ラザンターV47








投稿者: ザーシー
[自己紹介]
  ◆自己紹介
  ・卓球歴 10年
  ・戦型 普段はペンドラ+粒高ですが、時々シェークも使います。

[レビューする商品名]
  ラザンターV47 ULTRAMAX 赤

[使用環境]
  ・使用ラケット
  柳承敏G-MAX
  吉田海偉
  ワラック-CH
  ガレイディアリボルバーR
  和の極-蒼-ST
  SK7-ST
  ティモボルALC-ST
  ワルドナーセンゾーカーボン-ST

[はじめに]
  ラザンターV47はandroから発売されている裏ソフトラバーです。
  以前書かせて頂いたラザンターR47のレビューにラザンターシリーズについての特徴などを書かせて頂いたのでそちらも読んで頂けますと幸いです。
  ラザンターR47と同じようにラザンターV47ももちろん「UMテンションラバー」です。
  androが提唱する新しいタイプのテンションラバーです。
  またルール規定ギリギリの厚さ2.3mmまでスポンジを厚くした「ULTRAMAX」というスポンジの厚さ表記も新しい試みです。
  さらにトップシートのグリップ力を強化し、加えてシートを薄く設計することでよりボールが食い込むようになりました。
  スポンジは厚くシートは薄く、さらにグリップ力も強化されている点がラザンターシリーズの大きな特徴です。

  ラザンターは特徴の異なる2種類のシートによってはスピン特化のRタイプとスピード特化のVタイプのに分類されます。
  今回試打したラザンターV47はスピード特化のVタイプです。
  スピン特化のRタイプのシートと比較すると、スピード特化のVタイプのシートは粒が細く、その粒と粒との間隔が広くなっています。
  またシートを触った感触もR47よりもV47の方が軟らかく感じました。
  ラザンターV47はそのスピード特化のVタイプのシートにややハードな47°のスポンジを組み合わせています。
  スポンジ硬度が同じで、シートの違いによってスピン特化とスピード特化に分けている点はさながらテナジーで言うところの05と64の特徴と同じです。
  邪推かもしれませんがアンドロが本気でテナジーを意識してラザンターをぶつけてきていることが伺えます。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ・基本打ち
  基本の素早いラリーの中でもボールがシートにぐいっと食い込んで、1球1球毎にしっかりと掴んでから飛んでいく感覚が手に伝わってきます。
  ラザンターシリーズはR50、R47ともに回転重視でグリップ力が強く、しっかりとボールを掴む感覚がありました。
  今回のV47はその掴む感覚に加えてシートにボールがしっかりと食い込むので、Rタイプのラザンターよりもボールをがしっと掴むようなイメージの打球感になります。
  またスピード特化なので弾みは強く軽打のつもりでもかなりの速度の打球になります。
  弾みが強いと言えば扱いにくそうなイメージを持たれるかもしれませんが、V47はボールがしっかりと食い込んで掴むのでコントロール性能が非常に高いです。
  よって強い弾みをと高いコントロールを両立した理想的なボールを打つことが可能です。

  ・ドライブ
  ボールがシートによく食い込むので素早いスイングでぐっとボールを掴んで強力な回転をかけることが可能です。
  弾道は直線的で打球のスピードは速く、相手コートに深く沈み込みバウンド後は大きく跳ね上がるので相手の体勢を大きく崩すことが可能です。
  またドライブのコントロール性能が高いことも優れている点です。
  球持ちが良くドライブに安定感が増します。
  とくにバックドライブは食いこみが良いのでボールにシートを厚く当てて素早くスイングすることで強力なドライブを安定して連続で打つことが可能です。
  ペンの裏面ドライブはかなり安定するので裏面練習中の方にぜひ試して頂きたいです。
  擦るドライブもグリップ力が強く強力な回転ではありますがR47と比較するとやや弾道の弧線が低いドライブになります。

  ・スマッシュ
  がしっと掴んでから投げるようなスマッシュになります。
  ラザンターシリーズのスマッシュはどれも掴む感覚がありますが、V47はより掴む感覚が強く、重たいボールを相手コートに打ち込むことが可能です。
  硬いシートでバチっと弾くようなスマッシュを好む方にはやや球持ちが良すぎるように感じるかもしれません。
  ドライブ同様にボールの安定性が高いので、コースを突いた強力なスマッシュを連続で打つことも可能です。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ・ブロック
  当てるだけのブロックは回転の影響は少ないものの相手強打の勢いに影響されやすいです。
  サイドスピンブロックなどの回転を加えるブロックは相手の勢いをうまく利用して返球することが可能です。

  ・カウンター
  相手の勢いを上手く利用した強力なカウンターを打つことが可能です。
  R50やR47のカウンターは相手の回転よりもより強い回転をかけ返すというイメージのカウンターになりました。
  V47はぐっと強く食い込ませて、相手ボールの勢いを自分のカウンターの威力として上手く利用したようなイメージのカウンターになります。
  自分のスイングでカウンターの威力を上げたい方にはR50やR47を、相手の球威をうまく利用して跳ね返すようなカウンターが得意な方にはV47をおすすめします。

  ・ロビング
  ボールをしっかりと掴むので、ボトッと落とすことなく大きい弧線を描いたロビングを打つことが可能です。
  特にバックハンドでのロビングに飛距離が出しやすい点はバック側に大きく下げられた時に非常に助かりました。

  ・カット
  ボールにラバーを厚く当てて切り下ろすブチ切れカットがやりやすいです。
  ボールも飛距離がでるので大きく下げられた場合でのカットも安心して打つことが可能です。
  台から近いところでのカットはややオーバーしやすいので注意が必要です。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ・ストップ、ツッツキ
  弾みが強いのでストップはやや浮きやすく感じました。
  またツッツキはシート表面で薄く擦るよりも、シートを厚く当てて回転をかける方が安定性も高くてやりやすいです。

  ・ショート、プッシュ
  ラバーがボールをしっかりと掴むのでショートやプッシュは落とすことなく連続して安定感のあるボールを打つことが可能です。
  またプッシュはスピードがかなり速くプッシュでコースを突いて得点することも可能です。

  ・フリック、チキータ
  フリックとチキータも薄く擦るよりも厚く当てて回転をかける方がやりやすかったです。
  ただ厚く当てすぎるとネットに引っかかったりオーバーしたりするので注意が必要ですが、慣れれば安定感のあるチキータやフリックをラリーの早い段階で打つことが可能です。

  ・サーブ
  厚く食い込ませて回転をかけるサーブがやりやすいのでスピードロングやサイドスピンサーブなどの相手の体勢を大きく崩すサーブがやりやすいです。

  ・レシーブ
  バックハンドでのチキータやプッシュなどの台上で相手サーブを強く打ち込むレシーブがやりやすかったです。
  逆にストップやツッツキは角度の調節がやや難しかったので注意が必要です。

[おすすめな方]
  食い込ませて回転をかける技術を軸にプレーする方におすすめです。
  スピード特化のVタイプのシートがボールをしっかりと掴んで食い込ませるので安定性と威力を両立した強力なボールを打つことが可能です。
  ボールに飛距離が出るので、台から大きく下がったり台上でチキータなどの回転をかけたりと縦横無尽に大きく動き回る戦型の方におすすめです。
  またバックハンドの技術が全般的にやりやすいのでバック側のラバーに悩んでいる方にもおすすめです。

[まとめ]
  ラザンターシリーズはスポンジ硬度だけでなくシートのタイプによって様々なバリエーションが用意されており自分に適したラバーを選びやすいです。
  今後はラザンターやテナジーのようなバリエーションが整理されたラバーが増えると思われます。
  ユーザーが用具を選びやすくなれば卓球の面白さはさらに広く浸透すると思います。
RASANTER-V47【andro】の詳細はこちら