エクステンド












投稿者:d.d.d
あー、卓球チョー気持ちいいー!病気により以前までの仕事が継続困難となり、現在は就活生活になりましたが、逆転の発想で、時間だけはあるし、主治医からも運動を続けるよう指摘されている為、週6日卓球してます。
今回は、メーカー発表値よりもよくスピンがかかると感じる人が多くいて、しかも使用者のサービスはブチキレだったりするラバーで、尚且つプロコーチも、良いラバーだと評価していた為、購入しました。
それではレビューさせていただきたいと思います。

●ファーストインプレッション
トクアツです。指でラバーを摘まむと比較的に柔らかく反発力も感じます。サラサラ系テンションシートに、目の細かいテンションスポンジです。軽量ですね。
●使用環境
現在私のヘビーユーズは和の極み煉FL87g、アコースティックFL92gに主にバック面で二枚使ってみました。
使用球はニッタク三つ星です。埼玉県南部で年齢老若男女幅広くやってます。
ファインジップ一回塗りです。

●使用について
和の極み煉のバックに使用。フォア面は999chn極厚赤です。玉突きの段階では深くボールが食い込み、木の音を感じます。コレはフラットに強打するとパッカーんと鳴る系の組み合わせだと経験より推測。ラケットはやや硬めの表面材を使用してますので、相性に期待しながら打ちました。
予想通りのバックフラット強打がコントロール良くできます。気泡荒いスピン系テンションではボールを持ちすぎて少し難しいボールでも気持ちよく弾けます。ずっとバック面気泡荒いスピン系テンションを使用してきた私でもスリップしてボールを落としたりすることは無かったです。
しかも台上技術が素晴らしいです。まず、ツッツキはブチ切ろうとしても、ボヨンとすることなく切りやすいし、実際切れます。これで持ち上げさせてーのバックでパッカーんとセットにできます。
ストップも小さく止めやすいです。
チキータは低く出る印象です。
バックブロックは、スピン系テンションよりは弧線が低い為ミスることがありましたが、直ぐ慣れていつもより弧線が低い為に決定打になりやすく、とても好印象でした。

●まとめ
気泡小さめラバーの中では弧線が高くスピンが良くかかる。軽い。
サービスキレる。
フラット系打法が得意。
ブロックの弧線が高すぎず低すぎない。
回転の影響をスピン系テンションよりは受けない。
ラケットとの相性では、プラボールでも全然アリだと感じる人が多い。
比較的安い。
デメリットとしては当たり外れが多い事と寿命が長くないことくらいですかね。
私や、プロコーチの意見を倒してレビューしました。皆様のニーズにハマる内容でしたら本当にオススメします。
アコースティックとの相性はこれからじっくり使用してレビューさせていただきたいと思います。