アウラスソフトjpg
















投稿者:くらさん


1.
ざくっとレビュー

長所:ジーニアスの回転性能は保持したまま、弧線が直線的になった
(カットの抑えが利きやすくなった・カットマン向きのラバー)

短所:思っていた以上に弾まないラバーで守備向き下がった位置からの攻撃厳しい

 


2.第一印象

直線的な弧線ながら、回転量は豊富で個人的な印象としては
食い込ませるカットマンに向いているラバーで球持ちが長いながらも思った所にコントロールしやすい。

 


3.攻撃技術全般

ドライブ 6点

柔らかいので食い込ませる打法が向いていると思います。
柔らかいのに上回転には強い方で引き合いも悪くないです。
しかし下回転に対してループで持ち上げた方が安定するようです。
球威は特筆するほど悪くもなく良くもないです。


スマッシュ・角度打ち 7点

柔らかいラバーとしてはフラットな打法に向いていると思います。
むしろ下回転〜ツッツキには角度打ちが良いような感じを受けました。
力が入りすぎて食い込みすぎると腰負けしてしまうのである程度の力で良いようです。


カウンター 8点

強いドライブをカウンターするには非常に有効なラバーです。
適度な柔らかさ・弾道と弾みが台に近い位置でのカウンタープレーには適しています。
個人的な見解では低く切ったツッツキをドライブさせ、
カウンタープレーに持っていくようなスタイルに向いています。

4.
守備技術全般

ブロック 8点

柔らかく、低く飛び出し、非常にやりやすく止めやすいです。


カット 8点

扱いやすく、低く抑えやすいです。まるでテンションラバーでのカット入門用のような印象を持ちました。


ツッツキ 6点

低く出るのですが、少し距離が大きくなりやすいので
カットマンの立場としては前後に揺さぶられるケースで
後ろから前への動きでのツッツキを想定するとオーバーミスの怖さが出てきますね。

 


5.台上技術・サーブ・レシーブ全般

台上技術 7点

ツッツキのみなら高得点をあげたいところですが、フリックでは少しスピード感が無いと思います。
ストップもちょっと大きくなる傾向。


サーブ 8点

回転量良し低く飛び出すしコントロールしやすい。


レシーブ 6点

通常の柔らかめのドイツラバーと比較すると低くコントロールできますが、少し大きく出やすいです。
カットマンのような長いツッツキをする展開なら問題なし。

 


6.おすすめラケット

カットマンなら柳材で5枚合板のような硬めを
攻撃型ならアバロックスP700のような硬い(しならない)7枚合板です。

 


7.どんな人におすすめか

台から離れないタイプの方でブッチ切りのツッツキからのカウンタープレー主体のタイプ

裏ソフトながら速攻型なタイプ

守備重視(フォアでブッチ切りしたい)のカットマンタイプ

 


8.総評

総評 7点

柔らかいのに、直線的な弧線という今までのドイツラバーに無いタイプです。
このクセが・・・好き嫌いを分けそうですね。上記の2タイプの戦型には非常に有効なラバーです。