リベリオン











投稿者:ぬりかべ
der-materialspezialist社 REBELLION(赤・OX)レビュー
 ※幻守L中国式に貼って試打しました。裏面は太陽PRO極薄ブルースポンジ(黒)です。

1.ざくっとレビュー
  攻守ともに安定感が抜群に高く、自在に変化をつけられる、万能型粒高ラバー。

2.第一印象
 粒の半径はやや大きいように思います。粒の密度は比較的高め。表面にはわずかに粘着があります。重さは、パッケージ込みで50g→カット前24g→カット後17g(グリップの根元まで貼りました)。
 球突きをしたところ、打球感はSUPERWALLよりやや柔らかい程度。やや硬いが硬すぎず、というところでしょうか。

※以下の点数は、すべて「粒高として」の点数です。
3.攻撃技術
 プッシュ 9点
 スマッシュ 8点
 ドライブ 9.5点
 REBELLIONの攻撃時の特徴は、「粒表面の摩擦力が高いので、自分から回転を加えることができる」ことですね。そのため、回転を加えて弾道を弧線にすることが可能になり、ドライブやプッシュでは打点を落としてもまずまずスピードのあるボールを入れることができます。そのため、攻撃全般の安定感が非常に高く、「威力のあるスマッシュやプッシュが難しい」という低いボールに対するつなぎが「入れるだけ」にならず、スピードやコントロールの伴った質の良いつなぎが可能です。
 プッシュに関しては、自然と大きな変化が出るわけではありませんが、強く弾いて相手の回転を残して揺らしたり、サイドスピンを加えてボールを曲げたりと、打法によって多彩な変化が出せます。先述した通り自分から回転を加えることもでき、低いボールやナックル性のボールに対して弧線を作れるため、安定感は抜群に高いですね。スピードは「まずまず速い」という程度ですが、短いボールをたいへん出しやすく、緩急のつけやすさも秀逸です。プッシュのスピードで勝負するタイプよりも、コントロールや変化、緩急でミスを誘うタイプに向いているかと思います。
 スマッシュは、粒が硬いので粒が不規則に倒れることがなく、かなり打ちやすいように思います。また、粒の摩擦力を生かして前進回転をかけることができ、弾道も安定します。そのぶん球質は素直ですが、コントロール性能が抜群なので、威力で決めるよりもコースで決めるのに適しているかと思います。
 ドライブでは、先述した通り粒表面に粘着性があるため、他の粒高のようにボールがスリップして落ちることがありません。球持ちがよく、ドライブのかけやすさは粒高の中では抜群ですね。先述した通り弧線を描くことができるため、打点を落としてもドライブが入ります。回転量がさほどあるわけではありませんが、つなぎのドライブもでき、頂点をとらえて決定力のあるボールも打てるため、自在性が高いといえます。

4.守備技術
 ブロック 9.5点
 ツッツキ 7.5点
 カウンター 8.5点
 ブロックでは、攻撃時の印象からは想像できないほど低弾性になり、短く低く止まります。一見オーバーしそうなボールがエンドライン際で失速して入ることもしばしば。また、スピードがたいへん遅く、練習相手(社会人のドライブマン)が「遅すぎてタイミングが合わない」とこぼしていました。当てるだけではだいたいナックル性のボールになりますが、ラケットの先の方に当てて切り落とすと下回転が強くかかり、回転の緩急を大きくつけることができます。軽く押すと、相手の回転を残して揺らすこともできます。2バウンドブロックも簡単で、前後の揺さぶりがかなりしやすくなっています。当てるだけで自然に変化が出るタイプではありませんが、自分から変化をつけに行く技術を持っている選手であれば、相手をかなり揺さぶれるのではないでしょうか。
 カウンターでは、粒がそこそこ硬く、かつ摩擦力が高いので、ループドライブを上から叩いてもボールが落ちることなく入ります。このカウンターは、スピードはあまり速くありませんが、相手の回転を残すために変化が大きく、決定力はかなり高めです。また、粒のプッシュのようなナックル性のボールに対しても回転をかけて打ち返すことができるため、カウンターの安定感はかなり高めです。
 ツッツキは、弾みが抑えられていることと粒表面に粘着性があることから、ある程度回転をかけることができます。さすがにネットミスを誘えるほどの回転量はありませんが、短く止めることができるため、同一モーションからのプッシュとツッツキのコンビネーションで、長短と球質の緩急をつけてかなり相手を揺さぶることができるかと思います。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 レシーブ 9点
 台上技術 8.5点
 レシーブに関しては、他の粒高と比べて若干回転の影響を受けます。しかし、ブロックと同様に弾道が低く弾みが抑えられているためオーバーミスの心配がほとんどなく、レシーブはむしろ安定感が高いと感じました。一般的な粒高はナックルサーブへのレシーブが単調になりがちですが、このラバーは回転をかけて返すことができるため、他の粒高よりもナックルサーブに対するレシーブがしやすいと感じました。ブロックやプッシュのところで述べたように自然と変化が出るわけではありませんが、短く止めたり、強く弾いて相手の回転を残したり、プッシュで打ち抜いたりと自在性はかなり高めですね。
 台上技術では、フリックは擦るように打ってもボールが落ちないので、安定感はかなり高め。多くの粒高は頂点をとらえないと入りにくいのですが、これは多少打点が落ちても入ってくれます。ストップでは短く低く抑えることができ、さらに少し切るができるので、今までに使った粒高で最も好感触でした。リフトもかなり安定感がありますが、他の粒より回転がかかるため、変化はやや少ないように感じました。

6.お勧め構成
 やりにくい技術がないため、貼るラケットの選択肢はかなり広いように思います。ブロック主体の選手なら幻守Lや極守兇里茲Δ肪討澆鰺泙┐燭發里髻攻撃を多用したい選手は和の極みのように弾みのあるものをと、やりたいプレーに合わせてラケットを選んでよいかと思います。強いて言うなら、REBELLIONの良さである粒の摩擦力を生かすために、球離れが良いものよりも球持ちの良いラケットを選ぶと良いでしょう。

7.どんな人にお勧めか
 攻守ともやりにくい技術がないので、守備重視のペン粒でも攻守型のペン粒にもお勧めできます(もちろんシェークの異質型にも)。
ユーザーも、扱いやすさを重視して初心者に使わせるも良し、自在性を生かして中〜上級者に使わせるも良しと、ユーザーを選ばないように思いました。
 ただし、先述したように当てるだけで大きな変化が出るわけではないので、このラバーの真価を発揮させるには、自分から変化をつけにいける中〜上級者が使う方が良いかと思います。

8.総合評価
 ペン粒で攻守を行う中〜上級者が使うには、安定感と自在性が抜群に高いので9〜9.5点をつけて良いかと思います。守備中心の選手でも同じくらい高い点をつけて良いかもしれません。シェーク粒の選手が使うぶんにも同様です。
 扱いやすさが抜群に高いことを考えると、粒初心者が使っても8〜8.5点をつけて良いかと思います。

9.ラバーの手入れについて
 粒の粘着力が落ちても十分に使いやすいのですが、ラバークリーナーをかけて粘着力を復活させると、カット性ブロックの切れやドライブの引っ掛かりが良くなるように感じます。好みの問題ではありますが、私は手入れをしっかりして、粘着力のある状態を保った方が使いやすいように思いました。

10.その他
 der-materialspezialist社と言えば、トランスフォーマーやL.S.D.あるいはプレデターのようにかなり尖った性能を持っているものが多かったのですが、REBELLIONはすべての性能が高いレベルでバランスが取れていますね。つい、先日のセールで大人買いをしてしまいました。

REBELLION【der-materialspezialist】の詳細はこちら