ブルーストームZ1









投稿者:ゲンマ
[自己紹介]
  20代後半で週4回ほど練習しています。テンション、粘着、表や粒など様々使います。実力としては県大会で3回戦程度とお考え下さい。よく段持ちの選手と練習しています。
[レビューする商品名]
  ブルーストームZ1
[使用環境]
  ティモボルALCにバック面にラザンターR47を使用しています。フォア面、バック面両方で使いました。
[はじめに]
  ラザンターR47との比較を主に行っていきます。また、各社スピン系テンションとの比較も入れていきたいと思います。
  重さとしては、ラザンターの方が若干軽いように感じました。
  単純な弾みはほぼ同じです。引っ掛かりはラザンターの方がいいように感じました。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  (1)上回転に対するドライブ
   ボールをグッと持つ感覚があります。スポンジとシートが一体となって球を持つイメージです。シートの引っ掛かり自体はオメガVやファスタークG1の方があり、ボールが上に飛ぶ感覚もそちらの方がいいです。しかし、自分の感覚で打つことができ、安定感も非常に高いです。ラザンターの方がシートの引っ掛かりを感じることができます。ドライブのMAXスピードに関してはラザンターの方が速いと感じました。また、つなぎのボールの質や安定感はラザンターの方が楽に高めることができます。ブルーストームは、自在性があり、回転量やスピード、軌道に関して差を設けやすいです。
  (2)下回転に対するドライブ
   引っ掛かりが極端に良いわけではないのですが、スポンジとともにしっかり食い込ませると下回転も安心して打つことができます。しかし、薄く引っ掛けてしまうと落ちやすくなります。ここに関してはラザンターも似ているかと思います。ループドライブは打ちやすく、回転量も高いです。食い込ませて打っているので、相手はさほど回転がかかっていないと見えるようですが、実際の回転量は高いです。一発で抜くドライブに関してはラザンターの方がやりやすいです。
  (3)スマッシュなどのミート打法
   ミート系の技術に関しては、ラザンターや各社スピン系テンションに比べやりやすいです。相手の回転の影響を受けにくいのでやりやすいようです。しかし、バック系のフラット技術はラザンターの方がやりやすかったです。ブルーストームだと食い込みがよく、ボールを持ちすぎてしまうように感じました。
  (4)カウンター
   打点の速いカウンターに関してはラザンターの方がいいです。ボールが落ちなく、高速のカウンターが打てます。しかし、若干台から離れたカウンターはブルーストームの方がいいです。しっかり球を持って打ち返すことができます。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  (1)ブロック
   ブロックは非常にやりやすいです。回転の影響を受けにくいので、しっかり止めることができます。また、伸ばしたり、曲げたりというブロックもやりやすいです。ラザンターの方が速いブロック、同じテンポの安定したブロックができます。
  (2)ツッツキ
   回転量の高いツッツキを送ることは、テナジーやラクザ、ファスタークに比べるとしにくいですが、回転の影響を受けにくい利点を生かし、変化をつけること、安定したボールを送ることができます。回転量はラザンターの方がいいですね。
  (3)カット
   カットはやりやすいです。特に切った切らないの変化をつけやすいです。カットもおさまりやすく、カットマン向けのラバーかもしれません。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  (1)サーブ
   引っ掛かりの割にサーブは回転がかけやすく、回転量も豊富です。特にショートサーブの回転量が高かったです。ロングサーブに関しては、回転量や伸びはラザンターの方がいいです。サーブは他のスピン系テンションに負けないと感じました。
  (2)ストップ
   ストップも回転の影響の受けにくさでやりやすいです。ここはラザンターや他社のスピン系テンションよりもいいです。ただし、弾みがある分、しっかりと止める技術もいります。
  (3)フリックやチキータ
   フリックはやりやすいですが、スピードは若干物足りません。チキータはしっかり回転をかけて飛ばすことができます。横回転も上回転もかけやすいです。しかし、ラザンターの方が低く速いチキータをすることができます。チキータに関してはラザンターの方がいいでしょう。
  (4)流し
   ダブルスの際によく使う流しレシーブですが、ナックルや若干回転のかけた速い流しがやりやすいです。相手を詰まらせることができました。
[おすすめな方]
   速いボールで攻めていくという人よりも、中陣から攻めていくヨーロッパスタイルの人に向いていると思います。前陣でカウンターしたり、後陣からゴリゴリに攻めていく人には合わないかもしれません。ラザンターの方が戦術の幅があります。ブルーストームは粘り系の選手にいいですね。
   また、カットマンに関しても有効です。カットの変化も付けやすいですし、中陣からの攻撃もいいです。また、ミート系のやりやすいので、バランスよく戦いたいカットマンが使うのもありですね。
[まとめ]
   全体の印象として、バランスがいいということが一番です。しかし、突出した性能があるわけでもありません。一番の特徴は、自在性の高さかもしれません。特に上回転のラリーに関してはボールに変化をつけやすく、大きいラリーになると主導権を握りやすいです。
   また、このラバーの良さはコストパフォーマンスの良さです。買う場所によっては3000円台で購入ができます。寿命も長く、ラリータイプの選手にはいいですね。バック面での使用もありです。バック対バックの際には、変化をつけやすいですし、台上も安定感があります。しかし、より得点に結びつくボールを打つには、ラザンターの方がいいかもしれません。
   個人的には、回転、スピードともに若干物足りなく、ロゼナやラザンター、ファスターク等の方が、上級者向きです。同じドニックでも、ブルーファイアjpシリーズの方が強いボールを打つことができます。私はラザンターの方が好みです。