ボンバード極薄













投稿者:とら*
[自己紹介]
  成績。中学時、団体で3位、個人戦県大会出場ベスト64

  戦型、一応テナリー以外の戦型は練習しました。現在、前陣速攻型
[レビューする商品名]
  ボンバード 極薄
[使用環境]
  王道01  幻守「中ペン」

  F・両方ともフライアットスピン
[はじめに]
  レシーブ最強だと言われていたので気になっていたのと
  久しぶりに金星2極薄を打つ機会があったので
  比較したいなと思い試打してみました。
  金星2極薄とボンバードで悩んでる人や
  極薄をためしたい人の参考になればとおもいます。
  あくまで参考程度におねがいします。

  まず、驚いたのがスポンジの薄さです。
  ボンバードは、極薄のなかでもスポンジが薄く
  また引っ掛かりが強くおもいました。
  また感覚の違いかもしれないですが、ボンバードのほうが
  金星2よりも薄く引っかかりが強いように思いました。

  最後に両者の比較をしています。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  まず、初めに極薄と言うだけありスポンジの厚い裏や表のように食い込ませて打つとネットをまったく越えません。
  しかし、ミート系や薄く擦る系のドライブには、極薄独特のいやらしい球がありました。極薄の中でもボンバードはミート系の球がはしり、すごいナックルになり非常に相手は嫌がっていました。しかし上回転のラリーは逆に不利になります。ほかの極薄では、ラリーも強いのがありますがボンバードは球もちがあまりよくなく飛距離が出ません。しかしミートで押し込めば点数にもなります。擦るというよりは弾く感覚です。ボンバードにはこの弾くという技術が攻撃面では必要になってくると思います。下回転うちも擦って持ち上げるとゆうよりは面で持ち上げながら最後に擦るといったうち方が非常に安定しました。中ペンでも同じなのですがフォアに普通の裏をはっていてバックに極薄系をはっていると、同じ裏でも球質がすごく違うんですよね。これは相手にとってはすごくいやです。
  回転のかかったドライブ、ナックルのドライブ、プッシュこれをされると相手のブロックの面は無茶苦茶になります。これはすごく極薄が効いている証なんですよね。技量は必要ですが打てればだいぶ嫌な選手になること間違いなしです。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  まず、ツッツキからです。
  ツッツキはぶち切れです。切る感覚がある人はもちろんですが、ない方でも感覚が身につきやすいラバーだと思うのでお勧めです。
  すごく切れていて相手があわせるだけのツッツキをしていましたがそれでもネットに引っ掛けていました。それぐらい切れるんですよね。打っている私からしても驚きでした。あいてもループドライブであげるのがやっとでした。すごく攻撃的なツッツキになるので武器になります。
  そしてブロックはペチ。落ちます、当てるブロックは安定もしません
  若干押し気味でブロックすると安定すると思いました。ほどよいナックルにもなりました。カウンターで弾くもよしナックルブロックをするもよし、いろいろな技術ができ相手を翻弄することができました。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  レシーブは圧倒的な安定感でした。飛ばないのでおもいっきり切ったり弾いたりできます。安心して振れるのはおおきいですよね。
  とりあえずツッツキをしていればコート内に収まってくれます。それぐらい飛ばないんです、いい意味で。
  逆チキータ系もやりやすかったです。
  しかし、チキータなど上回転系の技術は安定感がイマイチでした。
[おすすめな方]
  レシーブが苦手な方、裏裏で変化をつけたい方、ミート系を多用する方が特におすすめです。あと感覚を身につける初心者の方にもおすすめです。
[まとめ]
  全体的にミート系とツッツキなどの下回転系、レシーブなどが
  すごく光りました。裏裏でも異質並みの変化をつけれました。
  価格も比較的安いですし気なったかたはぜひお試しください。
[補足]
  金星2との比較です。参考までにどうぞ

  回転のかけやすさ
  ボンバード<<<金星2
  回転の絶対値
  ボンバード>>>金星2
  安定感
  ボンバード<<<金星2
  ボールのいやらしさ
  ボンバード>>>金星2
  ナックルの出しやすさ
  ボンバード>>>金星2

  ざっくりと比較しましたが安定感をもとめるなら金星2
  いやらしさをもとめるならボンバードといった感じです。
  自分のプレースタイルにあわせて考えてみてください