、
非常に高確率で相手を崩せます。
ただし、硬いラバーなので食い込ませてサービスを出す方には難しいかもしれません。
また、ぶつけすぎると長くなりやすいので、短くコントロールするには慣れが必要かと思います。
 

≪レシーブ≫評価:★★★★☆
チキータやフリックレシーブといった攻撃的なレシーブは難しいですが、
細かいレシーブについては問題なくこなせます。
特に良かったのは台上でぶっつり切ったツッツキレシーブです。
異質のカット型はレシーブのときにバックを狙われることが多いですが、
HAMMERゴクウスはツッツキが速い上に回転量も多いので、チャンスボールを与えるどころか、
逆に相手を詰まらせてチャンスを作ることができました。
このようにレシーブからしっかり切れるという点はスーパースピンピップスCHOPより
優れていると言えるかと思います。また流しもやりやすく、レシーブから先手を取りやすいです。
 

≪ツッツキ≫評価:★★★★★
非常に安定感がありました。また、コントロールも良く、ツッツキ合戦に自信が持てます。
特に好感触だったのが変化のつけやすさです。
ただ切れているツッツキと切れていないツッツキだけではなく、
サイドスピンを入れたツッツキや緩急をつけたツッツキなど、
カット型が戦術の幅を広げるために必要なツッツキ技術はどれも好感触でした。
スーパースピンピップスCHOPのような表ソフトのツッツキはポコポコ弾いてしまって
変化が単調になりがちですが、
HAMMERゴクウスは変化にメリハリがあって戦術が組み立てやすいと思います。

■おすすめしたいプレーヤー
まずは何と言ってもバックに表ソフトを使用しているカット型の方には
迷わず試して頂きたいと思います。
また、バック面のツブ高でのツッツキが切れずに狙われてしまう方にも良いかと思います。
カットで拾いまくるタイプよりも変化を積極的につけていくタイプの方におすすめです。
一方で、攻撃型にとっては反発力に物足りなさがある点と硬くてコントロールが難しいという点から
あまり向かないかと思います。強いて言えば前陣攻守型でバックは
止めるだけというようなディフェンシブな方には良いかもしれません。

■まとめ
私は高校の頃から裏裏のカット型で今回は遊びのつもりでHAMMERゴクウスを使ってみました。
しかし、思いのほか好感触で即日乗り換えを決意しました。特に違和感なく使えたことから、
裏ソフトに近い表ソフトとも言えるかもしれません。
具体的な変更の根拠としては、やはりカットの切れ味です。
表ソフトとは思えないほどのカットの切れ味には驚愕しました。
相手の軽打、強打に影響されることなくぶっつり切れるので“カットで攻めている”
という気持ちになれます。また、変化のつけやすさ、分かりづらさという点も評価できます。
自分が攻撃型なら相手にしたくないラバーですね。私の場合、使用しているラケットが特殊で、
ほぼ攻撃用ラケットでカットをしているようなものなのですが、
それでも十分にカットでねばり勝てる低反発な表ソフトです。
純粋なカット用ラケットに貼れば、さぞ頼もしいラバーとなるでしょう。
値段もリーズナブルで、これだけの性能を持ちながら1890円は安いと思います。
是非、お試しください!


HAMMERゴクウス【BOMB】のご購入・他の投稿者のレビューを見る