松平健太ALC





















投稿者:無双

レビュー:松平健太ALC

R:松平健太ALC
F:テナジー05
B:テナジー64

☆グリップ
かなり細めのグリップですぐに手に馴染みます。ティモボルALCのグリップをもっと細くした感じです。

☆外観
ブレードサイズ、ブレード材質はティモボルALCと全く一緒です。

☆軽打《フォア打ち》
アウター特殊素材ということもありハードな打球感と弾みが絶妙です。それと特殊素材+テナジーは最高の組み合わせです。

☆重量
松平健太ALCは平均重量がそこまで重くありません。私のグラム数は82グラムで振り抜きやすいです。

☆ティモボルALCとの違い

ブレード材質、形状はなにも変わらずデザインとグリップのみの変更ですがやりやすい技術が変わってると思います。

.謄モボルALCの場合
少しグリップが松平健太ALCより太いのでブロックがしやすいです。相手の球に押されない感じがします。

⊂省新鯊ALCの場合
グリップが細いのでバックバンドグリップの持ち替えがスムーズにいきます。前陣卓球の中でもスムーズにグリップ変更ができるのが魅力的だと感じます。
日本人の手に馴染みやすい形状なのでとても人気があるラケットだと思います。

☆総合
グリップにこだわりがありバックバンドグリップなど持ち替えが早くしたい方。
バックバンドが苦手な人でも簡単にグリップがバックバンドグリップになるのでとても打ちやすいです。
バックバンド上達の手助けをしてくれるそんなラケットだと思います。
松平健太選手の兄である松平賢二選手も苦手なバックバンドがこのラケットにしてから振れるようになったとのことなので間違いないと思います。