ハッドロウ













投稿者:ザーシー

ハッドロウJPV-S(Butterfly)

◆自己紹介
・卓球歴 10年
・戦型 普段はペンドラ+粒高ですが、時々シェークも使います。

◆試打環境
・使用ラバー
テナジー05
テナジー64
テナジー80
ラザントパワーグリップ
ラザントビート
プラクソン450
レイストーム
ラクザPO
スペクトル

・比較ラケット
柳承敏G-MAX
ハッドロウリボルバー
大和S
WFSハイS
バーミンガム77
吉田海偉

◆第一印象
ハッドロウJPVはバタフライの日本式ペンホルダー(日ペン)です。
板厚7.1mmの木製5枚合板で、ブレード形状は角型(S)と角丸型(R)の2種類があり、それぞれ寸法は角型/163×135mm、角丸型/161×141mmとなります。
日ペンはペンドライブ型選手が檜単板のものを好んで使用している傾向がありますが5枚合板や7枚合板のものも各メーカーが少なからずラインナップしています。
全体的にペンホルダーが少ない中でも日ペンはほとんど見かけなくなり、特に木材合板の日ペンはとても貴重な存在になってきています。
私も檜単板や中国式などは使用する機会が多いですが、5枚合板の日ペンは久しぶりに試打するので個人的に楽しみです。

◆攻撃系技術
打球感はソフトで球持ちが良く打球のコントロールがしやすいです。
檜単板はソフトな中にも独特の打球感が存在し何とも言葉には表し難いのですが、5枚合板のハッドロウJPVは素直なソフト加減で使う人を選びません。
シェークで言うところのコルベルに近い感覚です。
またスペックから想像していたよりも弾みは強く5枚合板の中では打球に威力が出しやすい部類だと感じました。
ペンドラは檜単板というイメージが強いですが5枚合板の方が使いやすさは上回り、年齢も問わず万人受けするラケットだと思います。
檜単板は一発で決めにいく時には特殊素材ラケットにも負けない威力を出すことができます。
またチャンスメイクまでの粘りの際には軟らかいボールタッチで様々な技術をカバーできます。
しかしこの極端な性能を引き出す為にはその場面ごとの微妙な力加減や緩急をつけたスイング、フォアとバックの両サイドをカバーする抜群のフットワークが必要となります。
私自身も檜単板は長く使っているつもりですがまだまだラケットの性能を引き出せておらず、十分に使いこなせる段階には遠いです。
対して5枚合板のハッドロウJPVは威力の最大値こそ檜単板には劣るものの、一定の弾みの強さを安定して引き出すことができ、尚且つショートやブロック、台上などのコントロールもやりやすいです。
私個人の感想としましては、理想では10mmの板厚で90g台後半の檜単板を使用してドッカンドッカンドライブを打ちまくるペンドラを目指したいですが、現実ではハッドロウJPVのような安定性の高い5枚合板を使用してショートやプッシュで粘るスタイルが懸命だと痛感しました。
またハッドロウJPVは幅広い球種のドライブが出しやすい点も好印象でした。
パワードライブの一発の威力は檜単板の柳承敏G-MAXや特殊素材のハッドロウリボルバーに劣るものの、ループドライブやカーブドライブ、シュートドライブなどの多彩な回転のドライブが安定して打つことができました。
檜単板も球持ちは良いですが弾みも強いのでループやカーブなどはあらぬ方向に吹っ飛ぶこともありますが、ハッドロウJPVは球持ちの良さからボールにしっかりと回転をかけることができ多彩な回転のドライブを安定して打つことが可能です。
一発パワードライブの威力重視なら檜単板、ループやカーブなどの回転のバリエーション重視なら5枚合板がそれぞれ適していると思います。
 
◆守備系技術
当てるだけのブロックはボールをしっかりと掴み、不意に落っことすこともなく安定して返球することが可能です。
またサイドスピンブロックや面をやや被せ気味にして回転をかけたブロックも相手の球威をうまく抑えてコースを狙って返球することが可能です。
ただよく言えば安定していますが、悪く言えば相手にとって打ちやすいスピードで返球されてしまうので、なかなか主導権を奪うことは難しいです。
相手の強打を上手くブロックしているつもりが、逆に相手にブロックさせられている状態になっていることもしばしばで粘りすぎが仇となるケースも多いです。
ブロックする場面になった際には、粘るよりもカウンターなどで形勢逆転を図るほうが懸命かと思いました。

◆台上
バックハンドショートやプッシュの安定性が高く、バックサイドでのラリーでも強気でプレーすることが可能です。
片面にラバーを貼ったペンのバックサイドでは、ショートやプッシュでのラリーだと、シェークなどのバックドライブに押されてしまっているという焦りからミスに繋がってしまうことが多いです。
しかし実際にはショートやプッシュで粘り切ることで相手を逆に追い詰めているケースも多いので、無理な打球でチャンスを作ろうとせず安定したラリーを続けることが点に繋がる場面が多いです。
そういったバックラリーでの粘りの場面ではハッドロウJPVの安定性が発揮されます。
ツッツキやストップもコントロールしやすく、ペンドラの必須技術である下回転サーブからのストップやダブルストップへの展開に強いです。
檜単板ラケットその高い威力と引き換えにストップ系の技術が浮きやすく致命的なので、ここをクリアすることが必須の課題となります。
しかしハッドロウJPVはストップ系技術が強いので強打の威力を向上させれば、ある意味では檜単板よりも得点しやすいかもしれません。

◆サーブ、レシーブ
球持ちが良いのでテナジー64やプラクソン450などの弾みが強いラバーでもしっかりと回転をかけることが可能です。
片面ラバーのペンはサーブレシーブは勿論ドライブやブロックなど全ての技術を1枚のラバーでカバーしなければならず、特にペンドラは一発の威力を重視するのでサーブのやりやすさは二の次になってしまいがちです。
しかしハッドロウJPVは球持ちが良く回転がかけやすいのでラバーのタイプを問わず様々なサーブを放つことが可能です。
またペンドラはレシーブが最大の課題の1つで相手のどんなサーブに対しても1枚のラバーで対応しなければなりません。
相手の下回転に対するストップからのダブルストップやトリプルストップ、バックサイドへの深くて早い下回転サーブなど、ドライブを封じる為のサーブを繰り出されるので常にそのサーブに対するレシーブを練習しなければなりません。
そのレシーブのほとんどは威力ではなく安定性を必要とするケースが多いので球持ちが良くコントロール性能が高いハッドロウJPVはレシーブからの展開にも強いと思いました。
フォア前ショートへのフリックやストップレシーブからのストップラリー、バックサイドへの深いツッツキでのラリーなど、様々な場面でハッドロウJPVの安定性が心強いと感じました。

◆その他 
振るバックハンド系の技術は片面ラバーのペンには必須となってきており安定性と威力のバランスが非常に難しいところです。
檜単板では決まればシェーク以上の威力あるボールを打つことが可能ですが、やはり安定性に欠けるため多大な練習量を必要とします。
ハッドロウJPVでの振るバックハンドは球持ちが良いためスイングさえしっかりしていれば安定して相手コートにボールを打ち込むことが可能です。
またロビングやフィッシュなどもボール掴んで投げるような感覚で返球することが可能です。
威力を出すことは難しいですが振るバックサイドの高い安定性もハッドロウJPVの見逃せないポイントです。

◆おすすめプレーヤー、ラケット構成
日本式ペンホルダーで檜単板が合わない、またはより安定性を重視する方におすすめです。
スピン系テンションを貼っても球持ちが良いので十分にコントロールすることが可能です。
檜単板は一発の威力と状況に応じた安定性が魅力的ですが使いこなすには相当な技術と経験が必要なので、木材ラケットながら使い手を選ぶラケットです。
対してハッドロウJPVは球持ちが良くプレー全体に安定感を出すことができるので使い手を選びません。
1枚のラバーで全ての技術をカバーしなければならない片面ラバーのペンにとっては安定性は見逃せないポイントだと思います。

◆まとめ
5枚合板の日ペンの新たなポテンシャルを感じさせられたとても有意義な試打になりました。
私個人としましてはペンドラ=檜単板という固定概念に囚われる余り、威力ばかりに目が行っていまい安定性を二の次にしていたことを痛感しました。
安定性こそが万人にとっては一番の味方になるのかもしれません。