ラザンターR47








投稿者:バルサミコ

[自己紹介]
  今回から新しいフォームでの投稿ということで多少やり辛さを感じるとこではあります。
  今後もレビューする用具に適した打法、適さない打法や戦術等、用具の使い心地にのみ着目するのではなく、実際に試合で使った際のシチュエーションをイメージできるように考察をしていきます。

[レビューする商品名]
  ラザンターR47

[使用環境]
  R:ティモボルスピリット
  FR:ラザンターR50
  BR:ラザンターR47
  両面ウルトラマックス
  ball:ニッタクJトップ

[はじめに]
  二連続でラザンターシリーズのレビュー。エボEL-Sからの乗り換え。
  一言で性能を言うなら「楽」。楽しいという意味でも楽をできるという意味でも、どこからでも強い一撃が打てる。主にバックでの使用。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  フォア・バック共に軽打〜強打全てにおいて弾道がべローンとした印象。確かに弧線が描けるが、どこか低い。低めの弧線を描けるというのはラザンターの特長その(1)か。しかし、何をしようにも同じような弧線しか出ない。
  実はこれはラザンターを評するにあたりプラス評価である。フォアカウンターでは弧線特長が顕著に出ており、中打までなら安定性が高い。しかし、ゴリゴリに練習している人が打つような威力溢れるぶち抜き系のボールに対してはいくら振ってもネットを越えなかった。スイングスピードが遅いのではと思われるかもしれないが、そもそも本職が粘着であり、普段カウンターできてるボールである。キョウヒョウやEL-Sやオメガ等では悠々とカウンターできるが、どうもラザンターではできない。それもR47、R50共にできなかった。食い込ませても、食い込まさなくてもシート負けしやすいようで感覚としても使いづらい。といってもあくまでフォアカウンターに関してだけで、ブロックで押していったりできる為他の技術での代用は可能。
  バックでのカウンターは逆にシートが柔らかい為、対強打であってもやりやすさを感じる。
  なぜフォアで落ちてバックで落ちないのかというのは私の中で論点であるのだが、あくまで仮説だが練習相手がシュートタッチ系のフォアドライブであり、フォアサイドはボールが沈み、バックサイドはボールが浮く特長がある選手であることに起因すると考える。フォアでのカウンターしようとしていたボールはスピンが強くバウンド後にネットより下に沈みこむ為、低い弧線を描くラザンターの性能から持ち上げることが困難になっていたのかもしれない。となればラケットの上側に当てるようなカウンターであれば安定して入るため、張本君のようなスマッシュ系カウンターは有用であると言えよう。
  ドライブに関しては至って普通にやりやすい。安定感を持ってかけ続けることができる。しかし練習相手からするととりやすいくらいとのこと。回転の緩急も飛びやすい分付けにくく、回転変化のラリー志向タイプというよりかはボールスピードでラリーの主導権を握るタイプに適していると言える。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  全般的に使いにくい。
  R47と硬度が低く食い込みやすいのもあってかブロック、ストップ、ツッツキ共にオーバーミスをしてしまう。
  これまで前に振ってこれらの技術を習得してきたタイプの人は非常に難儀するのではないか。
  R50でも書いたが前に振らないように気を付けないようにしないと難しいのではなかろうか。
  軽くシートでいなすような使い方ができる人は他のテンションラバー同様に使えるだろう。
  シート自体柔らかいのもあって、ツッツキの最大回転量もそこまで。
  しかし一発を打たれないように切る位は可能であった。
  守備技術で唯一推せるのはプッシュ系のカウンターブロック。
  球離れが思いのほか遅く、狙ったところに弾きやすい。ただあくまで飛びやすいため、強い一発を打たれた際迂闊に当てるだけだとオーバーミスを誘発される。
  守備技術に関してはやはり飛ぶラバーに慣れている人でない限りはウルトラマックスでの使用は控えた方がいいと考える。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブはこれまでの印象とは打って変わって、短く低く切る等やりやすい。最大回転量は小さいものの思い通りのサーブを出すことができる。長いサーブも全般的にやりやすい。

  レシーブにおいてはフリックや流しがしやすく、前に振らなくとも飛ばすことができるため、横系のモーションを入れた系統のものは大方高い質を維持したまま安定して入れることができる。おそらく流し系のレシーブのやりやすさはこのラバー最大の特長といっていい。「低く奥になかなかのスピードで送ることが安定してしやすいラバー」というだけでレシーブが苦手な人が使う理由になると思う。
  チキータに関しても回転をかけるだけで上から叩かれにくい弾道の、それでいてスピード感のあるボールを出すことができる。

[おすすめな方]
  テナジーユーザー・キョウヒョウのヘビーユーザーには薦められないが、他のドイツ系やバタフライの非テナジーユーザーで回転とスピードのバランスをとりつつ、ラリースピードを求める選手にはオススメ。
  ラザンターはラザンターとしての性能を持ち、他とは比較することが決してできない独自のものを持っている。
  「悪いレビューを見たから」「動画で使ってる人が上手いから」と安直に拒むのではなく、一度誰かに借りてでもいいから打ちこんでみることをオススメする。

[まとめ]
  ここからは二枚のラザンターを使ってみて感じたことをまとめる。
  これまでに無い弾みで、これまでにないかけやすさ、そしてこれまでくらいの回転量を持つラザンターは他には無い性能であるが、私の使った回転系R50、R47の中でもバックに張ってみてバランスが良いのはR47であった。
  それにしてもEL-Sでやるようなフォームでいつも通りかけてみても飛びが強く、実践向けとは感じられない。2か月程度練習を積んで、飛ばないようなフォームをマスターしなければ試合で思うようには使えないだろう。
  しかし、フォーム調整をしていくと気付けば強いボールが連発できるようになっていた。基本性が高い故に使いこなせた際のボールは一級品といった、テナジーのような際立った性能でプレイヤーを上達させることができるラバーという一面がある。練習頻度を維持できない私としては2回くらい打ってみては他のラバーに戻るといったように天邪鬼な使い方をしているが、ラザンターで打法調整をした後にEl-Sに戻ってみると想像以上に感覚がいい。
  ラザンターでぶち抜く、擦る感覚でEL-Sで打ってみたところこれまでにないスピード、回転量を出すことができるようになった。おおよそラザンターで飛ばさないように飛ばすスイングに矯正されたため、これまで使っていたラバーでもより振れるようになったと考えられる。故にしっかり練習してラザンター向けのフォームを全ての技術において作る余裕が無い方の場合は、ラザンターで飛ばさずして強いボールを打つ方法を体得し元のラバーに戻るといった使い方の方がいいかもしれない。欲しい技術のレベルを上げるためにラザンターを使うことをオススメする。よくラバーレビューで私が使う「修行用ラバー」としての側面もラザンターは十分に持っていると言っていい。
  そして感覚が悪くなれば再びラザンターに戻るなんてのもありで、いつでも立ち戻れる扱いやすい修行用ラバーなんてのもなかなかいいかもしれない。勿論ラザンターで好感触、試合でも使いやすいというならばそのままの使用が一番良いと思う。
  こうしたラザンターで打った後に前のラバーに戻ると調子が良くなるといった現象はラザンター双方で感じているが、より感じやすいのは中打の飛びが良く、適度な固さであるR47だと考える。
RASANTER-R47【andro】の詳細はこちら