バットマン












投稿者:64

■モニター環境・自己紹介
卓球歴:3年半
戦績:特になし。
戦型:右シェーク オールラウンド カット&攻撃
使用用具: ラケット:ディフェンス・プロ ST
フォア:ガルゼ【Nittaku】 黒・特厚
バック:バッドマン【JOOLA】 赤・OX

■第一印象
シートは、テンション系粒高ですがそこまで透けていません。ラケットの板目もよく見たら透けている程度です。おそらく、現在売られているテンション系粒高の中で1番テンションが搭載されていないと思います。粒の高さはカールP1・R(これ以降P1Rと略す)とほぼ同じで、粒の硬さと密度、太さはP1RとGRASS D.TecSの間です。布目はあり、円柱型です(気持ち底が台形型かもしれません)。スポンジは、今回OXを使用したのでわかりません。尚、接着シートは最初からついていたものをそのまま使用しました。

■試打
攻撃技術全般
ドライブはGRASS D.TecS程球は掴まないので、そんなにかかりません。平凡です。プッシュした時はテンション搭載粒高なのにスピードはP1Rやオクトパスと変わりませんし、GRASS D.TecSよりは安定しますが安定する部類には入りません。陳衛星の様に横流しに打つと多少入るようになります。特にスマッシュ時はとても辛いです、ここにおいてはGRASS D.TecSの方が入ります。しかし、入れようとして打つと確実に入るのでコントロール性能はいいのだと思います。GRASS D.TecSはもろ刃の剣的なところがあったので、私にはこちらの方がいいです。

守備技術全般
<ブロック>
P1R並(もしくは以上)に短く止まります。カット性ショートの球質はP1RとGRASS D.TecSとの間くらいです。コントロール性能は両者に勝ります。ナックルにしたりや少し横回転を入れたりハーフボレーをしたりすることも容易です。
<カット>
カット性ショートと同じく球質はP1RとGRASS D.TecSとの間くらいです。そしてこちらもコントロール性能は両者に勝ります。テンション搭載粒高でありながら、私が今まで使用してきた粒高で1番コントロール性能がいいです。これには驚きました。しかも超低弾性なので、相手の球におされても普通の粒高の様に返せます。また、ナックルカットの揺れ具合は両者に劣るかもしれません。しかし、切る切らないは相手にバレバレでも結構ミスってくれました。とても短く止まるのに変わりはないので意外とわかりにくいのかもしれません。

サーブ・レシーブ・台上技術など
<サーブ・レシーブ>
サーブは普通の粒高と同じです。特徴はありません。レシーブはこのラバーのコントロール性能が生きてきます。不意を突いて前陣に出た時のストップもやりやすいです。
<ツッツキ>
これはP1RやGRASS D.TecSと大差はありません。GRASS D.TecSよりは回転の影響を受けないのでやりやすいかなという程度です。しかしP1R程表面はつるつるではないので、それよりはやりにくいです。

■おすすめのプレーヤー
あまり粒高で攻撃はしない前陣攻守型、カットマンの方
GRASS D.TecSではコントロールできないが、普通の変化系粒高では変化度に満足できない方
初めてテンション搭載粒高に挑戦する方

■まとめ
私自身もGRASS D.TecSではコントロールできないが、普通の変化系粒高では変化度に満足できない人だったので迷ったあげくこのラバーにしました。このラバーは悪い言い方をすれば特徴がないかもしれません。しかし使っていてしみじみいいなあと思ってしまうラバーだと思います。大部分においてP1RとD.TecSの間に位置するラバーですので、私は皆さんに使ってもらいたいです。初めてテンション搭載粒高に挑戦する方向けということで、普通の粒高からGRASS D.TecSへ移行してみたい方の衝撃緩和剤みたいなものにもなると思います。テンション系粒高を分類すると、フェイント・AGやモリストLP、ピラニア・フォーミュラは攻撃向け、カオスやインフェルノ・クラシックは攻守半々の選手向け、GRASS D.TecSは守備比率が高い切れ味重視の選手向け、そしてバッドマンは守備比率が高い安定感重視の選手向けだと思います。私と同じように、テンションの切れ味を持った安定感重視の粒高を探している人は多いのではないでしょうか。値段はGRASS D.TecSと同じですが、余程な上級者でない限り使用する価値はかなりあります。
※最後に注意ですが、GRASS D.TecSと同じ様にフォアラバーの打球感が硬いとテンション系粒高はやはり扱いにくくなります。フォア側はジーニアス+OSからガルゼへの移行だったので、すぐにわかりました。GRASS D.TecS程は扱いにくくはなりませんでしたが、購入する際に余裕がある人はその辺も注意するようにして下さい。