スーパースピンピップスチョップスポンジ2


























投稿者:スイッチ


TSP「スーパースピンピップスチョップスポンジ2」レビュー
厚さは中です。
■使用用具
R.ディフェンスプロ(バタフライ)
F.モリストDF(ニッタク)
B.スーパースピンピップスチョップスポンジ2(TSP)

■はじめに
カットマン用表ソフトラバーです。「スーパースピンピップスチョップスポンジ」のシートに「カールP4」のスポンジを組み合わせたラバーです。村松雄斗選手もバックにこのラバーを使っています。私も二年間使用しています。裏ソフト、粒高の経験ありです。

■軽打
ラケットをやや立て気味に打つと安定します。タイミングはバウンド直後か頂点が良いと思います。打点を下げるとどうしても弾まないのでネットにかかってしまいます。ボールはナックル性で、相手は取りずらそうでした。

■ドライブ
しなりを活かして高速に素早く振るとそこそこかかります。意表を突くことは出来ますが得点源にはならないと思います。また、頂点を狙わないとボールが落ちてしまいます。スポンジが非常に柔らかいのですが擦ってやった方が感触が良かったです。

■スマッシュ
バシバシ入ります。表なのでやはり粒高よりやりやすいです。威力はそこそこあるものの、スマッシュだと何故かいやらしさが軽減され、入るけど相手も返しやすいといった感じです。しっかりとコースをつくことが大事になってきます。

■ブロック
ラケットをややかぶせればナックルか弱下回転で返球出来ます。コースの打ち分けは非常に容易に出来ました。カットしてからたまに前に行きブロックというのがやりやすかったです。

■台上技術
ツッツキ・・擦ってやらないとポーンと高く浮いてしまいチャンスボールになってしまいます。ですが、練習すれば低く深くいれることが出来るようになりました。これは練習が大事です。サイドスピンツッツキは曲がります。相手のドライブのコースを限定させたいときに非常に有効です。
ストップ・・バウンド直後をとにかく薄ーく擦ることが大事です。ツッツキと同じで当ててしまえば一巻の終わりです。
フリック・・カットマンでフリックをされる方は少ないと思いますが一応出来ました。でも、あまりオススメはしません。玉離れが遅いのでスピードは遅いしボールも素直なので決定打にはなりにくいです。

■カット
素早く振り抜くと切れたカットがゆっくりと飛んで行きます。打球点は早い打点だとハマー極薄のような上から下へというような鋭いカットが出ます。打球点と落とすと安定してカットが入ります。ナックルカットはラケットヘッドを横にしたとき、上側の3分の1と部分に当てるとナックルカットが出ます。ですがスピードが早いので相手にばれてしまうこともしばしばあります。

■ロビング
特にやりづらさというものは感じなく普通といった感じでした。チャンスがあればしっかりとカットをした方がいいと思います。

■まとめ
カットのやりやすさに重点を置いているラバーだと思います。振れば切れるといった粒高のようではなく、技術したいで性能が上にも下にも変わるラバーだと思いました。カットでひたすら粘る方にもオススメですが、スマッシュもやりやすかったので、攻撃的なカットマンも捨てがたいと思いました。一つ欠点があって、それは湿気に弱いです。ツッツキなど使い物にならなくて夏の時期は焦りました。なので今はTSPドライを使っています。それを除いては安定感もあり使いやすいラバーです。ネットで買えば2500円〜からとリーズナブルなので初心者カットマンにも使っていただきたい表ラバーだと思いました。