馬林エキストラオフェンシブ










投稿者:ペン粒マン
去年の途中からレビューをさせてもらってますが、今年も色々レビューしていこうと思います。

  卓球歴は6年程で戦型はペン異質反転型。
  現在は小中学生の指導を主に行ってます。
[レビューする商品名]
  馬林エキストラオフェンシブ(ヤサカ)
[使用環境]
  裏ソフト…キョウヒョウプロ3ターボオレンジ、ブライススピード、ラクザ7など

  粒高…Qing、グラスDテックス、カールP1Rなど(全てOX)
[はじめに]
  自分が高校時代に使っており現在もちょくちょく使っているのが馬林エキストラオフェンシブ(以下マリエキ)になります。
  低価格のハードウッド系ラケットとして人気で馬琳選手が現役時代に使用していたラケットになります。

  五枚合板で板厚が約6.0ミリで平均重量が85グラム前後で自分は二本所持してますが80グラム前半と重すぎないです。
  グリップは太すぎずやや細めで手の小さい自分でも握りやすいのは嬉しいポイントになります。

  ペン異質反転型としてのレビューになります。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ○基礎打ち…最近のハードウッド系と違いややハード位で弾みもそこまで強くないので(個人的にアコースティックより飛びません)コントロールしやすいと思います。

  ○ドライブ…(裏)ハードウッド系の中では軟らかく結構しなってくれるのでドライブの回転量や安定性がグッドですね。弾みは適度なので一発というより連打連打で攻めていくには良いと思います。
  (粒)弾きすぎないので非常に安定します。粒高は全てOXですが、適度に球持ちが良くやや弾くような感じがあるので威力もまずまずといった感じでしょうか。

  ○スマッシュ…(裏)ややハード位ですが、適度に弾くのでパチンと弾くのも思ってたよりはやり易いですね。弾みが強いラケットではないのでコースやしっかり身体を使って打っていきたいです。
  (粒)弾きとしなりのバランスが良いので少しドライブ気味に打ってもミートで完全に叩いても気持ち良く打てます。

  ○ショート、プッシュ…(裏)そこまでスピードは出ませんが、適度に掴んで適度に弾くのでコントロールはしやすいと思います。コースを突くのが非常にやり易いです。
  (粒)粒高基本のプッシュですが、上記の通り。安定性が非常に高いので攻撃的に弾いたり、少し横を入れて変化を付けたりしやすいです。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ○ブロック…(裏)当てるだけだと思った以上にしなる感触が強くて相手の球の影響を受けやすいかな?って印象です。飛びすぎないのでむしろラケット振って色々変化付けた方が良さそうかも。
  (粒)ハードウッド系ラケットだと板が硬いので変化は凄そうだけど、強い球を受けたとき弾みが強くてコントロール難しいかも?って思ってましたが、マリエキに関しては攻撃用ラケットの中ではしっかり止まってくれるラケットだと思います。適度な硬さとしなりでカットブロックも結構キレます。

  ○ツッツキ…球離れが早すぎる訳でも無いし、弾みすぎる訳でも無いのでコントロールしやすく切りやすいと思います。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  ○サーブ…コントロールしやすいし、回転もしっかり掛けられるのでグッドですね。ロングサーブの時はもうちょい弾きが欲しいかな。

  ○レシーブ…弾みすぎず、しなりと弾きのバランスが良くずば抜けた面はありませんがとにかく色々やり易い。

  ○台上技術…上記の通り。馬琳選手が使っていただけあって繊細な台上技術もコントロールしやすいです。
[おすすめな方]
  攻守のバランス、安定性を求める選手やペン異質型目線だとオールラウンドに色々やるタイプには非常に良いと思います。

  オールラウンド用ラケットからのレベルアップやスティガなどのハードウッド系ラケットは高過ぎる、重すぎる、硬すぎると感じる裏裏の方にも良さそうかもしれません。
[まとめ]
  馬琳選手はラケットに安定性や繊細さを求めていたようですが、使ってみれば納得のラケットだと思います。

  また、馬林シリーズはエキストラオフェンシブ以外にも7枚合板のエキストラスペシャルやインナーカーボンのソフトカーボン、カーボン、ハードカーボンと色々とあるのも嬉しいですね。