プラクソン525












投稿者:ヨーロピアン

プラクソン525レビュー

ラケット:アコースティック

第一印象:弾けるし、回転は適度にかかる。台上はスピン系を使っていると違和感が強いです。

攻撃性能:特にドライブではスポード感が非常にあり、バックでの速い打点で強く打つと快速ボールが出しやすいです。コンパクトなスイングで相手のボールを利用した一発が出せるので、前陣で打球する人に非常に良いと思います。
しかしとにかくスポンジが硬く、シートは適度に柔らかいので、ミートや強打ではある一定以上の打法では安定性が欠ける印象です。回転系の打ち方で強くインパクトするのが一番安定します。
コンパクトなスイングで相手のボールを利用した技術で真価を発揮すると感じました。
カウンターは特にやりやすいと感じました。
引き合いだと回転量がイマイチ足りず、下回転に対しては回転量と安定性がスピンテンションには劣ります。よってバックハンドでのカウンターやコンパクトなミート系が他ラバーよりスピード感を最大限に出せると感じます。
フォアだと自在性が低い(硬い、シートは柔らかい)ので、できればバックのが良いのかなと思います。

守備技術:バックブロックが非常に良かったです。強いボールにも押されず、回転量の多いボールもしっかりブロックでき、しかもボールが滑りにくい(シートが柔らかいため)と感じました。
が、食い込みにくいので、弱い相手のつなぎに対してが自分から変化や回転をかけないといけないので、技術は必要だと思います。
400くらいの硬さだと感じ方が変わると思います。

台上・サービス:ここが一番のネックです。まず、ツッツキがスピンテンション系に慣れていると浮かせやすいです。またナックル系も押し込もうとして角度を少しでも間違えるとオーバーミスし易いです。
慣れだと思いますが、注意が必要です。サービスが下回転系はスピンテンションには劣る回転量ですが、上回転系のサービスはあまり変わらないです。スピード系ロングサービスは速い球速です。
フリックはスポンジが硬いので、安定させるのが難しく、私には合わないかなと思いました。

総評:かなり尖った性能だと思います。相手のボールを利用したプレー、上級者の速いスイングを必要とするラバーだと思います。
が、スピード感は確かにスピンテンションには無い物がありましたので、硬いラバーで回転よりもスピード。いきなりロングサービスからスマッシュやドライブという選手には良いのかなと思います。
あと価格。非常に安いので、嬉しいです。ただ、シートの寿命は比較的短いので、注意が必要だと思います。
プラクソン525の詳細はこちら