ヘルキャット











投稿者:レッサー
[自己紹介]
  卓球歴9年の大学生です。戦型はシェーク裏表の異質攻守です。高校時代は県32くらいでした。
[レビューする商品名]
  HELLCAT(der-materialspezialist)
[使用環境]
  1.5mmを主にバック面で使用しました。
[はじめに]
  シートに光沢があり、粒の高さは一般的な表ソフトと同じくらいですが粒が円柱形で、粒に布目がありません。
  見た目から普通と違ったラバーだなあというのが伝わってきます。

[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブ……やりやすいです。ひっかかりがあるので面を垂直にして上に振り上げたらだいたい入ります。また裏ソフトとリズムが違う分、慣れていない相手はこれだけで点になります。しかし当然裏ソフトほどスピードも回転量もないので、前陣で打つことを意識しましょう。
  スマッシュ……回転の影響を受けない分やりやすいですが、スピード系表ほど速くないので、スマッシュで点を取る方は別のラバーを使った方が良いでしょう。

[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック……弾みがない分やりやすいです。滑るような球が出て相手が嫌がっているのがわかります。カウンターは面を垂直に押し込むように打つのが良いでしょう。かぶせて回転をかけに行くカウンターをするとネットに直撃します。カットショートは速いドライブに対してすると吹き飛んでいくので、ループドライブに対して使うのが良いでしょう。下回転はあまりかかりませんが、より滑り、よりナックルになったボールが飛んでいきます。
  ツッツキ……回転がかからないので、入れるだけのツッツキだとある程度実力のある相手には一発で打ち抜かれます。やっすんさんの解説するように速くまたはコースをついて打つことでチャンスにつながります。
  カット……本職ではないですが、入れるだけならばしやすいです。ですが棒球になるので、下げられた後の最後の粘りとしてですね。本職がやったらどれくらい回転がかかるか知りたいです。

[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ……一応やってはみましたが、当然切れたサーブは出ません。片面ペン表以外の方はおとなしく裏ソフトで出しましょう。
  レシーブ……やりやすいです。しかしツッツキの項目のように入れるだけでなく自分で変化をつけるようなレシーブをしましょう。ロングサーブは表・粒の共通の弱点ですが、このラバーだとドライブするのが一番安定すると思います。角度でロングサーブを返そうとすると微調整が難しいです。
  台上……ストップが気持ち浮きやすいので、面を立てて威力を吸収するようににして止めましょう。払いは台上では十分なスピードが出てかつ回転量が少ないので結構な得点源になります。また擦るフリックも角度で弾くフリックもしやすいので、相手の球が短く浮いたらどんどん打っていきましょう。

[おすすめな方]
  現状、表や粒を使っていて行き詰まりを感じている方におすすめです。表を使っているのであれば粒のような、粒を使っているのであれば表のようなプレーを取り入れることができ、戦術の幅が広まります。
  ただし今の使っているラバーに満足している人がこのラバーを使っても、すべてを中途半端に感じてしまい満足できないでしょう。
[まとめ]
  表・変化系表・粒の3種類の技術が使えるという文句は間違っていませんでした。新しい技術を試す度にHELLCAT特有の個性が見えて面白いラバーです。使いこなせば相手がこのラバーに“合わない”ままに勝つことができます。
  逆に、1つ1つの技術のしやすさは他の種類のラバーが勝ります。多彩な技術を使おうとすることでHELLCATを使う意味、良さというのが出てくるのではないでしょうか。

[補足]
  1.5mmを使ったけど、OXだったらもっと変化が激しいのかなあ……
  けどスポンジなしのラバーなんて使ったことないしなあ……

  HELLCATはかなり軽いんで、片面に重いラバーを貼っても十分振れると思います。また万能ラバーですが、それは表〜粒の範囲での万能なので、しっかり裏ソフトを使うことでよりHELLCATも威力を発揮します。