メイスプロブルー


















投稿者:ヨーロピアン

 
MAZE-PROブルースポンジ(46度)レビュー

ラケット:アコースティック

第一印象:柔らかい、ボール持つ、でも飛んでいく。しかし回転がメチャメチャ多いかと言われるとそんなでも無かった。テンション寄りの粘着。

まず、軽く打つと、粘着のベチャベチャ落ちる感覚はあまり無くて、ボールを掴んでしっかりと上に飛びます。
びっくりしたのが弾道。手元側で上に上がって飛ぶのでとにかく落ちない。落ちるような感触はほとんど無いです。とりあえずボールが上に飛んでくれるので、予期しないミスは比較的少なかったと思います。
しかしそれが逆に仇となります。
相手に攻撃された時、特に回転量が良く分からないドライブに対して当て方と目測を誤るとオーバーミスをし易いです。特にチキータや台上で攻撃されたボールをカウンターで狙うときにかなりシビアな角度とスイングスピードを要求されます。
自分から攻撃するとき、ガツガツ行く時は良いと思います。
また、安定性は高いですが、粘着らしいクセのある鋭いボールはあまり出ないです。

下回転打ちはボールを持つのでやりやすいですが、ガンガン決めに行くのは、強く当てて回転をかけれるレベルにならないと使うのは難しいかもしれません。
キョウヒョウの方が使いにくいですが、万人が使える粘着ラバーだと思います。
テンションや弾道の高い高弾性ラバーから移行する人なら良いと思います。

それと、ラバーの特性から、少々慣れが必要だと思います。
柔らかいのに落ちない、ボールがいったん上に行くのでテンションにそのようなタイプが少ないのでラバーに慣れないと特にオーバーを繰り返す可能性もあります。

サーブレシーブはやりやすいですが、特に優れた性能があるわけではないと思います。
特にサーブがブチ切れるとかは無いです。ボールを持つのは上回転の時には強く感じますが、サーブの時はそれほどボールを持つ感じは無いです。シートはそこそこ引っかかるので、キレは良いですが、他の粘着に比べるとここは見劣る感じがしました。


おすすめは使う人の戦型によりますが、弾道が高いので、決めに行く人はちょっとした回転の読み違えでネットミスをしてしまうかも知れません。なぜなら弾道が低い決め球を多用すると、カス当たりや回転の読み間違え、スイングスピード不足でネットギリギリを狙っているのに、そこに届かない可能性があるからです。
むしろ相手にミスさせるループや、多少弾道が高くても深くボールを入れたり、バックとの回転差を利用する攻めるけど相手に失点させる戦型の選手のが合うと思います。
そういう意味ではテンションでも少し弧線が高くて安定感のあるラバーが好きな人には合うと思います。

Maze-Proブルースポンジの詳細はこちら