スーパーウォール





























投稿者:ぬりかべ


der-materialspezialist社 SUPERWALL(赤・OXおよび0.5mm)
 ※どちらもバイオリン中国式に貼って試打しました。
  0.5mmの裏面はキョウヒョウ2(黒・薄)、OXの裏面は太陽PRO(黒・極薄)です。
  OXは、極守驚羚饉阿任盪鄲任靴泙靴拭蔑¬未和斥PRO極薄)。
 ※OXのレビューを中心に、0.5mmとOXの違いを付け加えていきます。
 ※主にセルロイド球でのレビューとなります(中体連はまだプラに移行していないので…)

1.ざくっとレビュー
 回転を「打ち消す」「つくる」「残す」ことのできる、中〜上級者守備選手向け高性能粒高ラバー。

2.第一印象
 粒形状は完全な円柱型で、粒表面に布目あり。摩擦力がけっこうありそうです。大きさはL.S.D.と同じかほんの少し大きいぐらい。シートは厚めで、色がL.S.D.より濃い目。シート厚から、プッシュを打ちやすそうな印象を受けます。
重さは、2種類とも中国式の根元まで貼って、OXが17g・0.5mm中国式24g。ほかの極薄の粒高の重量(アンチ系スポンジ付きで22g前後、一般的なものは26g前後)を考えると、中間的で今までにない感じの硬度と言えるでしょうね。個体差はあるでしょうが。

※以下の点数は、すべて「粒高として」の点数です。
3.攻撃技術
 プッシュ 7点(OX,0.5mm)
 スマッシュ 7点(OX,0.5mm)
ドライブ  6.5点(OX)7.5点(0.5mm)
 攻撃に関しては、特にやりにくい技術はなく、威力は平均的だが安定感は高い、という印象でした。
プッシュの変化は縦回転に対しては今一つでしたが、安定感は抜群です。基本的には直線的にボールが跳びますが、粒表面にある程度の摩擦力があるため、打点を落としても擦るように打つと若干弧を描いて入ってくれます。また、横回転に対して逆回転をかけるようにラケットをスライドさせるとシートの表面でスリップするような感じがあり、「揺れる・曲がる」の変化が出ます。こちらから横回転サーブを出し、返ってきたボールの横回転を利用してスリップさせる、というパターンでかなり点を取ることができました。
 スマッシュは基本的にナックルになりますが、打つ時にかぶせるようにすると若干前進回転がかかって弾道を安定させることもできます。強打一辺倒で押すより、球種を打ち分けられるタイプに向くかと思います。
 ドライブでは摩擦力を生かしてある程度弧を描くことができるのですが、OXでは時々シート表面で滑り、落ちてしまうことがあるように思いました。それでも一般的な粒高に比べると安定する部類に入るでしょうね。スポンジ付きは球持ちが良くなる分、滑ることがなく安定感は抜群でした。

4.守備技術
 ブロック 9点(OX)7点(0.5mm)
 ツッツキ 7点(OX)8点(0.5mm)
 ブロックですが、かなりの低弾性ですね。L.S.D.と同様か、それ以上に弾まないかもしれません。弾道も低く、ほかの粒高と同じような感覚でブロックしたらネットミスを連発しそうです。L.S.D.と同様にフラット系の打法にも強く、相手の回転量の変化には鈍感であるため、ブロックの安定感はかなり高めです。カット性ショートのスピン反転能力も高めですが、基本的に当てるブロックではほぼナックルになり揺れる変化も大きくないので、浮くと相手に強打される危険性が高いですね。しかし「切る・切らない」の変化はつけやすいので、自分から球質の変化をつけに行ける選手にはかなり大きい武器になるかと思います。また、粒が硬いこともあり、ラケットを横にスライドさせてブロックすると表面でスリップするような感覚があり、「曲がる・揺れる」の変化が大きく出ました。0.5mmスポンジでは、不思議とOXに近い打球感でブロックすることができ、安定感はほぼ変わらないように感じました。ただし、OXに比べるとスピードが若干出る代わりにスピン反転能力が落ちたように思います。
 ツッツキでは、表面に摩擦力があるため、まずまず回転をかけることができます。切れたツッツキでネットミスを誘う、というところまではいきませんが、少し切れたツッツキと完全にナックルのツッツキを混ぜてのチャンスメイクは十分に可能です。0.5mmは球持ちが良くなる分切れ味は良くなり、ナックルの出しやすさはほとんど変わらないので、チャンスメイクもミスを誘うのもどちらもできますね。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 台上技術点 7点(OX,0.5mm)
レシーブ点 9点(OX)8点(0.5mm)
 レシーブに関しては、まずオーバーミスの心配がないことに加えて弾道が低いため、安定感はかなりのものでした。ブロックと同様に当てに行くだけではナックルになりますが、ラケットをうまくスライドさせれば揺れる変化も出るため、自分から色々と仕掛けられるタイプにはかなり大きな武器になります。ナックル性のサーブに対しては摩擦力を生かしてある程度回転をかけられるため、フリックやドライブで返球することができます。0.5mmも安定感があり、特にフリックやドライブでは威力を発揮してくれましたが、変化が減少したように思います。
 フリックは、若干回転をかけて打てるため安定感はかなりありました。一発で抜けるような威力はありませんが、チャンスメイクには十分かと思います。ストップでは切ることは難しいものの、短く・低く抑えることができます。0.5mmはフリックの威力がある代わりに、ストップが若干長くなるように思いました。

6.お勧め構成
 試打前は「L.S.D.と同様に今回も極守兇諒が相性がいいのでは」と思いましたが、SUPERWALLはバイオリンに貼ったときの方が揺れる変化もスピン反転能力も高いように思いました。純粋に安定感を追求するなら極守兇任垢、総合力ではバイオリンの方が好みです。ある程度硬さのある板に貼った方が良いかもしれませんね。薄めでALL+以上の板(具体的にはE4や幻守あたり)に貼ると良いかと思います。

7.どんな人にお勧めか
 ブロックやレシーブのところでも触れましたが、基本的に当てるだけのレシーブではスピン反転も変化も大きくはないので、自分から変化をつけに行ける粒高中〜上級者向けかと思います。攻撃は安定感が高めですが、威力が高いわけではないので、基本的には粒高を守備的に使いたい選手向きでしょうね。0.5mmであればフリックやハーフボレーを多用する選手にも良さそうです。
 基本的には中〜上級者向けとは思いますが、このラバーは攻守ともに『安定感』が大きなウリです。あえて粒初心者にこのラバーを貼らせて、「面を合わせればきちんとボールが返る」という楽しさを教えるのもアリかなぁ、と思います。

8.総合評価
 守備主体のペン粒中〜上級者が使うには、安定感も変化も大きいため、8.5〜9点をつけて良いラバーだと思います。攻撃を多用する選手には、攻撃の威力には欠けるので7〜8点というところでしょうか。

9.その他
 粒高ラバーの特性は、基本的には「回転を打ち消す」「スリップさせて回転を残す」「(粒を倒すなどして)回転をかける」の3つかと思いますが、回転を「残す」と「かける」は相反するものなので、この3つが高いレベルで満たされているラバーはあまりありません(癸韻阿蕕い任靴腓Δ)。しかし、SUPERWALLはこの3つが高いレベルでできるうえ、かなりの低弾性なので抜群に安定性が高く、守備に関しては全く穴が見当たりません。ぐらたすさんが「完璧」と表現されたのも納得です。
 ボールに当てに行く打法では「打ち消す」のみになり、ただの安定感のあるラバーで終わってしまいそうですが、色々と仕掛けられる選手にとってはかなり使いでがありそうですね。中体連がプラボールに完全移行したら、私はしばらくこのラバーに固定したいと思います。