ツイスターソフト


























投稿者:ZERO


ArmStorong社 TWISTAR SOFT 極薄についてのレビュー(セルロイド球でのレビューです。)

1・自己紹介
2回目の投稿ですね。戦型は中ペン裏粒ドライブ主戦。県ベスト64程度。ちなみに卓球歴は一応5年、本格的には2年です。
前回のレビュー時から使ってはいましたが、より確かにするために1週間ほど練習してきました。
ラケット 馬琳エキストラオフェンシブ 中国式         YASAKA
フォア  Evolution EL‐P 赤 1,8mm    TIBHAR
バック  TWISTAR SOFT   黒  極薄      ArmStrong

2・試打

2‐1 シートの質感
縦目の粒で、かなり柔らかめです。TSPのCURLP‐4に匹敵するかそれ以上。布目はあります。

2‐2 フォア打ち
粒が柔らかいので不規則に変化します。こっちもやりにくいけど、相手はもっとやりにくそう。

2‐3 バック打ち
こちらもなかなかの不規則具合。フォアよりは若干安定します。

2‐4 フォアドライブ・スマッシュ
私の打ち方にもよると思いますが、粒高とは思えないくらい安定しました。ドライブとしての回転量も申し分ありません。
また、スマッシュはほんの少し前進回転を入れると、こちらのやりやすさと相手のやりにくさを両立できます。

2‐5 バックドライブ・スマッシュ
対上回転でも、対下回転でも、尋常じゃなく安定します。回転は少なめですが、その分相手もネット(テーブル)ミスを連発してくれます。
スマッシュも、相手のドライブを止めて、つないできたツッツキをドン!!なんて展開ができます。

2‐6 ブロック・カット・カウンター
粒高の本職、ブロック。このラバーはカット性ショートがよく切れます。しかし、やや吹っ飛びやすい一面も…
続いてカット。基本バックですが、低くて切れたカットが安定して出せます。そのままバックドライブでの反撃も可能。
カウンター、攻撃重視の私には必須の能力です。こちらも基本バック使用。
うちの県ベスト16(右シェーク裏裏)に相手してもらったんですが、特筆すべきはやはり安定性。
裏とおなじスイングでコースも打ち分けられます。特にストレートは最低でも90%は入ります。

2‐7 サーブ・レシーブ
まずはサーブ。切れた下回転も、ナックルも出せるので、かなりの好印象。
次にレシーブ。ここらはさすが粒高ってところですね。とにかく入る入る…レシーブミスなんて言葉は必要ないですw

3・まとめ
今回もMAX値を100とします。従来の粒高と比較して、です。裏とは別の基準とします。
スピード         70
スピン          90
コントロール       90
使いやすさ        85    ってところですね。

やはりスピードはテンション系には叶いません。スピンとコントロールは異常。粒高とは思えない。
使いやすさもいい。2時間あれば使いこなせるでしょう。

4・注意
このレビューは、ドライブ主戦の私の感覚に基づいておりますので、ブロック主戦の人はまた違う考えを抱くことと思います。
ブロック主戦の場合は、変化度で相手を揺さぶっていく選手には良いでしょう。ただし、縦目であることをお忘れなく。

5・最後に
2回目でだいぶ慣れてきました。アタック8で有名なArmStrongですが、陰にはこんな良いラバーが眠っているものです。
知名度は低くても、その能力は本物でした。少しでも誰かの役に立てればいいな、と願いつつ、筆(?)を置くことにします。
ありがとうございました。