V15エキストラ














投稿者:無双

[レビューする商品名]
  V15エキストラ

[使用環境]
  R:SK7クラシック
  F:V15エキストラ
  B:V15エキストラ

[はじめに]
  硬いテンションラバーで回転がかかるという印象でしたが実際はそんなに硬いわけではなく中間硬度くらいだと思います。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ☆フォアドライブ
  掴む感覚が強くて簡単にボールが持ち上がります。
  ですが掴む感覚が強い=回転量というわけではありません。
  下回転に対してドライブを打つとグリップ力が強いので簡単に入りますがスイングスピードが遅いと棒球になりやすいです。
  回転量を気にしないで入れば関係ないという考え方の人ならスイングスピードが遅い方でも良いと思います。
  逆を言えば回転量があるボールとほぼ無回転のボールを打ち分けたいって方にはもってこいのラバーですね。

  ☆バックドライブ
  フォア同様にグリップ力があるのでドライブはやりやすいです。
  バックはフォアと違い腕のしなりなどを簡単に使えるので回転量が出しやすいです。
  それに硬いラバーなので威力も出ますが打球感はそんなに硬くはないので打ってて気持ちがいいです。
  個人的に硬いラバーは苦手でましてや両面に貼ることはなかったのですがこのラバーは両面に貼っても打球感が硬くなかったです。



  ☆スマッシュ
  硬いラバーなのでかなり飛ぶのかなと思いきやスマッシュは大人しめで掴んで飛ばすという感じです。なのでスピードはそんなに速くないですが安定があります。

  ☆カウンター
  このラバーの1番やりやすい技術。
  それがカウンターです。
  相手のボールの威力に押されず回転+スピードが両立していてまさに丹羽選手かのようなカウンターがどんどん決まりました。
  他のラバーとの違いは回転量があるボールを相手が打ってくれれば基本どんなラバーでも人が上手ければカウンター出来るのですが中級者くらいであると相手の回転量がなくて落としてしまったり対応できなくなってしまうケースが多いのですがこのラバーは大げさに言うと表の角度打ちに対してもしっかりカウンタードライブができます。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ☆ブロック
  スポンジがしっかりしてるので相手のボールに押される心配がなく安定したブロックが入ります。

  ☆ツッツキ
  ストップがかなりやりやすかったです。
  台上で3バウンドするくらいのストップが試合中に何度も出せました。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ☆サーブ
  投げ上げサーブをしなくても十分にきれたサーブが出せます。
  特に巻き込みサーブはかなりの好感触でした。

  ☆フリック
  スマッシュ同様弾く系の技術は少し大人しいです。
  パーンと行くよりは安定してコースを突いてはらったり流しフリックの方がやりやすかったです。

  ☆チキータ
  もうみなさん分かると思いますがチキータは…簡単に入ります。
  グリップ力があるので相手の動きを見て逆を突いたりなど高度な技術が可能になります。

[おすすめな方]
  スイングスピードが速くて速いドライブを打ちたい方。
  又はスイングスピードが遅くても3球目など攻撃技術をしっかり入れたい方。
  スピードドライブも打つしナックルドライブも使いテクニックで勝ちに行く方。

  このような選手に向いてると思います。

[まとめ]
  このラバーは硬いラバーですが打球感は柔らかいという柔らかいラバー好きにはありがたいラバーです。
  硬いラバーの方がサーブはきれるしブロックも相手のボールに押されにくいので硬いラバーを使えるなら使いたいのですがやはり打球感の問題が出てきます。
  ですがこのラバーは柔らかいラバーが好きな私でも無理なく使えて打球感もマイルドでとてもお気に入りです。

  なので私みたく硬いラバーは苦手で柔らかいラバーを使用してる方は是非オススメです。

[補足]
  このラバーの打法はほぼ真上を擦るようなスイングで打つとかなりのスピードが出ます。
  平岡監督が言ってるAA理論『アキュートアングル』の打ち方ですね。
  丹羽選手はほぼ真上を打っています。これはほぼ入射角がゼロに近くかなり鋭角に捉えているのでボールが初速から相手のコートに入るまでどんどんスピードが上がり豪速球が出ます。