ディアボリック



















投稿者:ぬりかべ
der-materialspezialist社 DIABOLIC(赤・1.6mm)
 ※STIGA社オールラウンドエボリューション中国式に貼りました。裏面は太陽PROブルースポンジ(黒・極薄)です。
※このほかにも、DONIC社デフプレイクラシックセンゾー中国式(裏面は太陽PROブルースポンジ)セルベス中国式(特注 裏面はキョウヒョウPRO3ターボオレンジ)にも貼りました。

1.ざくっとレビュー
 角度調節がシビアでなく、「使いやすく」「変化が大きい」とアンチ加工粒に最も近い感覚で使える、エグいアンチラバー。

2.第一印象
重量は、パッケージ込みで79g→ラバーのみ39g→中国式ラケットに根元からから1.5cm離して貼って24g。スポンジの厚さから考えると、かなり軽いですね。
スポンジはトランスフォーマーほどスカスカには見えず、青に着色されているので「なんとなく弾みそう」に見えてしまいます。シートは恐ろしいほど摩擦力がありません。スポンジは反発力がかなり低く、威力を吸収するためのものと思われます。
なお、接着はWRMさんのおすすめの通り、接着シートを使用しました。(友人の話によれば、トランスフォーマーと同様に、スポンジが際限なく接着剤を吸収するようです)

3.攻撃技術
 プッシュ 7.5点
 スマッシュ 7.5点
 ドライブ 評価不能(カット打ちとしては8.5点)
 プッシュに関しては、トランスフォーマーよりも「板で打つ」感覚があり、安定感は高く、スピードもまずまずです。フラットに当てるとトランスフォーマーよりも回転を打ち消し、さほど弾道の変化はありません。スピードのことも含め、かなり粒高1枚に近い感覚で打てますね。ボールの横や斜め下をとらえるとシート上でボールがスリップしてかなり回転が残り、弾道が大きく変化します(どのように変化するかは、レシーブのところで詳しく説明します)。
 スマッシュに関しても、プッシュと同様に板で打つ感覚があり、弾いて打つタイプの選手にはかなり打ちやすいかと思います。シートで滑るので角度調節には慣れが必要ですが、強く弾くとどナックルになり、流し打つと回転を残して曲がったり落ちたりして、球質はかなりいやらしいですね。スピードもトランスフォーマーよりもあるように思います。
 ドライブに関しては…全くかかりません。しかし、上回転のボールを打ち返すと下回転になって飛び、腕の振りと弾道や球質が一致しないので相手はかなり戸惑います。また、下回転はそのまま反転して上回転となって飛んで行ってくれるため、カット打ちはかなり楽です。ただし、他の技術同様にラケット面をやや上向きにしておかないとボールが落ちるので注意は必要ですが。

4.守備技術
 ブロック 9.5点
 ツッツキ 評価不能(ツッツキとしては評価不能だが、得点の手段としては有効)
 ブロックに関しては、「シートで回転の影響を殺し」「スポンジでスピードを殺す」という感じで、驚くほど止まります。スピンの反転量はかなり高く、相手がネットにかけるどころか、自分の台に打ち込むことも。当てるだけのブロックではトランスフォーマーほどの反転量はありませんが(それでもかなり多めです)、ラケットを下にスイングしてシート表面でのスリップを加速させるとより多くスピンを反転させることができます。このときのスピン量は、トランスフォーマー以上かもしれません。ブロック時にボールの後ろを軽く押すと回転を打ち消すこともできるので、「切る・切らない」の回転量の差は今までに使ったラバーで一番かと思います。ラケットを横にスライドさせるとボールが横揺れしたり曲がったりし、弾道の変化もかなり大きめですね。また、相手コートでの失速が大きく、オーバーするかと思ったボールがストンと落ちてコートに入ることもしばしば。「アンチ系の粒高ってこんな感じだったなぁ」と懐かしく思いました。変化の大きなアンチラバーには角度調節が難しいものが多いのですが、このラバーはラケット角度にさほどシビアではないため、粒高に近い感覚でブロックできるように思います。
 ツッツキは…全く切れません。それどころか、下回転をツッツくと、上回転のボールになって返ります。最初のうちは相手も「下回転」と錯覚して反応してくれるので、オーバーミスを誘ったりチャンスボールを誘ったりすることができます。もちろん途中からは「上回転が返ってくる」と相手もわかるのですが、なかなかうまく対応できないようです。練習相手(社会人のペンドラ)は、「わかっているんですけど、体が勝手にツッツキと判断してしまうんですよ〜」とこぼしていました。浮いてしまえば上から叩かれてしまいますが、深く低く入ればチャンスメークには十分です。
 本職ではないのですが、カットをするとブロックほどの変化がなかったように思います。台と距離をとると相手の回転も自分の回転も減少するので、このラバーの威力は半減するのかもしれません(表や粒なら自分のスイングで回転をかけられるのでよいのですが)。

5.台上技術・サーブ・レシーブ全般
 レシーブ 9点
 台上技術 8.5点
 サーブ 評価不能
 レシーブに関しては、ボールの回転やスピードの影響が少ないので安定感がかなり高めです。トランスフォーマーと同様に相手の回転を残すため、弾道の変化もかなり大きめ。横回転系サーブを強く弾くと相手の手元で小さく鋭く曲がり、順回転を与えるようにとらえると大きく曲がり、逆回転を与えるようにとらえると大きく横揺れを起こします。相手が回転をかけてくれれば何とでも変化をつけられるのですが、問題はナックルサーブ。自分から回転をかけられないので、打点を下げて持ち上げると変化も威力もないボールになってしまいます。プッシュやフリックの威力はあるので、バウンドの頂点をとらえて高速ナックル、バウンド直後をとらえてストップ、というように打点の早さを意識して、緩急や前後の揺さぶりで相手を揺さぶる必要があるでしょう。自分は時々反転して極薄ラバーで「上書きレシーブ」を行い、回転のある展開を作り出すようにしています。
 台上技術に関しては、トランスフォーマーと同様にリフトが素晴らしいですね。プッシュで述べたように「板で打つ」感覚があるために弾いた時の球離れが早く、回転をしっかり残してくれるので変化も大きめ。フリックも面を開いて弾くように打つと、リフトのようにスピード・変化ともにあるいやらしいボールが出せます。ストップも、バウンド直後をとらえることができれば短く低くとめることができます。相手の回転を残すのでコントロールが難しい部分もありますが、相手の意表を突くボールをネット際に落とせるので、チャンスメークには最適です(練習相手は「ストップと思って踏み込んだらボールが伸びてきた」「なぜ上回転がストップされるんだ」と困惑していました)。
 サーブに関しては… _鴫鹽召里茲Δ暴个垢函表面でスリップして相手コートに届かない 板で打つ感覚はあるが、相手のボールの威力を使えないのでスピードが出ない ので、全く使えませんでした。

6.お勧め構成
 トランスフォーマーと同様に、ラバーに回転をかける能力がほとんどないので、粘着性テンションや回転系テンションと組み合わせることが前提になるかと思います。
 相手がナックルを使ってきたときにどう対処するか、ということを考えて構成を考える必要があるのですが、シェークであればフォアで回り込んでレシーブする、といった対応が可能なので、フォア面のラバー選びはさほど悩まなくていいかもしれません。ペン粒であれば、反転してレシーブがやりやすいように、粘着性の極薄ラバーと食い合わせるとよいかと思います。
 理由は後述しますが、合わせるブレードは完全な守備用ではなく、ある程度弾みのある(ALL以上)が良いように感じました。

7.どんな人にお勧めか
 粒高ユーザーがアンチラバーに移行する分には、このラバーは粒に近い角度で打てるので、「角度調節の難しさでアンチを断念した」という選手には特におすすめです。変化が大きく、安定感もあるので、レシーブやブロックを苦手とする選手が貼るのも良いでしょう。
 ペン粒・バック粒どちらの選手にも会いますが、6で述べたように相手にナックルで攻められたときのことを考えると、ペン粒が使う分には反転技術や裏面打法の使える中〜上級者により適しているように思います。

8.総合評価
 攻守ともに使いやすいので、前陣での粒orアンチユーザーであれば止め専の選手も攻守型の選手でも、まず9点以上つけて良いかと思います。
 アンチ加工の粒高にかなり近い能力(止めやすさはそれ以上かもしれません)を持っているので、かつてアンチ加工の粒を使っていた選手ならば9.5点はつけて良いのではないかと思います。

9.その他
 社会人のドライブマンに試打を手伝ってもらいましたが、ブロックの切れやレシーブの揺れに「なんですか!この奇妙なボールは!」と驚いていました。私は、特にカット性ブロックを相手が自分のコートの打ち込むのを見ると「アンチ加工の粒を使っていた時のことを思い出すなぁ」とかなり嬉しく思いました。
 その練習相手曰く「デフプレーよりも、オールラウンドエボリューションの方が失速感があり、打ちにくいです。デフプレーでも十分変化は出ますけど、オールラウンドエボリューションの方が変化もコントロールもいいから、やりにくいです」とのことでした(自分もそう感じていましたが)。詳しい理屈は分かりませんが、おそらく弾みがある分球離れが早く、シートでスリップさせやすいのではないかと思います。