no1_01











投稿者:Mk22


No.1 [Dr.Neubauer] 黒OX
自己紹介
卓球暦8年 戦型:ペン粒高攻守
今回はNittakuビゼロックス5Cで試打を行っています。

はじめに
私は、3年ほど前からデスペラードを継続して使っていました。というのも、守備技術の抜群の安定感と自分から切った時の凶悪な切れ味が非常に魅力的だった訳なのですが、今年に入り、プラボールへと移行が始まった事で事情が変わりました。私のプレースタイルでは明らかに得点しにくくなっています。
プラ移行により変わった点の簡潔に書きますと、粒高で打球した場合に、全体的に大きく変化幅、量が低下しています。その反面、プラのメリットと捉えられる部分に、打球時に球が上にあがりやすいという特徴があります。
以上の事から、プラ時代の粒は自分で打っていかないと勝つのが難しいだろうと勝手に判断しました。
という訳で再び粒高を模索し始めていて、今回はNo.1を試打しています。(当然プラ球を使用しています。)

外観、第一印象
まず最初に目を引くところとして粒高では珍しい縦目。表面に布目が無いものの、しっかりと引っ掛かります。硬度自体は中硬度と言った感じですが、軽く打ってみると引っ掛かりによる球持ちの良さのせいか大分柔軟に感じます。

攻撃技術
順回転に対して振ってみると、擦ってもぶつけて打っても異常に安定します。打ちやすい粒として有名なラバーとしてandroのカオスがありますが、かなり近いものがあります。球をホールドして運ぶようにコートに飛ばす感じですね。硬い粒で表ソフトの様にパチッと弾くようなラバーではありません。OXながらも薄くて柔らかいスポンジが入ってるような感触です。
そのため、多少強引に振っても球が落ちずにコートに刺さります。
下回転に対する攻撃ですが、そちらは一部を除けばまずまずと言ったところ。プッシュに関してはかなり平凡で、変化少なめ、そして安定と飛び出た性能はありません。粒がかなり引っ掛かるのでそれででしょう。ところがフォアハンドで振り始めてビックリ。どんな状態でも球がネットを越えます。軽打からドライブ系、流し打ちまで何をしても入ります。粒高でこの表現をすると変かもしれませんが、球が落ちません。勿論他の粒高と比べて、ですが。
突出した点としてはドライブ系の打法でしょうか。思いのほか鋭い打球になって相手が驚いていることがしばしばありました。
ここまで下、上回転共に安定して攻撃できるラバーはちょっと他に覚えがありません。カオスも良い線行きますが弾みが強すぎるので..。 

守備技術
ブロックですがただ当てたり薄く触るだけだと簡単に回転に負けます。これはもう引っ掛かりが良いので仕方のない事なのですが。思いきって板までぶつけるように打球した方が安定します。回転を流すというよりは回転に対抗するように打球するイメージでしょうか。グラス、デスペラードとは違った抑え方ですので注意が必要です。
カット性ショートは特に違和感を感じずに打球出来ます。が、弾道がやけに低いです。スピン反転能力は高くはありませんが弾道が低く、球も沈むためプラでもしっかり得点源になり得ます。
相手の回転に負けないような打球をすれば総じて球が低く出るのが魅力的ですね。しかしながら咄嗟の打球、手だけで取りにいく様な場面では充分な打球が出来ませんので角度で抑えるよう心がけないと弾かれてしまいます。この辺りは少しシビアでした。

台上技術、レシーブ、その他
少しストップ系がデスペラードに比べ難しくなったかな?という印象。しかしデスペラードとそれほど大差ありません。が、ナックルの揺れも回転の変化量もNo.1の方が少ないです。尤も、多少浮いた程度の球でも攻めていけるラバーですのでこの辺りは妥協出来るでしょう。
粒高のレシーブで難しいものにナックルロングの対処がありますが、No.1は大分やりやすいです。速いサーブをしっかり抑え込んで手前に落とせますし、緩いナックルが来ればフォアハンドで振っていけます。以前に比べ、ナックルサーブから始められた場合の展開が楽になりました。

まとめ
かなり辛口でレビューしてるつもりでしたが褒めるところが多くて性能の高さを実感させられました。
比較したラバーの軽くまとめますと、基準をカール系統の標準的なラバーとして、それらを全体的に性能を向上させ、守備に寄せたのがデスペラードで攻撃に寄せたのがNo.1というイメージで問題ないと思います。両者ともに全ての技術が高水準で出来て、さらに何か一つ特化したものを持っていると感じました。粒高としてはかなり割高ですが、確かな性能はあります。
おすすめしたいプレーヤーですが、私のように打ちたいと考えてる方。それとシェークバック粒の方には是非使ってもらいたいです。正直なところペン粒よりも相性という点ではいいんじゃないでしょうか。No.1の長所が最大限引き出せそうです。
一つ注意して欲しいのがグラスから移行しようとしている方。打ちたいからという理由での変更なら問題ありませんが、飛びすぎて止まらないからという理由でしたらデスペラードをおすすめします。守備面ではNo.1より切れ味、止まり方、扱いやすさは優れています。それ以外ではほとんどNo.1に軍配が上がりますが。


No.1の詳細はこちら