アレス














投稿者:katsuo000
[自己紹介]
  卓球歴20年以上。戦型:シェイクドライブ型。
  学生時代の成績は中、高と県大会出場。
  現在メインは
  ・フォルティウスFT ver. D ストレート(ST) (Mizuno製)
  フォア(F):省チーム用キョウヒョウ(省狂)
  NEO3ブルースポンジ(省狂NEO3ブルスポ)、2.15 mm、40°、黒 (紅双喜(DHS)製)
  バック(B):テナジー05 FX、特厚、赤 (Butterfly製)
[レビューする商品名]
  アレス ブルースポンジ (SWORD製)
[使用環境]
  ・ラケット
  フォルティウスFT ver. D ST F面

  ・比較ラバー
  1) キョウヒョウNEO3(八角形DHS製)、2.2 mm、40° (以下NEO3)
  2) アポロ5 40°、黒
  3) キョウヒョウPro3ターボオレンジ(Nittaku製)、黒、特厚 (以下ターオレ)
[はじめに]
  1. 紹介
  ・WRMが2017年に強力プッシュして販売開始した強粘着ぶっ飛びラバーのアレス。SWORDは銀河と同じく中国のラバー製造メーカーで、今までにメイズプロブルースポンジ、キングプロ、省チーム用ブレイクプロ、ブレイクプロブルースポンジなどがWRMより販売されている。WRMで言うところの「粘着テンション」と言われるラバーの取り扱いが主なメーカーである。どのラバーも日本製のラバーとは一線を画していて、WRMの代表的なラインナップと言って良いと思います。昨年販売開始されたアレスは、SWORD製のラバーの中でも強力にプッシュされて販売が開始されました。ぐっちぃ氏はアレスの特徴を「強粘着で弾む」、「今までにないポジションのラバー」と評しています。

  2. まとめ
    (1) 強粘着で回転量高のサーブ、台上技術
    (2) 粘着なのに柔らかいラバーで打ちやすい
    (3) 伸びのあるドライブ
  が特徴のラバーでした。
  特に他の粘着ラバーと比較して大きな差となった部分は柔らかさです。アポロ5やターオレと比較するとかなり柔らかくて安心してスポンジに食い込ませて弾き気味にスピード系ドライブを打っても心配のない打球感でした。
[攻撃技術全般(ドライブ・スマッシュなど)]
  NEO3、アポロ5、ターオレ、アレスと、全て粘着ラバーですが、それぞれ個性がありました。その中でアレスが最もテンションらしさのあるラバーだと感じました。非常に食い込みが良く、3球目浮いたボールを食い込ませて弾きながら決めるドライブが一番打ちやすいラバーです。逆に食い込ませて弾きながら決めるドライブが難しいのがNEO3だと思います。アレスは本当によく食い込むので、テンションの打ち方でそのまま入る安心感は素晴らしいです。それでいて強粘着なので、回転量はテンションラバーと比較するとかなり高いです。4つの粘着ラバー間で比較すると確かに回転量は最も低くなりますが、4つのラバーの回転量 >> テンションラバーの回転量、であり、柔らかいテンションでの回転量と比較したら歴然とした差を持って、回転がかかりました。

  ○ドライブ
  ・回転量
  ターオレ ≧ アポロ5 > アレス > NEO3
  ・初速
  ターオレ ≧ アポロ5 ≧ アレス > NEO3
  ・二速のスピード
  アレス > アポロ5 > ターオレ > NEO3
  ・スピード
  アレス > アポロ5 > ターオレ > NEO3
  ・打ちやすさ
  アレス > ターオレ ≧ アポロ5 > NEO3
  ・ループドライブ
  ターオレ > アポロ5 > アレス > NEO3
  ・横回転系ドライブ (カーブドライブ、シュートドライブ)
  アレス ≧ アポロ5 > ターオレ > NEO3

  ○スマッシュ/角度打ち
  ・スピード
  アレス > ターオレ > NEO3 > アポロ5
  ・打ちやすさ
  アレス ≧ アポロ5 > ターオレ > NEO3
[守備技術全般(ブロック・ツッツキ・カットなど)]
  ○ブロック
  特に差が出ると感じたのはカウンタードライブの技術です。相手の強打やループドライブに対して、NEO3やアポロ5では薄く当てる必要がありますが、アレスは食い込ませることでボールをグリップするので、厚目に打球してもドライブがかかってしっかり入る安心感がありました。特にループドライブに対してはこちらからスピードドライブで打ち抜きやすかったです。

  ・打ちやすさ
  アレス > アポロ5 > ターオレ > NEO3
  ・スピード
  アレス > アポロ5 > ターオレ ≧ NEO3

  ○カウンタードライブ
  ・回転量
  ターオレ > アポロ5 > NEO3 > アレス
  ・スピード
  アレス > アポロ5 > ターオレ ≧ NEO3

  ○ツッツキ
  ・回転量
  ターオレ > アポロ5 > NEO3 > アレス
  ・浮きにくさ
  NEO3 > ターオレ > アポロ5 > アレス
[サーブ・レシーブ・台上技術]
  基本的にやりにくい技術はありませんでした。アレスは弾みのあるラバーですが、スポンジに弾力があって弾む感じなので、特殊素材をアウターに配置したラケットのようなぶっ飛び感はそこまでありませんでした。ただし、他の粘着ラバーはストップの回転量が高いので、武器にできるレベルですが、アレスはそこまでではなかったと思います。ただしテンションラバーであるテナジーやロゼナと比較したらサーブ、レーシブ、台上は安定感のあるものでした。
  ○サーブ
  ・回転量
  ターオレ > アポロ5 > アレス ≧ NEO3
  ・スピード
  アレス > アポロ5 > ターオレ > NEO3
  ・浮きにくさ
  NEO3 > ターオレ > アポロ5 >アレス

  ○レシーブ
  ・回転量
  ターオレ > アポロ5 > NEO3 >アレス
  ・スピード
  アレス > アポロ5 > ターオレ > NEO3
  ・浮きにくさ
  NEO3 > ターオレ > アポロ5 > アレス
  ・打ちやすさ
  ターオレ > アレス > アポロ5 > NEO3

  ○台上技術
  ・回転量
  Pro3ターオレ > アポロ5 > NEO3 > アレス
  ・スピード
  アレス > アポロ5 > Pro3ターオレ > NEO3
  ・浮きにくさ
  NEO3 > Pro3ターオレ > アポロ5 > アレス
  ・打ちやすさ
  NEO3 > Pro3ターオレ > アレス > アポロ5
[おすすめな方]
  テンション系ラバーから粘着ラバーへの移行を検討している方、粘着ラバーを使用していてスピード不足を感じじる方、にオススメします。あとは総重量がやや重くなりますが、レディースや小学生の選手でも使用できると思います。今回の4つのラバーの中で最も万人ウケしやすいラバーだと感じました。
  逆に硬いラバー使用者は打ちやすいもののエネルギーロスを感じるかもしれません。
[まとめ]
  (1) 強粘着で回転量高のサーブ、台上技術
  (2) 粘着なのに柔らかいラバーで打ちやすい、扱いやすい
  (3) 伸びのあるドライブ

  が特徴のラバーでした。
  扱いやすさは粘着ラバーの中でもかなり高く、一方で強粘着なので粘着の回転量は健在でした。相反する特性を一定のレベルで両立した素晴らしいラバーでした。是非手に取ってみてください。