3Sスピード理論


















投稿者:ぐらたす


「卓球3S理論〜カット予測スピード編」 WRM

1.ざくっとレビュー
カットマン最終形態(あるべき姿)を、明確に言い切ってくれる「心地よいDVD」
指導者の多くが、選手を長期間に渡って、成長に合わせて繰り返し指導する考え方と戦術を、凝縮し、分かりやすくまとめている。
カットがある程度安定している選手であれば、DVDを見た後のプレーが明らかに変わり、一気に成長できそう。
カットマン用の内容ではあるが、カット打ちの苦手な攻撃マンには、攻略のきっかけを与えてくれる。

2.収録内容
DVDは、2枚組。
基本編と応用編
Disc1
1.はじめに(基本編)
2.カットマンの心構え・マインド(基本編)
3.サーブからの予測(基本編)
4.レシーブからの予測(基本編)
5.ラリーからの予測(基本編)
6.おわりに(基本編)
Disc2
1.はじめに(応用編)
2.サーブからの予測(応用編)
3.レシーブからの予測(応用編)
4.ラリーからの予測(応用編)
5.おわりに(応用編)

3.感想
「技術が習得できるDVDではない。」
カットマンの考え方・基本戦術・応用戦術をサーブ・レシーブ・ラリーの展開毎に解説している。
しつこいようですが、技術の細かいところではなく、戦術(狙いどころ・狙いの攻防、予測)を徹底的に語っている。
卓球台ではないテーブルの上なのに、カット主戦の卓球丼さんとペンドラXiaさんがそれぞれラケットを持ちながらの「結論きっぱりトーク」が繰り返されます。
卓球丼さんの基本戦術や考え方には唸らされます。Xiaさんの真面目な問いかけに対する、卓球丼さんの予測と結論は気持ち良いくらい明確です。
 各予測と技術は、当然ながらトークだけでなく、実際の技術動画もはさまれていますので、理解・イメージしやすいと思います。
ただ、あまり技術映像は多くないので、基本技術を見たい方にはお勧めしません。
また、初心者にも理解しにくいと思います。
完全に、指導者向けか、中学校高学年からが対象といった感じです。

私自身、戦型は守備型(カット主戦)からはじめて、近年、攻撃型に移行してした人間なので、ある意味、「技術的にかなり遠回り」してきました。
カットマン時代は、いろいろな指導者から指導を受けました。
指導者それぞれ、特徴のある考え方や技術・戦術を人間味のある言葉で、また、時間をかけて教えて頂いたことを思い出します。
その中で、私が一番指導されたことは
・「何も考えずに返球するな」
・「単調に返球するな」でした。
その意味が理解できて、変化がつけられるようになるまで、かなりの時間を要したと記憶しています。
なぜ、そうなのかを選手が気づかないと成長スピードは遅いし、自分の中で、考え方と戦術を『整理』」して、試合に活かすことができなければ結果に結びつかないと思います。
今考えれば、この『戦術の整理』が、カットマンの最終的成長のためにとても重要だと思います。
このDVDの収録内容は、基本・応用の各ケースでの結論を言い切ってくれますので、『戦術を整理』して、身体に染み込ませていけそうです。
指導者の方々が、このDVDの内容をしっかり受けとめて、「力のある言葉」で選手にしっかり伝えることができれば、
きっと、伸び盛りのカットマンの『成長スピードまでも予測』できるかもしれません。


さて、攻撃マンの目線から、このDVDから学べることは、次の通り。
.ットマンの基本戦術が理解できる。
▲ットマンが打ってほしい(打たせたい)コースが理解できる。
カットマンの変化バリエーションが理解できる。
ぅットマンの攻撃時(反撃時)の起点が理解できる。

詳しくは、書きませんが、攻撃マン目線だと次のように考えます。
◎カットマンが前陣にいる時の基本戦術を知って、不意をつく意識をもつ。
○カットマンが前陣にいる時の狙いたいコースと意識を知って、逆をついて攻撃に移行したい。
◎カットを引いて後ろに下がった時の基本戦術をしって、逆に粘り倒す。または、決めにいくまでを組み立てる。
◎後ろに下がった時に考えていること(反撃に向けての意識)を知り、打たせない工夫をする。または、逆に打たせて、ブロック・カウンターする。
○攻撃マンの心理を突いてミスを誘ってくる、多くの変化バリエーションを理解し、ミスを減らす。

カットマンに勝てない攻撃マンが知らない考え方・戦術がしっかり説明されているので必見です。
また、変化系の応用技術は、攻撃マンにも必要なものであり、目先を変えられることを予測することや、自ら目先を変えることは、有用な技術+考え方だと思います。
攻撃マン目線としては、「カットマンの逆をつく意識」や「得意パターンに持ち込ませない」、「打ち抜けないなら、逆に粘り倒す」など、
自分の得意とする『カット攻略予測スピード編』を構築し、体に染み込ませていくことが必要です。
カット攻略が苦手な選手は、相手の戦術を知ることから、スタートするのも良いと思います。

4.総評
点数をつけるなら、指導者用・中学高学年〜高校生以上用として 『9点』という感じ。
小学生〜中学生1年くらいは、視聴しても難しく興味がわかないような感じです。まぁ、攻撃マンでカットマンに悔しい負け方をした後なら見てくれるかもしれません(笑)
指導者用としては、『パーフェクト』と言えるDVDです。
もしかすると、指導者の考え方や指導方法・練習内容までもガラリと変えてしまうかもしれません。
カットマンはカット経験者でなければ指導できないことが多いし、間違った指導とは言いませんが、妙な指導になっていることもあります。
カット指導が苦手な顧問の先生などにはぜひ奨めたい感じです。
 このDVDの収録内容をいかに分かり易く、成長過程のカットマンに伝えていくか。
いかに戦術を定着させるか。工夫させるか。選手に考えさせることができるか。
指導者の腕の見せ所です。
指導者としてのスキルもかなりUPしていけそうです。
(イメージ)
・選手と一緒に、『予測スピード』を理解しながら
 ↓
・繰り返し練習(体に記憶させる)
 ↓
・足りない戦術・変化を整理して
  ?(ループ)
・繰り返し練習(体に染み込ませる)
  ?(ループ)
・『成長スピードも予測』しながら、最終目標へ・・・。

最後に、攻撃マンやその指導者にとっても、このDVDのカット戦術や予測スピード理論は、たくさんのヒントを与えてくれます。
まずは、カットマン予測の逆をつく・・・。
そのためには相手の考えを知ることが不可欠です。
『カット攻略予測スピード編』を、まずは自分なりに構築し、DVDリリースを待ちましょう。
※WRMが制作するかは分かりませんが(笑)
以上