ラザンターR42jpg
















投稿者:みぃ
[自己紹介]
  バックアンチの異質攻撃型で頑張っています。
   今回は、スピン系テンションラバーの中でも安定性に優れたこちらのラバーをレビューしていきたいと思います。
[レビューする商品名]
  ラザンターR42
[使用環境]
  ラケット 和の極 蒼
  フォア面 ラザンターR42 URTRAMAX
  バック面 ディアボリック 1.6mm
[はじめに]
  ラザンターR42は、androから発売されているラザンターシリーズのひとつです。ラザンターは今まで難しいと言われてきたシートを薄くし、スポンジをできるだけ厚くするという技術を取り入れています。ちなみに、スポンジ厚のURTRAMAXというのは2.3mmです。とても厚いですね。
   また、知っている方も多いと思いますが、ラザンターにはRシリーズとVシリーズがあり、Rはスピン重視、Vがスピード重視になっています。ちなみに、このR42は、シートもスポンジも比較的柔らかく、スポンジに勝手に食い込むようになっています。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  ドライブ 9点
   ドライブは先ほど書いたように、擦ろうと思っても勝手に食い込みます。だから、ドライブにスピード・パワーがでます。また、シートで回転をかけるということをしなくてもいいので、ボールをあまりグリップしない、つまり相手の回転に鈍感です。相手の回転の影響をあまり受けないので、ツッツキ打ちなども安定します。

   スマッシュ 9点
   スマッシュも、もちろんよく食い込むのでバウンド後のボールの伸びがすごいです。スイングスピードが若干遅くても、ボールの伸びがカバーしてくれるので、初心者にもおすすめできます。
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ブロック 8点
   スポンジ厚がURTRAMAXなので、ドライブなどのときはかなり弾んでいたので心配していましたが、問題ないです。回転の鈍感力がここでも生きてきます。また、伸びるブロックもできるし、しっかり止めることも出来るので緩急があります。

   ツッツキ 7点
   少し弾んでしまうので、切れ味を求める方はスポンジ厚を下げた方がいいです。自分は切るのではなく、相手コートに送るようにツッツキをすると安定してきました。また、この送るようなツッツキは深く、相手に突き刺さるようなものなので、入れば取りにくいです。

   カット 6点
   自分の技術不足だからかもしれませんが、切ろうと思う前に勝手に食い込み、飛んでしまいます。そのため、カットはあまり切れません。一応、深いところに球はでますが、後陣でのその場しのぎ程度に使うのがいいでしょう。
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  サーブ 8点
   食い込ませるサーブはよく切れます。ただおすすめするのが、ロングサーブです。URTRAMAXはロングサーブの伸びが半端ではありません。また、とても速いです。おそらくスポンジ厚を下げれば、食い込ませるサーブの方がいいと思います。

   レシーブ 7点
   そもそも自分はバックアンチなので、このラバーでレシーブする機会があまり無いのですが(笑)、回転の鈍感力を活かせば、ブチ切れの下回転を簡単にフリックやチキータができます。ストップは弾んでしまい止まらないので、やりたい場合はスポンジ厚を下げてください。

   台上技術 5点
   何度も書きますが弾むので、台上は特にいいと思えるものはありませんでした。レシーブのところに書いてあるフリックやチキータぐらいしか台上ですることは無いと思います。
[おすすめな方]
  フォアに貼る場合は、初心者〜中級者におすすめです。しっかりスイングできる上級者にとっては、少し物足りないと感じるはずです。
   バックに貼る場合は、全ての方におすすめできます。台上などの欠点はあるものの、回転の鈍感力によって安定しますし、軽いスイングスピードでも威力あるボールが出せます。
   また、自分も当てはまるのですが、反転攻撃もするバック異質の方にもおすすめです。バックで作ったチャンスボールをミスなく打つこともできますし、反転攻撃もかなり安定します。
[まとめ]
  スポンジ厚をもっと下げれば、守備技術も安定するのかなと思うと同時に、時代がURTRAMAXになるというのもありえる話だと考えました。URTRAMAXのスポンジが作る威力は非常に強力で、今回柔らかいラバーを使ったにもかかわらず弾みすぎ!!と思ったからです。この攻撃の威力は、他のラバーには無い性能です。少し柔らかめのラバーが好きで、安定性がほしく、でも威力もほしいという欲張りな方はぜひ使ってみてください。