アンチスピード



















投稿者:サーブマン
[自己紹介]
  初めての投稿となります。
  実績は県で16くらいです
  実力は大したことないので気軽に見ていただけると幸いです。
[レビューする商品名]
  アンチスピード
[使用環境]
  ラケット 和の極み煉
  フォア面 水星2ブルースポンジ
  バック面 アンチスピード1.8mm
[はじめに]
  練習量の低下に伴って両ハンドの技術の低下を感じバック面を裏(極薄)からアンチに大きく変更してからの試打であることをご了承ください。
  簡単な基礎打ちでは裏に比べてボールが落ちやすいものの裏を使っていた私からしても十分に上がります。自分がボールが落ちやすいと感じる以上に相手がボールが落ちやすいと感じるはずです。
  アンチとしてラケットを下に振る感じの打法もできますが私的には普通に前方に振る打法の方がやりやすく感じました。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブ (アンチ系のプッシュも含む)
  8.5点
  スポンジに食い込ませるような打法ならば回転がそれなりにかかります。表面を使ってミート打ちすると表に近いようなボールが出ます。そしてこのラバーの良いところはボールを入れに行くことが非常にしやすく、かつナックル性で相手からすると非常に取りづらいという事です。またドライブが出来ないと判断した時に面を開け気味にして振ると異質ラバーのプッシュになります。(これは台外でのことなのでドライブ系の中に入れさせてもらっています)ふつうならボールが遅いため、ある程度上の相手には通用しませんがテンション性能があるのでだいぶ嫌がってくれます。

  スマッシュ
  フォア側測定不能 バック側7.5点
  嫌らしいボールは出るかと思いますが、フォアでは打つ側も難しく威力も普通に裏の方があると思うのであまりオススメはしません。裏とアンチの差を最大限に生かしたい、もしくは、そうしないと勝てないレベルの上級者でない限りはあまり必要のない技術かと思います。バックハンドで振る分にはコンパクトに表のようにして打つと良いかと思います。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック(通常)9点
  実は私がこのラバーでいちばん心配していたのは普通のブロック系の技術でした。テンションがかかっているのでネットに突き刺さったり、ふかしたりしないかと予測していたからです。しかし、試打していた中でブロックがいちばんやりやすかったです笑 当てるだけでボールはナックル性でよく止まります。このただのブロックこそがもしかすると必殺になるかもしれません(^^)

  ブロック(カット性)8.5点
  まずボールの正面を捉えるか、横を捉えるかで言えば普通のドライブ以上なら横を、ほとんどかかってないナックルドライブくらいなら正面を捉えるのがオススメです。ちなみにカット性ショートで止められるドライブのMAX値が知りたくありませんか?これは練習と技術が必要ですが私の場合使って2週間ほどで大人のフルスイングをブチ切れのカット性ショートで止められることができました。(極薄ラバーで練習していたので多少感覚があったのかもしれません。ここは個人差もあるかと思います)そしてこのカット性ショートの特徴はなんといってもボールスピードが早い割りに結構切れていることです…笑
  このラバーのカット性ショートは使いこなせば試合の流れを変える武器になることは間違いないかと…

  ツッツキ9点
  このラバーのツッツキの一番の特徴はツッツキで安全にチャンスメイクができるという事です。ドライブの所で書いたように食い込ませると反転せずに引っかかり、表面で触るとある程度反転するという特徴が一番猛威を振るうのは実はこのツッツキではないかと私は思います…
  どういうことかと言いますと同じスイングスピードで食い込ませる、食い込ませないの違いでほどよい上回転、下回転を速いツッツキとして送ることができます。これが相手からしたら分かりづらくてチャンスメイクがしやすいと思います。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  レシーブ(縦回転)8点
  これは裏ラバーとしてアンチスピードを扱うことをお勧めします。これは上回転を下回転に、下回転を上回転にするほどのラバーの能力だけでの反転性能はこのラバーには無いからです。
  (横回転系)
  これにはアンチとして使って良いと思います。やはりアンチなので表面が滑ります。表面で触るようにレシーブするとコースをついた嫌らしいレシーブをすることができます。

  チキータ10点(台上技術を代表して)
  なんで?と思われる方もいるかもしれませんが、私がこのラバーを使っている中でこのラバーにしか無い特徴だと感じたのがチキータだからです。
  まずアンチなので回転の影響を受けません。これは相手の回転にほとんど影響されずにボールに触り思うようにボールを飛ばせるということになります。
  次にテンション性能が高いので食い込ませることによって威力と回転を生みます。この2つを組み合わせたのがこのラバーから繰り出されるチキータです。間違いなく自分の武器になり対戦相手の頭に残せる技術となると思います。

  その他台上技術点数のみ
  フリック8点 ストップ8点 逆チキ 7.5点
  サイドスピンツッツキ7.5点
[おすすめな方]
  バックハンドが苦手な方で粒が使えない、守備型は嫌だと感じる方は使ってみて損はないと思います。回転の影響を限りなく少なくしてくれてなおかつ自分は攻撃できるという贅沢なラバーだと感じます。また変態的なプレーをしてみたい方が使ってみても良いかと思います(^ ^)
[まとめ]
  攻撃的に使えるアンチとして新しいポジションを確立したラバーだと思います。
  攻撃を生かすためのブロック、ツッツキを練習していけば驚異的な性能を発揮すること間違いなしです。
  ぜひ試してみてください。(^^)
[補足]
  スポンジ厚を上げれば裏に、下げれば表に近くなると思います。そこらへんは自分の好みで変えていくとより自分にあったラバーになると思います。