ブーメランクラシック











投稿者:SUNSIN

■モニター環境・自己紹介
卓球歴(戦歴)
7年 戦型ペン粒前陣攻守型
高校時代
地区レベルの大会ダブルス優勝 シングルベスト4
3種目近畿大会出場経験あり
一般市民大会シングルベスト4
使用ラケット
ランロックス ハイブリットNCT
過去に使用経験のあるラバー
アカディL2 TALENT カール系 フェイントロング系 Punto 1615 ツイスター 

カオス Grass D.TecS スキュラ 
など


■第一印象
まず見た目が非常にきれいです。いままで使ってきたラバーの中では一番きれいなシートです。材質が独特で加工されており透明感があり中国系ラバーのようなバリもありません。粒は細めで硬めですがよく折れます。やや間隔が広く並んでいます。表面には布目があり、根元は台形になっています。上からみた感じだとカオスに似ていると感じます。触った感じでは非常にかなり引っかかりが強いと感じます。オクトパスのような摩擦が強いというよりはグリップ力が強く粒が倒れた時にボールを持つような印象です。薄さはタレントなどの中国系の粒ほどぺらぺらしてませんが日本のカールなどより薄い厚さです。玉突きをすると弾まず鈍い音がします。

■試打
攻撃技術全般
打球感が鈍く弾まないので攻撃には向かないよう思いましたが実際やってみると非常に攻撃がしやすいです。全体的に不都合がないぐらいには打てます。やはり自分から粒でひっかけやすいため粒ドライブが安定します。硬いため弾くのもやりやすいです。カウンターは安定性はそこそこですが変化がつくためかなり点に結びつけやすいです。プッシュもスピードよりも変化がありかなりやりづらいプッシュになります。ちょっと回転の影響を少し受けやすいので回転の多いボールを攻撃するときは注意が必要です。

守備技術全般
当てるだけだと棒球になりやすいですが粒を上手く倒すと非常に変化します。これも粒がグリップしてから急激に変化するのが分かります。コースをえぐって変化するので相手がかなりおとしてくれます。ただ変化が予測しづらくかなりコントロールに難があります。カットは下手な自分でもやりやすいです。ツッツキも一枚なのに悪くないです。さらにノイバウアー氏のような速いカット気味のレシーブもできました。ブロックは低弾道で短く止まりやすいです。カット性ショートも良くグリップして切れます。ただ切れ味ではテンション粒のほうがぶち切れ感があります。

■おすすめなプレーヤー
ペン粒上級者 シェークバック粒でオーケストロムのような卓球をする選手


■まとめ
かなりの高性能ラバーです。攻撃もできて変化もつき粒高には理想的なラバーです。ただコントロールが難しく今までいろんなラバーを使いましたが今回はかなりラバーを振り回されてと実感しました。後は値段と寿命の短さでしょうか…多分特別な加工による適度な粒の硬さが柔らかくなってしまうのだと思います 個人的に使い始めが一番よく変化してるとかんじられました。しかし性能は高いので腕に自信のある方はぜひ使ってみてください。