和の極煉












投稿者:d.d.d
今回は使用感がとても良かった為、和の極み-煉-FLフォアに狂飆2とバックに999エリートカリスマスポンジを貼り打った感想を書いていきたいと思います。

フォアは固さがある為ボールとの接触面積が少なく点で打つような感じで初級者や軽打では弧線が上手く作れず棒球のなるのでコントロールが難しいと思います。しかし振れる人が使うと弧線がエグいボールを打つことができます。また強粘着でも回転受けづらく回転の影響を受けないです。そして硬い為にカット打ちがしやすいです。この三点だけでかなりの評価でした。特にドライブの弧線は相手コート深くに直角で落ちてるんではないかというくらいぶっ刺さりでなおかつバウンド後ホップしました。
ちょーキモティーとこころの中でつぶやきながらニヤニヤしてしまいました。

バックはフォアほど良いと感じませんでした。理由は、弾くぶんには良かったが、接触面積が小さく球持ちもそこまで良くないのでしなりを効かせたドライブを打ちにくい、ツッツキが直線的である為ネットミスが増えるというところです。
テナジー05を使用した時も同様だったので、バックは柔らかめのラバーがオススメです。999エリートは微粘着の為に欠点を少しカバーできます。

フォア95点バック70点と評価させていただきます。
和の極‐煉‐の詳細はこちら