サーブDVD



















投稿者:ぐらたす

Xia論法「試合で効くサーブ徹底解説編」 WRM DVD

1.ざくっとレビュー
 サーブを効かせるための考え方を、Xia論法できめ細やかに解説している。サーブ理論というよりは「効かせる=得点力」の部分に特化した徹底解説である。有名一流選手達のサービステクニックについて、例を挙げて、「なぜ必要か?」から「効かせるポイント」までを、独特の論調で、指導者(選手)に考えさせてくれるDVDである。

2.収録内容
  ・はじめに
  ・相手に効くサーブとは
  ・コースが分かりづらいサーブを出す方法
  ・回転が分かりづらいサーブを出す方法
  ・速いサーブを出す方法
  ・まとめ
  ・おわりに

3.感想
タイトル通り「解説編」なので、説明の部分が多く動画が少ない印象はあります。
しかし、Xia論法として今後進めていきたいことが分かった気がします。
たぶん、トップ選手の動画を交えて解説するようなDVDであるなら視聴した後に小中学生選手なんかが「すげえ〜」なんて声が出るようなインパクトがあるDVDになると思います。
それに近い動画なら、WRMコンテンツにも豊富にある気がします。

でも、Xia論法はたぶん、やりたいことが違うんだろうなあと思いました。
このDVDの視聴ターゲットは、「指導者」や「中高校生で勝つための思考が確立している選手」になると思います。サーブの考え方を明確にして、選手の思考回路にしみこませ、実戦に向けて身につけさせるための理論だと思います。

私自身、たくさんの指導者の方々にお世話になり現在に至っております。サービステクニックと考え方もいろいろ教えて頂きましたし、その長期間の蓄積を元に各選手に合わせて指導しています。
ただ、実戦で使うのは「選手」であり。選手自身が自分の考えでサービスから展開を考える必要があります。

・基本戦略に基づく、サービスからの展開
・中盤の勝負所、戦況に合わせたサービスからの展開
・徹底的に弱点を突く相手の心を折るような強気の展開
・苦しい所で出す、取って置きサーブからの展開
・試合終盤で、徹底した展開or意表を突く展開
など、試合を通しての展開の変化を自ら創っていくことの重要さ。

自分で考えることができない選手は、勝ちにくい。

じゃあ、どうすればよいのか。
その答えというか、サーブを考える道筋が、このDVDに確実にある気がします。
Xiaさん、やっすん殿の掛け合い解説のなかに、各戦型に合ったサービスからの戦術が潜んでいる。というか、考え方を明確に言い切ってくれている。

「今、自分の持っているサーブを効かせるために」
「これから覚えたいサービスを開発するために」

ぜひ、見てほしいDVDだと思います。


【卓球仲間数人にも視聴した感想も書いておきます。】

・指導者のスキルアップ向け
・サービス理論がしっかりしていて、社会人はとても参考になる。
・動画が少ないので、小中学生は飽きてしまうか。
・有名選手の実際のサーブ動画から解説すれば良いと思う。
(大人の事情で難しいか)
・このDVD視聴の後、有名選手の試合を見ると参考になる。
・シェーク・ペン共に活用できる共通の考え方である。
・内容が切り替わる際の効果音(音量)にビックリした。(笑:慣れてきた。)


4.総評

サーブは1球目攻撃である。当然、主導権を握りたい。
効くサーブを多く持つことができれば、技術的にも精神的にも主導権を取ることができる・・・。それは、みんな思っている。

でも、なんか、我がチームの選手たちは、基本的なサーブの考え方が分かっていない。(纏まっていない。)種類が少ない。練習が足りない。なにより、サーブが効かない。勝つための戦略に繋がらない。

『そう思っている、指導者の方に是非見てほしいDVDである。』

繰り返しますが、サーブは1球目攻撃、この「効くサーブ」の考え方・理論を理解する・しない・・・。この差は、勝敗に直結していると思います。

あまり内容を書くとネタバレになりそうですのでやめますが、基本分類を3つに分けて、各3つ位のポイントを意識して、自分の戦型に合わせるイメージで、『効くサーブ』をキーワードとして練習し体得させる。
その他、補足的な考え方も・・・。
試合の中で、サーブをどう使うかを意識して練習させるためにも、とても良く纏められた良い内容だと思います。

総評として、得点をつけるなら、完全に指導者向けで9点だと思います。
(高校生くらいからは対象に入れても良いと思います。)


(ひとりごと)
サーブスキルをアップさせることを目的としたDVDは、これまでも多数あったと思います。
今回のXia論法「試合で効くサーブ徹底解説編」のような「効く(効かせる)」というキーワードでサーブの考え方を纏めたものはこれまでなかったと思います。しかも、卓球サーブあるあるの「そうなんだよね〜」を現代卓球に合わせて有用なポイントに絞って解説し、1時間に纏めたことはスゴイと思います。