gurasu









投稿者:ぬりかべ


TIBHAR社 GrassDtecs(赤・0.5mm)
 ※バイオリン中国式および幻守中国式の表面に貼りました。裏面は太陽PRO極薄です。
その後、極守尭鍛蹇蔑¬未Bombard極薄)にも貼って試打しました。

1.ざくっとレビュー
 GrassOXの「じゃじゃ馬」感を減らし、安定感を増強した攻撃的粒高ラバー

2.第一印象
 重さは、中国式の根元まで貼って21g。スポンジ付きとしては軽い方に入るかと思います。スポンジは気泡がやや大きめ。ボールをついた感じは、スポンジも軟らかめですね。球突きをしてみましたが、やはりOXに比べて軟らかく、弾みます。

※以下の点数は、すべて「粒高として」の点数です。
3.攻撃技術
 プッシュ 8点
 スマッシュ 8点
ドライブ  8点
 どの技術でも言えることですが、スポンジがあるぶん球持ちがよくなります。
 プッシュでは、球持ちの良さのぶん僅かですが回転がかかりやすくなり、ナックル性の取りにくさが減って素直な弾道になったように思います。ただし、スピードと安定感は向上しますので、プッシュではより点が取りやすくなっていると言えるでしょう。
スマッシュでは、OXよりも打球感がさらに軟らかく、「弾く」という感じが薄くなり、使い始めのうちは若干打ちにくさを感じました。とは言え、OXの粒高と違って少し前進回転をかけることもできるので、安定感はOXよりも高めです。スポンジのぶんスピードもあるため、軟らかい打球感に慣れればスマッシュは充分な武器になるかと思います。
 ドライブは、OXも打ちやすい部類でしたがスポンジが入ったことによりさらに安定感が増しましたね。粒を倒せばある程度弧線を描いてくれるので、頂点を少し過ぎて打っても入ります。また、相手の回転を若干残しながら飛んでいくので、弾道の変化も大きめです。下回転や横下回転に対するドライブは、十分に決定球になりうると思います。

4.守備技術
 ブロック 8点(切れ9点 安定感7点)
 ツッツキ 6点
 ブロックでは、スポンジがあるぶん球持ちがよくなっており、カット性ショートの切れはOXを上回ります。私のブロックに慣れているドライブマンも、私のカット性ショートを何度もネットにかけていました。ドライブに対しては粒が倒れやすくなっており、弾みはかなり抑えられます。軟らかいスポンジが入ることにより、ボールの威力を吸収しているような感じがありますね。2バウンドブロックも思いのほか簡単にできました。ブロックの安定感・切れともにOXを上回っているように思います。ただし、ほかの低弾性の粒高と比べると軟らかく反発力もあるので、フラット系の攻撃に対してはオーバーミスが出やすくなります(安定感を7点としたのはそのためです)。
 ツッツキは、うちの選手と何回かやってみましたが、そこそこ切れるときもあるのですがほとんどはナックルになります。切れたときの回転量の上限は高いと思いますが、そのための角度調節は難易度が高いですね。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 台上技術点 8点
サーブ点 7点
レシーブ点 8点
 まず、思いのほかよかったのはサーブ。もちろん表ソフトや裏ソフトほどの威力は出ませんが、しっかり振り切れば粒が倒れてある程度回転もかかりますし、弾道も低くなります。「粒高サーブとしては回転もスピードもあるが、裏ソフトのサーブほどにはかかっていない」という妙にとりにくいサーブが出せます。読まれればすぐに対応されてしまう程度の威力なので、このラバーのサーブだけで1試合戦うのは難しいと思いますが、新井卓将さんの「デュアルフェイスサービス」のように粒高面と裏ソフト面のサーブを使い分ければかなりの武器になるかと思います。
 台上技術に関しては、まずフリックがやりやすいですね。回転がかかるわけではありませんが、球持ちが良くなったぶん安定感が上がりました。バウンドの頂点をとらえることができれば高速のナックルボールが出せるので、フリックが直接点になる割合が増えるかと思います。ストップはGrassの弾みのわりによく止まります。ただし、切るのが難しく、ほかの粒高に比べると弾道が高くなりやすいと感じました。弾道を低く抑えられるようになれば、プッシュやフリックとのコンビネーションでかなり使える武器になるかと思います。
 レシーブに関しては、フリック・ドライブ共にしやすいため、フォア前・フォア奥ともに攻撃的なレシーブがしやすくなっています。粒ペンが嫌がる「フォア側にサーブを集中される」というパターンにかなり対処しやすいですね。ただし、注意点が一つ。それは「貼るラケットとの相性によって、レシーブの難易度の違いが大きい」ということ。極守尭鍛蹐謀修辰燭箸は、ラバーの球持ちの良さとラケットの球持ちの良さの相乗効果で、粒高としてはかなり相手の回転の影響を受けやすく、当てるだけのレシーブではその特徴が顕著に出ると感じました。自分から払ったり切ったりしたときには回転の影響はさほど受けませんので、低反発のラケットに貼る場合にはレシーブから色々と仕掛けられるだけの技術力が必要になるかと思います。幻守に貼ったときもさほど回転の影響は感じなかったので、レシーブの安定感を求めるなら、ある程度反発力のあるラケットの方が良いでしょう。

6.お勧め構成
 ラバーの最大の特徴が攻撃力の安定感であることと、先述したように低反発のラケットで使うと回転の影響が大きいことを考えると、ALL+以上の弾みのラケットに貼るのが良いでしょう。粒ペンが使うのであれば、Grass0.5mm自体の攻撃力がかなり高いので、反転攻撃や裏面攻撃の必要性は下がるかと思います。太陽PROやBombardの極薄などは、裏面に貼るラバーとしてうってつけですね。WRMさんの商品のラインナップでは、
 Grass0.5mm+幻守(和の極み)+太陽PRO極薄(Bombard極薄)
あたりがベストマッチかと思います。

7.どんな人にお勧めか
 ドライブやブロックでは粒を倒すことでその安定感や威力が出ますし、「安定感がある」のはGrassのOXと比べてのことなので、 Grass0.5mmを使うにはある程度技術力が必要です。粒高の初級者には扱いが難しいでしょうね。また、守備オンリーの選手よりは攻撃もできるタイプに向くでしょう。もっともお勧めできるのは
 粒高の中〜上級者で、自分から攻撃もしたいタイプ
ですね。

8.総合評価
 自分から攻めていくタイプの粒高中〜上級者であれば8〜8.5点をつけて良いかと思います。自分はもともと守備中心の選手ですが、思いのほかこのラバーの攻撃の威力と安定感が高かったので、うちの選手と試合をするときにいつもより攻撃的なプレーになりました。プラボールへの移行に伴ってプレーを攻撃的にシフトしたい選手にはちょうどいいのではないでしょうか。WRMさんでの販売価格が4000円を切るのもうれしいですね。
 守備中心の選手には7〜7.5点、粒高初級者には6〜7点といったところでしょうか。

9.その他
 性能以外で嬉しかったことが一つ。これはGrassDtecsに限ったことではありませんが、OXと違って赤でもブレード面の模様が透けないので、安心してプリントのあるブレードに貼ることができます。


GrassD.TecSの詳細はこちら