メイスプロブルー


















投稿者:はなこ
以前
ラケット:スワット
フォア:ヴェンタススピード(tsp)
B:スピネイト(ヤサカ)
以前粒高を使っていたので、バックブロックが得意でブロックから相手を崩すのが得意。今年の4月にフォア裏に転向したばかりで裏ソフトに関しては完全に初心者です。今回は初めて粘着を使います。

第一印象
なんか硬いです。
柔らかいラバーとは聞いていましたがそんな柔らかく思いませんでした。
もしかして「粘着ラバーの中では」だったのかも。
R:スワット
フォア面で使用です。
今回は
ヴェンタススピード(ドイツテンション)
キョウヒョウNEO2(従来の粘着テンション)
との比較もふくめます。

*攻撃技術全般
球持ちがよくドライブが安定して入るしかかる。でもって弾きも得意でした。
 
・ドライブ
球持ちがよくて弧線を描きます。
弾みを活かしたスピードドライブも粘着を活かしたループドライブも回転がゴリゴリかかります。
スピードドライブで相手のラケットを吹っ飛ばすほどの威力があります。(比喩ではなく、ホントに相手のラケットが吹っ飛びましたw)
ヴェンタスと比べて回転量が多く触るだけではボールが逃げていきます。キョウヒョウと比べると回転量は少し少なくなりますが、かけやすさと連打のしやすさなど総合力が高いです。
 
・スマッシュ
これはヤバイ…
キョウヒョウのような粘着が邪魔で飛ばしにくいなんてことはないです。
むしろやりやすいです。
飛び方も比較的素直なので。
そして威力。
ヴェンタスを遥かに上回るスピードと若干ナックルになったボールが相手のコートに突き刺さります。相手は反応ができずノータッチで得点できました。

*守備技術全般
バランスが良く操作性が良く感じました。
 
・ブロック
当たるだけで帰っていきます。
返球が非常に楽です。
 
・カウンター
カウンタースマッシュ、ドライブ、なんでもできます。
そしてカウンターで相手に倍返しして抜いていく。
最高ですw
 
・凌ぎのカット
入ります。カット用のラバーよりは回転が少ないですが、それでも相手はループであげる必要があるようで、苦労してました。
*台上技術全般
攻撃とは打って変わってよく止まりよく切れます。
台上の小技の心地よさが気持ちいいです。
 
・サーブ
切り方を覚えないとだめですね。
普通にのっけて擦るとかじゃ全くかかりません。
当て擦るくらいじゃないとかかりません。
しかしかかったときはテンションラバーでは出せないようなサーブが飛んでいきます。
このサーブを受けた部内最強のイケメンに「強くなった?」と聞かれました。サービスエースでしたw
ロングサーブは若干飛びすぎる気がしますが、慣れれば大丈夫。
 
・ツッツキ
はい。ブチ切れます。w
ツッツキ対ツッツキの練習でそんなにかけた覚えはないのにテンションラバーの相手がボトボト落としたり切れすぎてオーバーミスしたり。面白いです。Sじゃないです。どっちかというとMです←
・ストップ
よく止まります。
ツッツキを打つと見せかけて止めると相手が困惑してラケットが追いついていません。
ツッツキとの併用が良さそうです。
 
・フリック
パシッと弾けます。
柔らかいので硬いラバーには劣りますが十分な実用性です。

まとめ
・なんでもできる万能粘着テンション。
柔らかいのに威力が出るとはほんとでした。テンションを上回る威力が容易に出せたのはすごいと思います。従来の粘着よりも回転がかけやすいため、中級者や初級者には丁度良いです。

おすすめプレイヤー
フォア面には誰でも。バックには筋力のある方。
柔らかいので引き合いが非常にやりやすいです。

最後に。
MAZEproブルーは非常に高性能でしたが、一つ大きな欠点があります。
それは粘着がすぐなくなることです。
粘着がなくなると若干回転が減りました。
粘着初めてだったので僕のケアの仕方が問題かもしれません。
もともと粘着が触っても感じないくらいなのでよくわかりませんがw