フレンドシップ729SPトラスト












投稿者:d.d.d

フレンドシップ729SPトラスト黒トクアツレビュー

●卓球歴12年シェーク裏裏攻撃型、学生時代県予選 
個人三位、団体優勝等。粘着ラバーは国内流通の物ほぼ使用。

●試打環境
使用ラケットアコースティックFL91g
ニッタク三つ星球
県内オープン大会優勝者含む30代〜60歳代の男子

●ファーストインプレッション
フレンドシップ729SPの日本製スポンジバージョン。軽めの個体選んだら97gでした。
中国製スポンジバージョン使用で世界選手権単、複、団体二連覇、またシドニーオリンピックで単複優勝してます。おそらくワンナン選手でしょう。一昔前の印象ですが、はたしてノングルーで、プラに合うか不安でしたが、探究心が購入させました。3割引きで2721円でした。
開封して拝見すると、スポンジ高度はネオキョウヒョウより少し柔らかい淡いピンク色です。気泡は小さめですが弾力を感じます。カチカチで擦っていく感じではなさそうです。シートは横目でやや粒間隔は狭く粒の高さは粘着らしく低めです。粒の太さは
テナジー25や、アルヘルグ、太陽のように太くもないです。かかりそうな予感に合わせてシートのテカリも良い具合で期待できます。

●試打
玉突きでは粘着の部類ではやや弾む方でした。カチカチでなく、響きは鈍感な方です。重さは、粘着テンションのイダテイのジップ厚塗り位でしょう。ジップを水で伸ばして薄塗りしましたが、食い込みが良いスポンジの為、厚塗りは不要と考えると平均的な粘着の重さです。

フォア打ち
面を立てて食い込ますことができる為、安定してワンコースフォア打ちができます。クセがやや少ないので扱い易いです。やや粘着テンション寄りな打球感です。

台上技術
やや柔らか目の為弱いタッチでも食い込み、またボヨン感もあまり感じずでコントロールし易いです。回転の影響も普段粘着使いの人ならば特に違和感なく使えると思います。
スイングスピードが早くて硬めの粘着使用時よりはキレないですが、水星ブルスポや、メイスブルーよりキリやすく感じました。
フリックは苦手というわけではないです。
台上ドライブは特別やりやすいという感じはなく普通です。昔のPF4等のラバーや硬めの強粘着を知ってる人には物足りないかもです。
やや粘着テンション寄りの高弾性粘着ラバーという印象です。

サービス
かなりキレます。国狂3程では無いですが、粘着テンションよりはキレます。投げ上げサーブで食い込ませるのがやりやすかったです。

ドライブ
ツッツキ打ちは粘着テンションのメイスブルーや、キングプロと似たような感覚です。硬く点で捉えられるラバーよりは持ち上げ難いですが、難なく打てます。
ドライブの安定感は、狂飆、天極よりは高いとすぐに感じました。スピードも回転で加速していきます。擦っても食い込ませてもという使い分けが容易で、出来ないことのないオールラウンドな性能があります。
 
●総評
技術全体を通してどれもソツなくこなせる、クセの少ない扱いやすい粘着。狂飆、天極が硬くてもう少し食い込ませたい人には使い勝手がいいと思います。水星ブルーを少し重くしてコシを強めたラバー。
このラバーへの移行はストレス少ないと思います。
私自身使い易さからしばらく使ってみたくなりました。アコースティックとの相性もバツグンで、オールラウンド且つ回転での威力も優れているように感じます。
国内流通の粘着ラバーは多く試しましたが、コスパもよく妥協無しで使えるラバーであると思います。
また認知度、使用率の低さからも優越感に浸れるのではないでしょうか。もう少し硬さやクセを求めて729SPの中国スポンジバージョンも試したいです。たしか藍色スポンジだったかな?だったらカッチョいーですね。