ヘキサーピップスフォース














投稿者:旧式表速攻


ヘキサーピップスフォース【andro】

■モニター環境
・経歴 卓球歴14年(ブランク20年あり)
・戦型 中国式ペン表裏
・使用用具 Rクリッパー、Fヘキサーピップスフォース、Bラザント

■第一印象
ヘキサーピップスシリーズは、無印、プラスと使ってみて、次にフォースを使うことになりました。
シートはドイツラバーらしく美しいです。
スポンジの色は白で、オレンジの無印とプラスとは異なります。
フォースのシートは無印と同じと思われます。
プラスも材質は同じだと思いますが、粒が細くなっています。


■試打
打球感はかなり硬いです。球離れもいいと思います。
だいぶ使い慣れてきているので、最初の感覚を忘れてきていますが、
それでいてフォアハンドもバックショートも安定しています。

ツッツキ打ちは、打ちやすいです。相手の回転に負けないので試合の終盤でも勝負できます。
フルスイングしないで弾くような打ち方でも十分です。

カウンター系も、難しくはありますが、ほどほどの安定性はありますし、
入れば威力あるボールになります。
無印は、引っかかりすぎて、回転のあるドライブに対してオーバーミスが出やすかったですが、
フォースはそんな感じがしません。

台から離れての強打も威力があります。
難しいと感じたのはドライブです。
無印の打ち方では回転があまりかからず、棒球になってしまう感じです。
少し打球点を下げてラケットに載せるような感覚がないと回転がかからないように思います。
カット打ちでは、ドライブで押していくのがまだ難しい状態です。
(その代わり、弾くのはやりやすいです。)

バックショートなどのブロックは、意外にやりやすかったです。
裏ソフトのバックショートが安定するのと同じことかと思います。
プラスのバックショートは、緩いボールに対しては変化が出ていいのですが、
スピードのあるボールに対しては弾みで負けてしまって安定しませんでした。
(たぶん、技術がないだけだと思いますが・・・)

台上は、プラスでナックルを使ったフリックのやりやすさに比べると難しかったです。
ツッツキもあまり回転はかかりません。スポンジの硬さに合った技術が必要だと思います。
ストップも回転がかからないと浮いてしまいます。
長いツッツキや流したレシーブなどの方がやりやすいです。

サービスは、プラスに比べれば回転がかかりますが、無印に比べればかかりません。

■まとめ
かなり独断ですが、3枚まとめて以下のような印象です。
スピード  無印<プラス<フォース
回転    プラス<フォース<無印
ナックル  無印<フォース<プラス
安定性   フォース<プラス<無印

いずれの観点も、選手の技術レベルで全然違う印象でしょうから、あくまで参考までです。
回転性能を高めるためには、技術面での工夫が必要だと思います。
かかったりかからなかったりするので、自分はこの辺のコントロールがまだできていません。
あとは回転をかけるにしても、強打するにしても、インパクトの強さが必要なラバーだと思います。

また、裏面に貼るラバーでも印象が異なります。
今のところ裏面にラザントを張っているのですが、このラバーは重いので
表面のフォースの球離れをより高める効果があると思います。
裏面を軟らかいラバーにしたら、フォースの特徴が弱まって無印に近い感じになりました。
表面の弾みを裏面のラバーで調整するというのもありかと思います。

 
HEXER PIPS FORCE 【andro】 の詳細はこちら